創立100周年

2017年3月11日


創立100周年は、
目覚めた地涌の民衆による
「立正安国」の揺るぎなき基盤の完成

 

<牧口先生の殉教は

学会の運動の永遠の原点>

 

 わが師・戸田先生は叫ばれた。
 「百年の大計、いな、何千年の平和の大計をたて、もって、日蓮大聖人の御恩に報ずるとともに、民衆万年の幸福を確立することが、創価学会である
 創価学会は1930年(昭和5年)――第一次世界大戦(1914年~1918年)と第2次世界大戦(1939年~1945年)の間に誕生した。
 当時、宗門は、大聖人が御一代をかけて戦い抜かれた「立正安国」の魂を忘れ去り、かえって国家主義に加担する体たらくであった。
 その時に、民衆の大地から、仏意仏勅の創価学会が出現したのである。
 創立の父・牧口先生は、「立正安国」の精神を体し、殉教なされた。正義の殉教は、人間として究極の道であり、学会の運動の永遠の原点となった
 創価学会は、大聖人の本義に立ち返って、妙法による人間革命を、一切の根本とした。一人また一人と、民衆自身が声をあげた。
 「人類の幸福」のため、「社会の繁栄」にため、「世界平和」のために、何ものも恐れぬ地涌の菩薩の対話を開始したのである。
 戸田先生が展望された「百年の大計」――。
 まさに創立100周年は、目覚めた地涌の民衆による「立正安国」の揺るぎなき基盤の完成の時といってもよい。
 そこから、人類の幸福境涯を築きゆく広宣流布の大河が、さらに滔々と「万年の外」「未来までも」流れ通いゆくのだ。
 ゆえに、これからの一年一年が「真剣勝負」である。その出発が明年(2011年)である。なかんずく、わが足元の地域から、信頼と友好を広げながら、「立正安国」の磐石なる土台を固めていきたい。
 大聖人は仰せである。「其の国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ、仏種は縁に従(よ)って起る是の故に一乗を説くなるべし」(御書1467頁)
 皆、大聖人から、直接、使命の国土をまかせられた、地域の幸福責任者である。楽しく賢く対話を重ね、仏縁を結びながら、わが天地に、「立正安国」の楽土を築き広げてまいりたい。

 

2010年12月23日 全国最高協議会へのメッセージ

 

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.14

第2073

第2074

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL