国家神道

2021年11月27日

第1801回

見過ごすな!

国家神道の大罪を

 

<戦前、戦中は"国家神道"こそ「政教一致」>

 

 明治憲法では、その第二十八条に「信教の自由」は規定されていたが、神社神道は国家の祭祀とすべきものであり、〝宗教に非ず〟として、国家の特別な保護下に置かれた。そして、事実上、国家宗教に仕立て上げられていったのである。

 戦前、戦中と、軍部政府は、この国家神道を精神の支柱として戦争を遂行するために、その考えにそぐわぬ宗教を、容赦なく弾圧していった。そのなかで創価教育学会への大弾圧も起こったのである。

 神札を祭らぬことなどから、「不敬罪」「治安維持法違反」に問われ、会長・牧口常三郎、理事長・戸田城聖をはじめ、学会幹部が相次ぎ投獄されていった。しかし、牧口も戸田も、「信教の自由」を守るために戦い抜いた。「屈服」は人間の「魂の死」を意味するからだ。そして、牧口は獄死したのである。

 こうした歴史を繰り返さないために、現在の憲法で定められたのが、政教分離の原則であった。

 

<新・人間革命> 第3巻 月氏 126頁~127頁

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.8

第2069

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL