社会

2014年2月13日

社会に信念の人を

 
 戸田先生はかつて「社会に信念の人を」と題して、こう述べられました。
 ――きちんと出来あがっているように見えて、何となくもの足りない日本。何となく底が浅い日本。そのうつろさ、空虚さを、どう打ち破るか。
 原因は「人」にある。一人一人が「生き生きとして、はちきれるような生命力」に輝くことだ。「信念の人」をつくることだ。
 そのためには「正しい宗教によって生命力を強める以外にはない」――と。これが、戸田先生の教えと行動でした。
 また、このようにも、よく語られていた。
 「御本尊を信じ、人生を生き切っていけ!これが一切だ。いくら愚癡をこぼしていても、つまらぬ事でくよくよしても、どうしようもないではないか。御本尊に題目をあげて、自分の境遇で、自分の立場で生き切っていけ!」と。
 どこまでも、信心根本で生き抜く人が、勝利の人生を歩んでいけるのです。

 

大白蓮華No.771号2014.2月号41頁

世界広布新時代

創立90周年へ

前進・人材の年

(2020年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2020.8.3

第1690回

  

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL