仏法のヒューマニズム

Top↑ End↓

2022年4月29日30日

第1987回

仏法のヒューマニズムとは?

 

大宇宙それ自体が一つの生命体と見て

その調和の上に、人間の幸福を創造する

 

 さらに、もう一人の重役が伸一に聞いた。

 「さきほど、あなたは『仏法のヒューマニズムの哲理』という言い方をされましたが、ヨーロッパにもヒューマニズムの伝統があります。それと、仏法のヒューマニズムとは、どこが違うのでしょうか」

 

 伸一は答えた。

「大変に鋭い質問です。

 人間を大切にするという点では同じですが、

 仏法では、

 人間が地上の支配者であり、

 そのほかの生物や自然を、

 征服すべき対象とは考えません。

 

 大宇宙それ自体が一つの生命体であり、

 人間もそのなかで生きる一個の小宇宙ととらえます。

 そして、人間も、他の生物も、

 また、自分を取り巻くあらゆる存在が、

 互いに依存し、支え合い、

 調和することによって、

 生を維持していると考えます。

 

 事実、もし人間が、

 自らがこの世の支配者であるかのように慢心し、

 強大な科学技術の力をもって、

 すべての森林を伐採し、

 動物を絶滅させ、

 海を汚染し、

 自然を破壊していけば、

 どうなるでしょう。

 それでは、人間自身が、

 生命を維持すること自体が、

 困難になってしまう。

 

 つまり、自分と、他の人びと、

 また、周囲の動植物など、

 人間を取り巻くあらゆる環境を

 対峙的にとらえるのではなく、

 一つの連関と見て、調和の上に、

 人間の幸福を創造していくことが、

 仏法のヒューマニズムの一つの特徴といえます。

 その意味では、

 宇宙的ヒューマニズムといってもよいかもしれません」

 

 質問した重役が感嘆して言った。

 「私の知人に生態学者がおりますが、今の自然との連関という話は、最近の生態学の研究と、非常に近いものがあるようです。彼も、山本会長と同じ見解を語っていました」

 「そうですか。さらに、科学の研究が進めば、仏法の真実が証明されていくと思います。仏法と科学とは、決して相反するものではなく、むしろ、科学を人間の幸福のために、正しくリードしていくのが仏法です」

  

<新・人間革命> 第5巻 開道 19頁~21頁

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.14

第2073

第2074

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL