日めくり

5月19日

第1607回
どこまでも勇猛精進の前進を!

 

創価学会の伝統精神


 ともあれ、折伏が止まれば、学会の前進はない。広宣流布は、後退してしまう。「進まざるは退転」であるからだ。
 「勇猛精進」の信心こそ、創価学会の伝統精神である。
 日寛上人は、「勇猛精進」について、「依義判文抄」の中で、釈を引いて、大要、次のように述べておられる。
 「」とは、「勇んで行動すること」。
すなわち、状況がどうであろうが、「さあ頑張ろう!」「さあ前進しよう!」と勇んで立ち向かっていくことだ。
 「」とは、「智慧の限りを尽くすこと」。
「どうすれば、あの人を納得させられるのか」「どうすれば、あの人を救っていけるのか」――そう祈りに祈り、最高の智慧を発揮していくのが 「猛」である。
 「」とは、「一点の混じり気もないこと」。
 「精米」(米から皮や胚などを取り除くこと)の「精」である。私たちの実践にあてはめれば、心に一点の曇りもなく、「よし、題目を唱えよう!」「よし、仏法対話をしよう!」と、まっすぐに幸福の大道を進んでいる姿ともいえるであろうか。
 最後に「」とは、「間断なく前進すること」。
 「たえまなく」――簡単なようで、これがいちばんむずかしい。ここに大聖人の仏法の実践がある。
 牧口先生は、ある青年に言われた。
 「勇猛精進し給え! 仏法は実行だよ。精進だよ。老齢にはなったが、私も実践しています
 どこまでも、偉大な先生であられた。強い先生であられた。
 第一にも「勇猛精進」である。
 第二にも「勇猛精進」である。
 この六月、私たちは、ともに生き生きと、若々しく、そして、はつらつと、大きく打って出てまいりたい。

 

 2002年5月31日第十七回本部幹部会、第七回常勝関西青年部総会

日めくり御書

2019年4月30日

 

『一切衆生なくば衆生無辺誓願度の願を発し難し、又悪人無くして菩薩に留難をなさずばいかでか功徳をば増長せしめ候べき』

(四恩抄、937頁)

あなたに贈る日めくり

もう一度日めくり

10月21日

第1280回
真剣な一人が立てばよい


 <組織の論理だけで押し切るな!>

 

 古来、中国では、桃や李は優れた人格の象徴とされた。
 唐代の詩人・李賀の詩にも、次のような一節がある。
 立場が変わり、境遇が変化した人への励ましの言葉であった。
 「自ら是れ 桃李の樹(じゅ) 何ぞ畏(おそ)れむ 蹊(けい)を成さざるを」
 ――あなたは桃李(=桃や李)の木の如きもので花が爛漫とうるわしく咲いている、だまっていても人が寄ってきて、下には自然と小路ができるというものだ。(『李長吉歌詩集』鈴木虎雄注釈、岩波文庫)
 たとえ一本でも、美しく咲き香る木があれば、あたり一面がなごみ、華やぐ。組織も同じである。「真剣な一人」がいれば、全体が大きく変わっていく。「一人」が立てばよいのである。
 仏法の世界とは、こうした「人間性の花」を咲かせながら、あの地にも、この地にもうるわしい友情を広げていくものである。組織の論理だけで押し切っていくということがあってはならない。
 「ああ、あの人はすばらしいな」「あの心、あの生き方に感動する」――そのように人格を慕われて、おのずから広布の道ができていくのである。

 

2016年10月18日付 聖教新聞 本部幹部会で紹介されたSGI会長の指針 

今月のメッセージ

2019年5月度

 

青春の晴れ舞台は

創価にあり

 

<衆生無辺誓願度の成就>

 

 恩師・戸田城聖先生ほど、青年を信頼し、慈しみ、薫陶してくださった指導者を、私は知らない。
 残酷な戦争に家族を奪われ、青春を蹂躙された私たちに、先生は「富士の高嶺を 知らざるか」と最高峰の生命尊厳の大哲理を示され、妙法流布という平和の大信念を「富士の如く」貫くことを教えてくださったのである。
 先生の法華経講義の感激を、私は「若干二十にして、最高に栄光ある青春の生きゆく道を知る」と記した。
 この道を同志と歩み通して七十余星霜。経済苦や病苦など、どんな宿命も皆で転換し、人間革命の劇を広げながら、幸と平和の揺るがぬ民衆の連帯を築き上げてきた。
 新時代の若人たちよ、絶対に悔いのない、この創価の青春の道に「競うて来れ速やかに」と、私は叫びたい。
 日蓮大聖人は、伊豆流罪の渦中、門下を激励された。


 『一切衆生なくば衆生無辺誓願度の願を発し難し、又悪人無くして菩薩に留難をなさずばいかでか功徳をば増長せしめ候べき』(四恩抄、937頁)

 多様な人がいるからこそ、民衆救済の誓願を果たせる。圧迫にも負けないからこそ、無量の功徳を積めるのだ。


 広布の勝ち戦のリズムに合わせ、現実社会の人間群に飛び込んで使命を果たす青春ほど、尊い晴れ舞台はない。
 忙しく労苦も多いけれども、何ものにも代え難い充実がある。誇りがある。生き甲斐がある。大歓喜がある。
 一人の若人が妙法によって蘇生する時、家庭も職場も、地域も社会も国土も、生命力を増す。この若き地涌の陣列の拡大にこそ、人類の希望があるといってよい。


 御聖訓には『物だねと申すもの一なれども植えぬれば多くとなり』(御衣並単衣御書、971頁)と仰せである。


 立正安国のため、地区で支部で、壮年・婦人の先輩方が青年と一緒に行動し、若き心の大地に励ましの種を植えることが、どれほど豊かな華と果を成就することか。
 我らの五月。伸びゆく宝の命と、今を勝ち、未来も勝ち抜く「令法久住」の大行進を、さあ威風堂々と!

 

 青春を
  思いきり舞え
   誇らかに
  嵐に揺るがぬ
    創価と共に

 

 大白蓮華2019年5月号№835巻頭言

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL


未来部用の御書


世界広布新時代

創立90周年へ

「創価勝利の年」

(2019年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2019.5.19

第1607

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL