多宝

2021年12月14日

第1827回

多宝の友へ

宇宙と共に三世永遠に

 戦い抜こう!

 

 おお

 偉大なる多宝の友よ!

 広宣流布に戦い抜いた

 尊き多宝の友よ!

  

 皆さまは戦った。

 そして

 皆さまは勝った。

 真っ赤な太陽と共に

 生き抜き

 戦い抜き

 偉大にして荘厳なる

 人生を飾られた。

  

 後悔なく

 人生の前進

 また前進をし抜いて

 最高に尊貴な宝冠を

 胸に抱きながら

 悠然として

 未来を高々と見つめながら

 あなたは勝った!

 人間の英雄である。

  

 君よ

 今日も

 歓びを認める日であれ!

 そして今日も

 いかに苦しくても

 美しく朗らかに

 足跡を残しゆく日であれ!

  

 

 自身の勝利は

 人生の最終章の時に

 決定される。

 自身の幸福もまた

 その最終章で決まる。

 若くしての成功も

 若くしての幸福も

 幻である。

  

 勝ち誇った人生の

 今際の時の境涯が

 永遠の合図となる。

 「人生の勝負は

  死の数年前で決まる」とは

 著名な哲学者の言葉であった。

  

 君の一生は

 自分を感動させながら

 無数の人々まで

 感動させ抜いた。

  

 卑劣な者たちまでも

 今となっては

 あなたの強き信念を

 見上げ

 自身の中傷・批判を

 覆しながら

 最敬礼をしている姿よ。

  

 あなたは勝った!

 あなたの人生は

 生ある限り 尊き仏天が

 行く道を荘厳する。

 さらに眠る時が来ても

 無数の鳥が

 舞い出でて歌い

 君のいるところ一帯は

 あらゆる国々の名曲が

 轟き響きわたって

 聞こえる。

  

 君には

 世の果てはない。

 宇宙と共に

 三世に永遠!

 わが一族も

 これまた

 三世に永遠!

 

 おお

 生き抜こう!

 おお

 戦い抜こう!

  

 君も

 人生を躍れ!

 私も

 勝って人生を躍る。

  

 御聖訓には

 「上行菩薩の大地より

  いで給いしには

  をどりてこそ

  いで給いしか」と。

  

 優しく そして

 燃える忍耐で武装した

 壮麗なる わが友よ!

  

 無数に飛び交う

 あの白鳥を見つめながら

 堂々たる

 偉大な人生の勝利を

 金星の勝利を

 見せつけ給え!

 

2021年12月14日

〈桂冠詩人40周年 勇気の舞 凱歌の行進〉第20回

(2001年)「多宝の友に詠んだ「広宣の勝利者に贈る」

2014年3月26日

 にっこり笑って永遠に前進

 

 大聖人は、「我ら等は仏に疑いなしとをぼせば・なにのなげきか有るべき」(富木尼御前御返事、976頁)と励まされた。
 長年、信心してきたのに、なぜ自分が病気になるのか、なぜ家族の介護が必要になるのか、などと、思い嘆く必要は全くない。一切が「転重軽受」(重きを転じて軽く受く)であり、「変毒為薬」できる。
 一つ一つ力を合わせ、信心で勝ち越えていく中で、家族が共に仏になる道が深く大きく開かれるのだ。(中略)
 恩師・戸田城聖先生は、「烈風の中を、にっこり笑って、最後の日まで戦え!」と叫ばれた。
 「多宝」の賢者のわが友よ、永遠に希望に燃えて、一緒に前へ前へ、進みゆこうではないか!

 

大白蓮華No.773号2014.4月号4頁 

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.8

第2069

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL