9月25日

2018年9月22日

第1527回

人間革命の「旭日」と光れ!

 

<自分が動いた分、広宣流布が前進>

 

 25年前、

 小説『新・人間革命』の第1章を、

 「旭日」と掲げた。

 完結を迎えた今、

 日本も世界も、

 新たな地涌の人材群が、

 まさしく「旭日」の如く輝きを放ち始めた。

 先輩方の真心の育成ありて、

 新任のリーダーも、

 いよいよ陸続と力強く誕生している。


 思えば、地域社会に根差した組織の強化を

 願われた戸田先生から任命を受け、

 私が東京・葛飾区の

 初代・総ブロック長として立ったのは、

 「原水爆禁止宣言」の直後、

 1957年の9月25日であった。


 その折、心通う下町の友と約し合ったことがある。
 ①勤行・唱題こそ幸福勝利の源泉。

  白馬が天空を駆け、

  大宇宙をも動かしゆくような

  強盛な祈りで前進を。
 ②学会は麗しい同志愛の世界。

  歓喜と功徳に満ちた、

  温かな人間の交流を。
 ③師弟共戦とは、

  わが戦野で師に応え、

  最高の歴史を創り上げること。

  自分らしく力の限り弟子の戦いを。
 ④信心とは、

  勇気の異名。

  勇気の二字で全てに勝利を。


 私自身、新天地で、

 徹底して家庭指導に回った。

 会えない友には、

 激励の手紙を書き送った。

 一人一人が宿命に打ち勝って

 「こんなに幸せだ」と言える境涯を

 開けるようにと祈り抜き、

 動き抜いたのである。


 「自分が動いた分、

  広宣流布が前進する」


 この学会精神を、

 各地のリーダーたちも

 生き生きと実践してくれている。

 新しい息吹で、

 人間革命の波動が広がっている。

 男子部大学校の誉れの1期生たちの挑戦も、

 頼もしい限りだ。

 

池田先生と共に 新時代を進む 31(抜粋) 2018年9月22日

2014年10月2日3日

 

1943年9月25日

 

今生の最後の対面の日>

   
 1943年(昭和18年)の9月25日は、

 軍部政府からの弾圧で囚われた牧口先生が、

 警視庁から巣鴨の東京拘置所に移送された日であり、

 牧口先生と戸田先生が、

 今生の最後の対面を刻まれた日である。


 「お二人が死身弘法の大精神で獄中闘争を貫かれた、

  この巣鴨、また八王子、関西、

  さらに厚田、柏崎、下田、久留米・八女など、

  ゆかりの地にも今、

  両先生を宣揚する講堂や会館、

  墓園が威風堂々と立っています」


 『此等の大菩薩末法の衆生を利益したもうこと

  猶魚の水に練れ鳥の天に自在なるが如し』

  (曾谷入道殿許御書、1033頁)


 「君たちの若き生命には、

  この地涌の菩薩の力が尽きることなく満ちている。

  今、妙法のため、同志のため、学会のため、

  自らが汗を流し、

  人知れず苦労し悩んだ分だけ、

  その力を自由自在に発揮できるようになる。

  一切が最極の青春の修行であり、

  永遠の宝の薫陶であると確信し、

  仲良く朗らかに勝利の歴史を残そう」

 

聖教新聞2014.9.26付各部代表者会議

世界広布新時代

創立100周年へ

青年・飛躍の年

(2022年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2022.8.14

第2073

第2074

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL