世界災害救助隊

Top↑ End↓

創設の骨子(案)

 

 <目的>

  一国の経済力では賄えない大規模災害は、人類が共通する災害として捉え、人類の受けた災害経験を未来に生かしつつ、人類が一致団結して事に当たることを目的とする。

 

 <想定する災害>

 1)自然災害

  地震、津波、洪水、旱魃、火山爆発、地殻変動、豪雪、竜巻、熱波、寒波、

  スーパー台風(ハリケーン、サイクロンなど)、パンデミック禍など

 2)人的災害

  環境汚染、原発事故、海難事故、航空機事故、大規模火災、サイバー攻撃、

  AI暴走、戦争または武力行使による破壊、その他未知なる人工物による災禍など

 

 <世界災害救助隊本部の設置>

  日本(場所は未定)

  ・・・災害大国日本の使命として、世界に貢献する価値が大きい。

 

 <主な任務>

  ①人命並びにその他の生命の救助

  ②災害状態の停止

  ③災害原因の除去、緩和、低減

  ④災害復興までの避難施設運営に関する一切の業務

  ⑤災害後の復興支援

  ⑥災害予防支援

  ⑦その他、上記災害により発生する事由への対応

 

 <補足>

 現在、常任理事国の拒否権濫用による「国連の機能不全」が重大な問題となっており、これにより、当救助隊の設置が実現できない場合には、新たに、国連とは別の組織として創設する。

 

2022.5.7

2022.5.14

 

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.10.2

第2118

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL