破和合僧

Top↑ End↓

2022年7月11日

第2050回

破和合僧

団結を破壊する破和合僧は大罪

(5)

 

 釈尊が厳しく戒めた罪に、「両舌」がある。

 「二枚舌」のことである。

 告げ口などによって人々の間を裂き、

 離れさせ、争わせるので、「離間語りけんご」とも言う。

 ″不和を助長し、

 不和を楽しみ、

 不和を喜ぶ″卑劣な人間であり、

 ″和合の破壊者″である。

 (前掲『南伝大蔵経』42、前掲著作集16、参照)

 釈尊は、

 「愚人よ、汝らは、なぜ争いを起こすのか」

 (前掲『南伝大蔵経』2、参照)と呵責し、離間語を罰した。

 

 創価の世界は、

 仏子の集いであり、善の力の「結合」である。

 心と心を「和合させる言葉」を生み出す人々の集まりである。

 断じて、「分断」の動きに食い破られてはならない。

 

 日蓮大聖人の時代に、

 優れた弟子であったにもかかわらず、

 退転した三位房という弟子がいた。

 大聖人はその不幸な死を書き記し、

 「鏡のために申す」(御書1191㌻)

 ――後世のために言っておく、とつづられている。

 

 私たちの広布の歴史もまた、

 正義と極悪との戦いの真実を、厳格に刻みゆく。

 わが学会は、

 どこまでも真剣な祈りを根本に、

 ともに励ましあい、

 永遠の和合僧団として前進してまいりたい。

 

2005.8.4全国最高協議会(7)  

Top↑ End↓

2022年7月9日

第2048回

破和合僧

団結を破壊する破和合僧は大罪

(4)

 

 釈尊は「破和合僧」を厳しく戒めた

 仏典には、

 仏道修行者の集まりを破壊する動きへの

 戒めが説かれている。

 そのいくつかを紹介しておきたい。

 

 初期の仏教教団においても、

 教団の規模が大きくなると、

 怠惰、傲慢、嫉妬などにとらわれ、

 悪事を犯し、

 その悪事を隠す者が増えたようだ。

 ある長老は、

 そうした様子を次のように語った。

会議(sangha)に際しては、

 たとい徳がなくとも、

 巧みにいいまくる

 饒舌無学の輩が有力となるであろう

会議に際しては、

 たとい徳がそなわり、

 恥を知り、欲念のない人々が、

 道理に従って陳述しても、

 力が弱いだろう

 (『原始仏教の成立』、『中村元選集〔決定版〕』14所収、春秋社)

 また、堕落した者の特徴として、

 ″師の言葉をないがしろにする″点があげられている。

 (「たがいに相敬うことなく、あたかも荒れ馬が馭者に対するがごとく、師の言に注意することがないだろう」〈同前〉)

 

 和合僧を分裂させようとし、

 諌められたにもかかわらず、

 その企てを捨てなかった者や、

 首謀者を助けた者たちには、

 厳しい処罰が科せられた。

 

 皆の前で、

 みずから犯した罪を白状し悔い改めることを誓う。

 謹慎生活や「別住」を課される、等の罰である。

 (『平川彰著作集』11、春秋社、参照)

 

 「和合僧を破す者は一劫、地獄にて煮らる

 (『南伝大蔵経』22、大正新脩大蔵経刊行会)

 とも説かれている。

 間断なき苦しみの生命となる。

 

 反逆者の提婆達多が

 釈尊の教団を破壊しようとしたとき、

 その動きを助けた者たちは、

 「分派の加担者

 「破和合僧の随順者」等と厳しく戒められた。

 (前掲著作集14、参照)

 

 また、戒律を破った罪のある比丘(男性の出家)は、

 比丘が全員出席する集まりに参加することを禁じられた。

 出席を禁じられた者のなかには、

 「破和合僧」を犯した者も、

 「破和合僧」を企んだ者も含まれる。

 

 罪のある比丘が

 自身の罪を隠して出席した場合、

 他の比丘には、

 その比丘の出席をさえぎる権利があった。

 もし、戒を犯した者が入り込んだ場合、

 その集まりで決定されたことは無効になった。

 (同前)

(つづく)

 

Top↑ End↓

2022年7月8日

 

第2047回

破和合僧

団結を破壊する破和合僧は大罪

(3)

 

 先生は、学会に迷惑をかけた邪悪な人間について、「性根の腐った者は、どこまでいっても始末が悪い」と憤りを込めて言われた。

 極悪とは、断じて戦わねばならない。知恵を尽くして、徹底的に責めぬくことである。

 また、こうも語っておられた。

 「自分の命も大事だが、それよりも、広宣流布に戦っていく人、広宣流布の組織で戦っている人がいちばん大事なのだ

 そのとおりである。なかんずく、リーダーが同志を大切にする姿勢にいちだんと徹すれば、学会はさらに発展していく。

 戸田先生は、幹部に対しては本当に厳しかった。

 「信心の基本を忘却した幹部ほど哀れなものはない

 「見かけは有能に見えても、信心の基本を欠いたら、

  信心は即座に崩れ去る

 信心の「基本」とは、言うまでもなく「信・行・学」の実践に尽きる。

 どこまでも基本に徹して、

 皆から慕われるリーダーであっていただきたい。

 

 牧口先生の時代には、軍部政府の弾圧によって、

 ほとんどの幹部が退転していった。

 戦後、一人で学会の再建に立ち上がった戸田先生。

 その時代も、難を恐れ、臆病にも、退転していった人間がいた。

 広宣流布に進む以上、三障四魔が起こるのは当然である。

 

 恐ろしいのは、正法を知りながら裏切り、

 清らかな師弟の世界、

 異体同心の世界を壊そうとする「破和合僧」の存在である。

 

 学会員の皆さんは、人がいい。

 温かい心の持ち主が多い。

 決して、悪心を持つ輩にだまされたり、

 広布の団結を乱されてはならない。

 

 悪を滅する戦いを忘れてしまえば、善は生じない。

 これが仏法の原理である。

 学会では、

 「現実に戦っている人」を最大に讃えるのである。

(つづく)

 

Top↑ End↓

2022年7月7日

第2046回

破和合僧

団結を破壊する破和合僧は大罪

(2)

 

 釈尊の在世において、提婆達多は教団の乗っ取りと分裂を画策した。提婆達多の邪悪な本性を見破った釈尊は、厳しく言った。

 「提婆達多がなすところの事は、もはや仏法僧の事ではない。ただ提婆達多の所作なのである(「四分律」、『国訳一切経』〈大東出版社〉を参照)

 もはや提婆達多の言動は、仏法者のものではない、と言明したのである。

 提婆の人生は破綻した。頼りにしていた権力者の阿闍世王からも、見放された。その悪行も世間の知るところとなり、人々から憎まれた。最後は大地が割れ、生きながら無間地獄に真っ逆さまに堕ちていったとも、経典には記されている。

 インドのアショーカ大王が残した法勅には、″僧伽そうぎゃ(仏道修行をする人々の集団)を破壊する者は、追放されねばならない。なぜならば、私が願うのは、和合した僧伽を永続させることだからである″と刻まれている。(塚本啓梓『アショーカ王碑文』第三文明社、参照)

 このアショーカ大王の法勅については、現代インドを代表する大哲学者であるロケッシュ・チヤンドラ博士との対談でも、話題になった。博士は、現代の「和合僧」というべきSGIの人間主義運動に、大きな期待を寄せてくださっている。

 インドだけではない。今や全世界の心ある知性が、創価の和合の前進に、「共生と平和の未来」への希望を見いだしているのである。

 大聖人は仰せである。

 「悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり」(御書762㌻)

 生命の悪、生命の無明の消滅が即、功徳である。

 「悪を砕く」大闘争にこそ、その大功徳が輝く。大発展の道がある。

 邪悪な「破和合僧」の輩を断固として打ち破るたびに、学会は、いよいよ威光勢力を増していく。その闘争があったからこそ、百九十カ国・地域に広がる創価の和合の大連帯が築かれたのである。

 

2005.7.16各部合同協議会

Top↑ End↓

2022年7月6日

第2045回

破和合僧

団結を破壊する破和合僧は大罪

(1)

 

 仏法を行じ、弘めゆく人々の団結を破壊せんとする「破和合僧」の罪は、仏法上、たいへんに重いとされる。

 「破和合僧」は「五逆罪」の一つとして説かれている。(五逆罪の内容は、仏典等により諸説ある)

 

 御聖訓には仰せである。

 「大阿鼻地獄(無間地獄)の業因をいえば、五逆罪をつくる人が、この地獄に堕ちるのである。

 五逆罪とは、一に父を殺すこと、二に母を殺すこと、三に阿羅漢(小乗の悟りを得た聖者)を殺すこと、四に仏の身を傷つけて血を出させること、五に破和合僧である」(御書447㌻、通解)

 

 また、「佐渡御書」で中国の不惜身命の僧として言及されている慧遠は、『大乗義章』で論じている

 ″破和合僧は、正法に違背し、人々を悩ませ、成仏への道を閉ざしてしまう。ゆえに、五逆罪の中でもっとも罪が重い

 

 さらに、こう断じている。

 ″破和合僧は、貧嫉の心から起こる。貧りの心、名聞を求める心、嫉妬心のゆえに和合僧を破壊するのである

 

 遠くは、日蓮大聖人、日興上人の御在世においても、近くは、牧口先生、戸田先生の時代においても、破和合僧の反逆者たちの性根は皆、同じであった。その本質は、今も変わらない。

 

 「和合僧」を破壊することは、

 正しき仏法を断絶させることに通じる。

 ゆえに、破和合僧の悪人を、絶対に許してはならない。

 あいまいな態度で妥協してはならない。

 こうした人間を放置すれば、

 仏法の命脈が絶たれてしまうからだ。

 また、悪行を徹して責めぬいてこそ、

 その人を目覚めさせ、救うこともできる。

 

 「破和合僧」の輩と戦いゆく

 学会の「破邪顕正」の言論闘争は、

 仏法の法理の上から見て、

 正しい行動なのである。

(つづく)

 

 

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.14

第2073

第2074

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL