地方の時代

2014年6月15日

 地方の大発展を!中央は地方の為に。

  
「私は、各地方が力をつけて、東京をリードしていく時代を、早くつくりたいんです。
 いつまでも東京という一極に集中していては、広宣流布は壁に突き当たってしまう。
 それぞれの地によって、気候風土も、文化も、産業も、社会的な慣習も、人の気質も異なります。したがって、その地域の実情に即した広宣流布の在り方を、そこにいる人たちが、真剣に考えていかなくてはならない。
 中央の幹部は、そのための応援、手助けをしていくことです。中央のための地方ではないし、地方の上に中央があるのでもない。むしろ、地方のために中央があるんです。それを、はき違えると、各方面や各県区の発展の芽を摘んでしまうことになります。
 日本の政治がそうです。地方と東京との経済格差や、地方の文化的環境整備の遅れなどは、東京中心の構造がつくられてきたからといえます。
 私は今、学会にあって、各方面が大発展していく流れをつくっているんです。また、中国方面のなかでも、鳥取や島根といった、いわゆる山陰地方の、あまり光が当たらなかった地方を強くしていきたいんです。必ず、そうしていきます」

 

小説 新・人間革命 27巻 激闘66

世界広布新時代

創立90周年へ

前進・人材の年

(2020年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2020.8.5

第1691回

  

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL