希望

2014年1月24日

「人類の幸福」という偉大な希望に燃えて、共々に!

 

  「人生には希望がなくてはならない」――恩師・戸田城聖先生は、ある年の新春に寄せて、こう力強く訴えられました。
 さらに先生は、「人類の幸福」という偉大な希望に燃えて、いかなる苦難にも屈せず生き抜く尊さ、なかんずく御本仏・日蓮大聖人の崇高なる御生涯を拝しつつ、万感を込めて語られました。「(大聖人が)若きときの希望、若きときの夢の一つも離すことなく、生活に打ち立てられたことは、じつにすさまじい大殿堂を見るがごときものではないか」と。
 今あらためて、この恩師の言葉を思い起こすと、「大殿堂」との一言が、ひしひしと胸に迫ってきます。
 大聖人が、「不惜身命で法華弘通の大願に生き抜かれた御振る舞いをこそ、私たちの永遠の希望の手本と仰ぎ、いかなる艱難も乗り越え、日本中、世界中で、威風も堂々たる大殿堂の如く、わが人生勝利の城を築いていこうではありませんか。
 戸田先生は、この新年の言葉を、こう締めくくられています。
 「おのれも大地に足を踏みしめ、はなやかな希望に生きるとともに、世の人たちをも同じく大地に足を踏みしめさせて、人生に晴れやかな希望をもたせようではないか」
 自他共に、輝かしい「希望」と、豊穣なる「幸福」に満ちあふれた一年に!

 

大白蓮華№770号2014.1月号28頁

2013年12月31日

希望をつくるのは自分だ。


 楽観主義の人は強い。
 何が起ころうとも、いい方向へ、楽しい方向へ、前向きの方向へと受け止めていく。
 それが最極の信仰である。
 法華経薬王品には「火も焼くこと能わず、水の漂わすこと能わじ」と。苦悩の火に焼き滅ぼされることはない。不幸の荒波に押し流されることなど断じてない。これが妙法を弘める大功徳である。
 生老病死の苦しみを、常楽我浄の歓喜の人生へと転じていける。大事なのは、根本の使命を忘れないことだ。猛然と信心で立ち上がるのだ。
 私たちは御本尊を持っている。わが身が妙法の当体であり、多宝の宝塔である。ゆえに、負けることはない。恐れることはない。
 希望をつくるのは自分だ。「こうなる」「こうなってみせる」と決めることである。   

 

聖教新聞2013.12.29付今日も広布へ

2012年8月27日

希望こそ永遠の始まり

 

 すべてを失ったとしても、希望さえ残れば、そこからいっさいが再び始まる。希望はつねに出発であり、永遠の始まりである。

 目標をもつことは、希望をもつことである。目標が定まれば、一足一足の歩みにも力がこもる。

 偉大な人間だから偉大な仕事を成し遂げられるのではない。偉大な目的をめざすから、人間は偉大になれる。

 生命力とは、未来を信じる力であり、そして希望を日々新たにし続ける力の異名ともいえる。

 

 池田大作 名言100選 18,19頁

世界広布新時代

創立90周年へ

前進・人材の年

(2020年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2020.11.24

第1698回

  

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL