日めくり

2月9日

第1578回
最後は「信心強き人」が勝つ

 

 文永12年(1275年)正月24日、日蓮大聖人は、大田乗明への御手紙にこう仰せである。
 「抑俗諦・真諦の中には勝負を以て詮と為し世間・出世とも甲乙を以て先と為すか」(御書1002ページ)
 ――そもそも俗世間においても、真実の世界である仏法においても、勝負が肝要であり、世間も出世間(仏法)も、甲乙(勝劣)を決することを最も大切なこととするか――と。
 世間においても、仏法においても、何が勝れ、何が劣るかを明らかにせねばならない。そして、正義は邪義に絶対に負けてはならない。
 一、仏法も、社会も、人生も、「勝つか負けるか」――これが根本となる
 個人も、一家も、団体も、すべて「勝負」である。戦闘である。ゆえに、大聖人は御書に教えてくださっている。「世間でも勝ちなさい。仏法でも勝ちなさい」――と。
 「勝つ」なかに「幸福」もある。「希望」もある。「広宣流布」もある。
 ゆえに、大聖人直結の誉れの同志は、絶対に負けてはならない! 断じて勝たねばならない!
 学会はこの「断じて勝つ」信心を貫いたゆえに、あらゆる障害を乗り越え、奇跡と言われる大勝利、大発展を成し遂げたのである。
仏法も社会も勝負
 一、また大聖人は、弘安3年(1280年)正月11日、南条時光にこう仰せである。
 「花は開いて果となり・月は出でて必ずみち・燈は油をさせば光を増し・草木は雨ふればさか(栄)う・人は善根をなせば必ずさかう」(同1562ページ)
 ――花は開いて、やがて実となり、月は出るごとに必ず満ち、灯は油をさせば光を増し、草木は雨が降れば繁る。(それと同じように)人は善根を積めば必ず栄える――。
 仏法は道理である。
 私どもは、法のため、人のため、広宣流布のために、日々、懸命に行学に励んでいる。
 その真心の信心が、しんしんと降り積もる雪のように、わが身の善根とならないはずがない。「信心」強き人は、最後は必ず勝つ。必ず栄えていく。三世永遠に、無量の福運に包まれ、物心ともに、幸福に満ちみちていくのが仏法である。そうなるに決まっているのが、信心なのである。
 ゆえに信心は、まじめに、地道に貫くことである。
 仏のことを「能忍」という。広布のさまざまな労苦を、あるいは無理解な周囲の声を、「能く忍び」、耐え抜き、乗り越えてこそ、永遠の勝利者となる。
 また仏の別号に「世雄」とある。民衆を救う“世の英雄”として、苦しい戦いも勇敢に戦闘し、勝つ人が仏なのである。
 反対に、要領よく立ち回るだけの人は、表面は良いように見えても、福運はつかない。善根は積めない。
 だれであろうと、どんなに高い地位にあろうと、学会を利用するだけの人間、学会員を裏切る恩知らずの人間は、善根を、すべて失ってしまう。
 「始めは事なきやうにて終にほろびざるは候はず」(同1190ページ)――始めは何もないようであって、ついには滅びないものはない――と仰せのように、最後は必ず滅びていく。

 

1993年1月の新春幹部会での池田先生のスピーチ

日めくり御書

2019年元旦

 

『信心のこころ全ければ平等大慧の智水乾く事なし』

 

(秋元御書、1072頁)

あなたに贈る日めくり

もう一度日めくり

10月21日

第1280回
真剣な一人が立てばよい


 <組織の論理だけで押し切るな!>

 

 古来、中国では、桃や李は優れた人格の象徴とされた。
 唐代の詩人・李賀の詩にも、次のような一節がある。
 立場が変わり、境遇が変化した人への励ましの言葉であった。
 「自ら是れ 桃李の樹(じゅ) 何ぞ畏(おそ)れむ 蹊(けい)を成さざるを」
 ――あなたは桃李(=桃や李)の木の如きもので花が爛漫とうるわしく咲いている、だまっていても人が寄ってきて、下には自然と小路ができるというものだ。(『李長吉歌詩集』鈴木虎雄注釈、岩波文庫)
 たとえ一本でも、美しく咲き香る木があれば、あたり一面がなごみ、華やぐ。組織も同じである。「真剣な一人」がいれば、全体が大きく変わっていく。「一人」が立てばよいのである。
 仏法の世界とは、こうした「人間性の花」を咲かせながら、あの地にも、この地にもうるわしい友情を広げていくものである。組織の論理だけで押し切っていくということがあってはならない。
 「ああ、あの人はすばらしいな」「あの心、あの生き方に感動する」――そのように人格を慕われて、おのずから広布の道ができていくのである。

 

2016年10月18日付 聖教新聞 本部幹部会で紹介されたSGI会長の指針 

今月のメッセージ

2019年2月度

真剣な祈りと

一人一人との対話は、

必ず家庭や職場や地域、

ひいては世界までも変える!


 爛漫の春、それは冬の奮闘によってもたらされる。
 雪深き北国で信頼を勝ち広げてきた農魚光部の友から、
 「冬、剪定に手間暇かけた分、いいリンゴができます。
 一番地味でも一番重要なのです」と伺ったことがある。
 広布も人生もまた、同じであるに違いない。
 わが誉れの同志は、試練の冬も、「吹雪に胸はり」と
 の学会精神を燃え上がらせてくれている。だから、強い。
 御本仏・日蓮大聖人は、その労苦を全て御照覧である。
 『いづれも・いづれも功徳に・ならざるはなし』(1098頁)
 とは、厳冬に真心の志を現した門下への仰せであった。


 ともあれ、大宇宙には、冬は必ず春とする力がある。
 妙法に生き抜く我らは、この本源の大生命力を我が身に
 満々と宿して、勝ち戦の四季を織り成していけるのだ。
 そして、寒風すさぶ現実の社会に希望の陽光を注ぎ、
 凍てついた眼前の友どちの心を春の温もりで満たしてい
 くのが、広宣流布、立正安国の対話運動に他ならない。


 挑戦挑戦の若き日、戸田大学で学んだ御聖訓がある。
 『此の妙法蓮華経を信仰し奉る一行に功徳として来ら
 ざる事なく善根として動かざる事なし』(500頁)と。
 その譬えとして、大聖人は「一つの大綱を引けば無量
 の網の目も動き、一つの角を引けば衣の全ての糸筋も手
 繰られるようなものである」と示しておられる。
 題目を唱え、現場に打って出て、地道に積み重ねゆく
 一つ一つの行動、一回一回の語らいが、どれほど広大な
 功徳を呼び集め、どれほど偉大な善根を揺り動かしてい
 くか。この闘争の中でこそ、地涌の人材は踊り出るのだ。


 六十五年前、青年部の室長に任命された私は、拡大の
 対話の先頭に立ち、入会まもない健気な同志を励ました。
 ――みんな、奥底では宇宙の大生命とつながっている。
 ゆえに、真剣な祈りと一人一人との対話は、必ず家庭や
 職場や地域、ひいては世界までも変えていけるんだ、と。
 「善根」のスクラムを楽しく広げ、世の衆望に応えゆく
 人材群を一段と輝き光らせよう!いざ、勝利の春へ!

 

 この道は
  善根つみゆく
    幸の道
   勇気の歩みで
     共に凱歌を

 

 大白蓮華2019年2月号№832巻頭言

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL


未来部用の御書


世界広布新時代

創立90周年へ

「創価勝利の年」

(2019年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2019.2.9

第1578

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL