法華経

2013年9月7日

創価の前進は全世界を救う

 

 世界には、さまざまな学問、哲学、論議があるが、人類の最大の難問である生命の本質、「幸福」の確立という根本問題には解決を与えていない。
 大聖人は次のようにも仰せである。
 『外典の外道・内典の小乗・権大乗等は、みな己心の法を片端片端説きて候なり、然りといへども法華経の如く説かず』(御書1473頁)
――仏法以外の教典、また仏法の小乗経や権大乗経等は、みな己心(わが生命)の法の片はし片はし説いている。しかし法華経のようには説いていない――。
 法華経は生命の全体観を説き、他は部分観にすぎないとの言と拝される。
 あらゆる川は海にあこがれ、滔々と流れ込む。同様に、部分観は全体観、根本的哲学を志向する。(中略)
 『衆流を大海に納むるが如きなり』(御書561頁)
 大聖人の「大海の仏法」はあらゆる優れた思想、哲学を包含している。決して排他的な、また偏狭なものではない。先駆的な各分野の学問の成果も、すべて妙法を証明していくことになるのである。

 さまざまな川も、海に入れば、一つの海の味になるように、人類の根本的幸福へと、それらは仏法の一分として使われ、生かされていく。
 さらに、妙法は「四天下を照らす」太陽であり、月である、と仰せである。
 地域や民族の違いにかかわりなく、日月は人々を照らす。「平等」である。一部の人々のみ照らす日月などない。
 国境、民族、イデオロギー、階層等の差別を超え、また時代を超えて、「全人類」(一切衆生)を救い、永遠に栄えさせていく。「全世界」(一閻浮提)のための仏法が大聖人の仏法である。
 この御金言どおり、「全人類」「全世界」に、妙法の「日月」の大光を届けたのは、わが創価学会である。この短い御文からも、私どもの前進の正しさを確信していただきたい。

 

1991.4.12海外派遣メンバー、各部代表協議会

世界広布新時代

創立90周年へ

前進・人材の年

(2020年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2020.8.5

第1691回

  

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL