権力者

2018年10月23日

 第1541回
善の破壊者とは断固たる闘争を

 

権力者は民衆の力を利用しようと狙っている

 

 世界の偉人の箴言をひもときながら、少々語っておきたい。
 ドイツの文豪ゲーテは言った。″
 「私が善を実現しようとするのを妨げる者があれば、私は確固たる態度をもって対処せねばならぬ」(関泰祐訳編『真実に生きる――ゲーテの言葉2』社会思想社)
 「戦い」である。平和という最高の善を実現する広宣流布。その破壊者とは断固、戦いぬく。この「闘争精神」こそが、学会精神である。
 「世の中には敵がいっぱいに居る」。ドイツの詩人シラーはつづった。
 「どこへ行っても/善良で罪を知らぬ人間を陥入れようとて、/悪巧みが密かに網を張っている」(『メッシーナの花嫁』相良守峯訳、岩波文庫)
 悪巧みの網また網――これが、現実の世界である。ゆえに、断じて正義が勝たねばならない。団結せねばならない。
 中国・北宋時代の大政治家・王安石(おうあんせき)の墓碑には、こう刻まれているという。
 「正義があっても、戦わなければ姦邪(=よこしま)を駆逐することはできない」(丹羽隼兵『宋名臣言行録』PHP研究所)と。
 まったくそのとおりだ。
 アメリカの思想家エマーソンの指摘も鋭い。
 「正義の莫大な力は、政治において忘れられがちであります」(「逃亡奴隷法について」、『エマソン選集』4〈原島善衛訳〉所収、日本教文社)
 権力者は民衆の力を利用しようと狙っている。民衆よ、だまされるな!
民衆よ、結束して正義の力を世界に示せ――こうエマーソンは訴えたのである。


2004年7月26日 全国最高協議会①

2017年2月12日

師匠を護ることこそ、一切の根本である

 

<国家権力は学会の団結が怖いのだ>

 

 昭和32年(1957年)の「大阪事件」の際、無実の選挙違反容疑で逮捕された私が出獄した後、先生は言われた。
 「国家権力は、民衆を組織した学会の団結が怖いのだ。民衆が力を合わせれば、どんなに大きな力になるかを知っているから、学会を叩きつぶそうとしたのだ
 そうさせなかったのは、私である。
 戸田先生は、私を大事に、大事に、大事にされた。
 「大作は、本当に学会のために、俺のために、心血をそそいでくれた。わが身をなげうって戦ってくれた。弱い体だから心配だ。長く生きられないかもしれない
 そう言って、落涙されたとも、うかがった。
 私と妻が結婚するときには、私と妻の実家を、お一人で訪問され、それぞれの両親に丁寧に話をしてくださった。
 ありがたい、誠にありがたい大師匠であられた。
 広宣流布の指揮を執られる師匠を、命を捧げてお厳り申し上げることが、日蓮仏法を護ることだ。学会を護ることだ。
 これが一切の根本である。要の中の要の一点である。
 三類の強敵と戦わない。三障四魔も起こらない。そんな人間は、本当の広布の指導者ではない。
 信ずべきは、ただ一人の師匠である。

 

2007年9月28日 全国代表協議会

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.14

第2073

第2074

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL