2015.4月

この

 

<創価桜のひらけ!>

 

 毎朝毎朝、私の心に響いてくる足音がある。
 それは、日本列島のあのこの
 聖教新聞の配達の歩みえを進めてくださっている。尊き「無冠の友」である。
 その一歩一歩が、友に今日一日の前進の力を贈り、無量無辺の「心の財」を積み、広げているのだ。
 日蓮大聖人は、日女御前を励まされた。
 「大空には鳥の飛ぶ跡がある。人間には見えない。大海には魚のがある。人間には見えない」
 「同じように、あなた日女御前の御身の内には、『宝塔品』が厳然とあるのである。凡夫には見えなくとも、釈迦仏・多宝如来・全宇宙の諸仏は御覧になっている」(御書1250頁、趣意)と。
 たとえ誰が見ていなくとも、御本仏が厳然と御照覧くださっている「生命の道」なのである。
 この娑婆世界には、御書に「冥(くら)きより冥きに入る」(同560頁)と喝破されているように、悪縁に引きずられて深い闇から闇へ彷徨う不幸が、あまりに多い。
 その悪道の流転を押し止めて、生きる喜びのへ、希望の光のへ、共に進みゆく哲理が、妙法である。
 ここに、「一生成仏」を勝ち開きゆく直がある。また、「父母を扶(たす)くる」(同223頁)という真実の孝養のもある。そして万人を、これ以上ない幸福の境涯へとリードしていける「無上」があるのだ。
 現実のには、荊(いばら)も生い茂る。壁も立ちはだかる。出口の見えない、長いトンネルのようなもある。
 しかし、古代ローマの哲人セネカは、「ごつごつしたこそ、崇高の頂(いただき)に達するです」と言った。
 題目は、険難の坂も勇敢に上りゆくエンジンだ。
 知多半島の多宝の父母は、伊勢湾台風の被災にも、悪意や偏見にも、不退の心で、「我等の決めた」このを切り開いてきた。同志と共に、走り、語り、愛する郷土の三変土田のため、今も戦い続ける。
 「悪口されると、余計に『よし、勝つぞ!』と燃えました。今、すべてが仏縁と信頼のに変わりました。学会は、人を救う地涌の菩薩の団体です。友と会えば、すぐに歓喜の対話のが広がります」と。
 苦難の中を、もがき、苦しみながらも、法のため、人のため、社会のため、前へ踏み出した一足一足は、黄金の足跡となって、決して消えない。あとに続く人々に、限りない標(みちしるべ)と輝いていくのだ。
 わが師・戸田城聖先生は叫ばれた。
 「山を大きな石がふさいで前に進めない。しかし、どうしても行かなくてはいけない。どうするか、その時こそ、『勇気』を奮い起こし、『智慧』を発揮していくところに、信心の本当の深さがある」と。 
 我らは、広宣流布の正、立正安国の大を開くことを誓い願って生まれてきた。
 「新たな友よ、集い来たれ!」と声をかけながら、今日も強く朗らかに、創価桜のこのを征こう!
 
 師弟して
   誓いの
    晴ればれと
   創価桜の
    満開勝利で

 

大白蓮華No.785号2015.4月号巻頭言 

世界広布新時代

創立90周年へ

「創価勝利の年」

(2019年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2019.7.14日

第1615

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL