スピード

Top↑ End↓

2022年3月16日

第1936回

 百年に匹敵する一年を!

 スピードで勝て

 

<朝に勝て>

 

 全国代表者会議の開催、ご苦労さまです! きょうは、ゆったりと懇談的に話を進めてまいりたい。

 戸田先生は、だれよりも、青年を大事にされた。青年と膝を交えて語りあい、質問や悩みなど、何でも聞いてくださった。そしてまた、古今の名作や万般の事象を通して、ありとあらゆる指導をしてくださった。

 青年を何としても、人生の勝利者にするのだ!

 広宣流布の大指導者にするのだ!――この戸田先生の気迫にふれ、私たち青年は立ち上がった。自分に勝ち、社会で勝ち、広宣流布にわが身を捧げて戦ったのである。

 本当に偉大な先生であられた。

 フランスの文豪ヴィクトル・ユゴー

 戸田先生がお好きな作家であった。先生は、ユゴーについて、よくこうおっしゃっていた。

 「ユゴーは、たいした文豪である。たいした実践家である。たいした革命児である。彼の生き方は、学会精神に通じるものがある」と。

 私も十代のころから愛読した作家である。

 戸田先生のもとで、ユゴーの名作『九十三年』などを読み進めた。文豪の言々句々を青春の闘争のエネルギーとしてきたのである。

 ユゴーいわく。

 「私たちはスピードの時代を生きている」

 「私たちのいる時代にあっては、一年が百年にも匹敵する仕事をする」(『言行録』稲垣直樹訳、『ヴィクトル・ユゴー文学館』9所収、潮出版社)

 スピードが大事である。ますます、そういう時代になってきた。

 私のもとにも、朝となく夜となく世界各国から連絡が入る。先ほども緊急の報告があり、協議をしていたところである。変化、変化の時代にあって、徒歩や馬車のような速度で、のんびりやっていては、まったく話にならない。

 スピードで勝て!

 一年が百年にも匹敵する仕事をなせ!

 学会は、このとおりに進んできた。

 時代を見通し、

 迅速に手を打ち、

 休みなく行動してきた。

 また、同志が苦しんでいると聞けば、

 何をさしおいても、

 飛んで駆けつけ、

 激励した。

 そして、あらゆる状況の変化に、

 電光石火のスピードで対処し、

 勝って勝って勝ち抜いてきた。

 

 だからこそ、世界中から賞讃され、期待される″平和と文化の大連帯″を築きあげることができたのである。

 どんな団体も、また企業も、繁栄しているところは、やはり、スピードが違う。時代の趨勢を的確に見極め、対応している。どこも、生き残りをかけて必死で戦っているのである。

 たとえ今は栄えていても、油断したり、傲慢になって、前進をやめてしまえば、間違いなく敗北が待っている。本当に厳しい時代である。リーダーが率先して苦労していくことだ。

 幹部が見かけだけで、要領よく振る舞うようになれば、組織はすぐに沈滞する。無責任であっては幹部失格である。

 

 人生においても、

 スピードが大切である。

 一日の勝利は、

 まず朝の出発で決まる。

 断じて「朝に勝つ」ことだ。

 すがすがしい心で、

 生き生きと仕事を開始することだ。

 ここに、連続勝利の秘訣があることを忘れてはならない。

 

 ともあれ、時代は激しく揺れ動いている。

 ゆえに、「迅速な行動」そが勝利の要諦であることを、最初に強く申し上げておきたい。

 

2005.3.25全国代表者会議

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.14

第2073

第2074

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL