一剣

このページだけが、サイト・マスタ自身のフリーな空間です。

◆11月23日
〇『父母の家を出て出家の身となるは必ず父母を・すくはんがためなり、二乗は自身は解脱と・をもえども利他の行かけぬ設い分分の利他ありといえども父母等を永不成仏の道に入るれば・かへりて不知恩の者となる』 (開目抄上192頁)


 超高齢化社会。

 父母を大切にしよう。特に、お母さんは!
 本当に、親を大切にすれば、
 すべての人が幸福になることでしょう。
 これ程、簡単な方程式はございません。

 

 「親をも愛せぬものが誰を愛せましょうか」
 とは、戸田先生。

 

 でき得る限りのことをして上げていただきたい。
 自分が赤子の時にされたように・・・!
 今、あなたが恩返しをする時です。


 大事なのは、側に居てあげることです。
 已む無く施設にお願いすることになっても、
 毎日通ってあげてください。
 どれ程、安心されることか!
 どれ程、喜ばれることか!
 どれ程、感謝されることか!

 そして
 あなた自身が悔いの残らないように!

 

 「信心即生活」に断じて勝利してください!

 

 徹すれば、「一切衆生が父母」に思えてきます。
 本当に全ての人を大事にする一念に変わってきます。
 一事が万事とはこのことでしょうか!

 

 和楽の親子に、永遠に幸あれ! 永遠に勝利あれ!
 
〇最近、日韓・韓日が過去の事で揉めています。
 「大悪起これば大善来る!」
 本当の意味で、

 日韓・韓日が同じ心になるチャンスが来たのではないでしょうか?
 その故のざわめきでしょうか?


 どこにでも「一部の不遜な者」はいるものです。
 それがあたかも全体かのように、

 早合点はしないようにお願いしたい。
 煽る者どもは、いつもほんの一部の「分断の悪」の輩にすぎません。
 未来志向の交流をどんどん進めていきましょう!
 まずは、
 東アジア共同体の設立向けて!

 前進・前進・前進!

 

〇残念なり!

 某自動車会社トップの信じられない行状に「唖然」。

 結局、企業戦士は何を信じて生きていくのか?

 哀れ、正直社員の面々たちよ・・・。

 自浄力ありやなしや!

 

 「魚は頭から腐る」

 

 幹部の顔見て信心するな!

 会員の為、庶民の為にせよ!

 本末転倒の輩多し!

 

 他人を騙せても、

 自分は騙せない!

 仏法には嘘つけない!

 御本尊には嘘つけない!

 臨終の際に醜態見せるな!

 

〇今日は我が友の三回忌。

 大いにお題目を上げます。

 大丈夫!

 生前の君がどうであろうが、

 「即身成仏」間違いなし!

 私があなたを救って見せます。

 

 
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆11月18日

2019年度の活動が発表される。

 「題目ほど易しいものはない、題目ほど難しいものはない。」

 とは、先生のご実感。

 私も、「最高の勤行、最高の題目」を目指して、

 「自己との闘争」の毎日です。

 題目が上がらないときは、本当に情けない自分を感じます。

 最高の題目を上げた時は、最高の気分の自分がいます。

 

 その意味で、

 我らの日々の原点である「勤行・唱題」を最高のものへと、

 挑戦する戦いを、今再びクローズアップして欲しいのです。

 その上での、全ての活動となります。

 明年は「熱原の法難」(1279年)から740年の節目の年です。

 その意味でも、

 皆が今まで以上に「題目を上げ切った」年にしたいものです。

 

 最高の勤行・唱題で、大勝利の「創価勝利の年」に!!!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆10月15日
〇現在、最も重要な改革の一つに、
 「ブロックの自立」があります。
 全ての運営をブロックが主体となって行うのです。
 全員がブロックの一兵卒となって戦うのです。
 地区・支部・本部・区(圏)などの実態のない組織は意味がないのです。
 そして、まずは、
 「良き隣人」として各人が地域の皆さま方に信頼されることです。
 その上で、

 現状に即した戦いを御仏智を頂戴しながら進めていくことです。
 自分の地域の広布は自分の責任で行うことです。

 「幸福責任者」としての「任」を全うすることです。


 その地域に住んでもいない人が、どうして貢献できましょうか?
 具体的にどうすればよいのか、後日述べます・・・。
 (あまりにも刺激的なので・・・。)
 これをすれば広布は飛躍的に進むはずです。
 やっていないだけです。
 あまりにもお粗末な現実です。


〇「少子高齢化」と「その地域の学会の衰退」とを混同しないことです。
 全く異なります。
 衰退しているにも関わらず、
 「少子高齢化」だからと決めつけて、
 事の重大さに気づいていない方々がいらっしゃるようです。
 もう一度申し上げます。
 「少子高齢化」と「その地域の学会の衰退」とを混同してはなりません。


〇「少子高齢化」社会は、「絶対平和」が前提です。
 私たちは、そういうインフラを作ってしまったのです。
 先手必勝だろうが、専守防衛だろうが、
 「交戦」すること自体が、ナンセンスなのです。
 ましてや、「核の傘」など保持する意味も全くないのです。
 「電気」や「コンピュータ」のネットワークが破壊されれば、
 「生活」が一切止まってしまい、
 遅かれ早かれ、全てが「終末」を迎えてしまうのです。
 故に、自衛隊云々を論じる前に、
 「絶対平和の確立」に全力で取り組むべきなのです。
 人類が生存する「選択」は「絶対平和」しか残されていないのです。
 それに、もう気が付くべきです!!!

 

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆9月17日
〇「人間革命」こそ一切の暗雲を払う戦いです。
 「自分の妙法」を信じることこそ一番の近道です。
 故に、
 朝は「題目」で始まり、
 晩も「題目」で始まる。
 常に、本因妙です。


 焦らず、つくろわず、ありのままの自分が大事です。
 嘘もなければ、見栄もない。
 妬みもなければ、嫉妬もない・・・。
 そういう自分を「自体顕照」してこそ、
 一切の勝利があります。


 さあ、「肚を決めて」
 不惜身命で、
 本日より、前進しましょう!
 先生・奥様と共に!!!

 

〇テレビはやめました。

 晩酌もやめました。

 スマホは元々やっていません。


 自分の挑戦すべき「課題」に集中できるようになりました。


 「変毒為薬」の証明です。
 「煩悩即菩提」の証明です。
 即とは「南無妙法蓮華経」です。
 題目は凄いんです!!!
 さあ、目下の課題に邁進です!
 日めくりも前進します!

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆7月8日
〇一番頑張っている「あなた」・・・!
 本当に心より労って差し上げたい。


 いつも元気で生命力旺盛だからこそ、
 誰からの励ましもない「あなた」・・・!


 私はそういう「あなた」を大いに励ましたい。


 「あなた」こそ、縁の下の力持ちです。
 陰に徹する人です。


 ご褒美はいつも最後の「あなた」・・・!
 否、ご褒美など貰ったことのない「あなた」・・・!


 「あなた」が居るからこそ、
 今日が無事で済んだのです。
 今日が価値ある日となったのです。


 そんな「あなた」に最敬礼です。

 

 私もそうありたいと思います。

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆6月26日
〇人間革命、光あれ!

 ――真心の祈りに包まれて、小説『新・人間革命』第30巻(上巻)を上梓することができた。出版・書店などの関係者の方々にも、心からの感謝を捧げたい。
 小説『人間革命』『新・人間革命』の主題は、「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」である。
 立ちはだかる苦難は、全て自らを人間革命させてくれる試練だ。一つ一つ勇敢に勝ち越えていく中で、家族・地域・社会の宿命転換も成し遂げていけるのだ
 そして、その勇気の舞が、未来の友の希望となる。人間革命の限りなき大道を、いざや前進、恐れなく!〈池田先生と共に 新時代を進む〉30   2018年6月25日 ――

 

 人間革命の無限の前進で、何も怖いものはありません!
 さあ、今日も一歩前進です!

 人間革命こそ、最高の歓喜の中の大歓喜です!!!

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆6月24日
〇「複眼的視野」で真実を見誤らないように!
 一対一の対話もなしに、その人の事をあたかも知ったように語る「エセ幹部」がいます。
 残念ながら、最近、そういう幹部が多い。
 厳重に注意してください。

 信用してはいけません。利用されるだけです。
 「対話」という一番大切なことを怠ったら仏法ではありません。
 それは、もう「外道」であり、「邪教」です。
 断じて、そういう「魔」には騙されないようにしたいものです。


 ここで、「名字の言」を掲載させて頂きます。

 以下、本文
 アルピニストの野口健さんは、富士山やエベレストの清掃など、登山を通じた社会貢献に精力的に取り組んでいる▼子どもの頃、外交官の父は、野口さんをよく旅に連れていった。行き先は、ベルリンの壁崩壊前の東西ドイツや、イスラエルとシリアの国境地域など。時にはスラム街に同行させたこともあった▼イエメンの救急病院を訪れた時のこと。廊下には大けがを負い、瀕死の状態の人があふれていた。怖がる野口さんが“こんなところに子どもを連れてくるなんて、おかしい”と訴えると、父は厳として言った。「これが現実だ。世の中には(レコードのように)A面とB面がある。華やかな観光地がA面だとしたら、そばにあるスラム街はB面だ。B面は自分から行かないと見えてこない」「世界中のB面を見ていきなさい」と(「パンプキン」6月号)。この言葉と体験が、現在の活動の原点になっているという▼人も、社会も、一面から見て決め付けては、その実像はつかめないだろう。じっくりと腰を据え、さまざまな視点から迫ることで、真実が浮かび上がり、正しい認識を持つこともできる▼知恵は現場にあり。自ら足を運び、人に会う。自分の目で見て、肌で感じ、心を働かせる――変革を起こす鍵は、そこにある。(朋)
(名字の言   2018年6月24日)
 

〇NHKからやっと連絡がきました。2週間経ちました。
 結局、彼らのマニュアル通りの返答で終始しました。
 こちらの意見も一切入れません。
 ご自分が、そういう仕事をしていて自己矛盾に陥らないように願うばかりです。
 私は、テレビをやめようかと、思案中です。
 無くなってのリスクはあるのか?
 ラジオで済むか?
 耳の遠くなった母は大丈夫か?
 ひとまず、試しに3か月はやってみようかなと・・・。


 最近はいろいろと学ぶことが増えてきましたので、

 時間を創る意味でも、丁度、いいタイミングなのかもしれません。
 御本尊の計らいか・・・。
 今日、明日には結論を出すつもりです。


〇W杯熱戦中!
 にわか評論家の多いこと・・・。
 他人をいちいち評価しなさんな!
 試合を見ただけで、
 その人の真実がわかるわけないでしょう。
 本当に、この国民は人をもてあそぶのがお好きのようだ。
 自分のことはさて置いて・・・。
 大事なのは「感動」したかどうかでしょう!


 人が寄り合えば、すぐに他者の悪口を言う。
 自分のことを語りなさいよ!
 人間革命の為に!


〇学生部結成記念おめでとうございます。
 先生のご期待は如何ばかりか・・・。
 さあ、共に「広布に走ろう」ではありませんか!


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆6月17日

〇嬉しいお話を頂戴しましたので、掲載させてい頂きます。

 以下、メッセージ

 「 おととし入会させていただきました。家族は反対ですので、新聞は取れませんでした。入会前にこちらにお邪魔し毎日のように読ませていただいて、理解を深めることができました。入会できたのもこちらのサイトのおかげと思っております。今は新聞を取れるようになり、こちらのサイトにお世話になることがなくなっていました。任用試験に向けて未入会の妹と教学を学んでおり、用語の検索をしたところ、久しぶりにこちらのサイトにお邪魔することになり懐かしさと感謝の気持ちがあふれてきましたので、メッセージを書かせていただきました。これからも私のような者のために、頑張ってください!」

 

 私こそ有難うございます。

 少しでも広布のお役に立てればこんな光栄なことはありません。

 更に、精進して参ります。

 ご連絡、誠に有難うございました。

 感謝・感謝・感謝。

 


〇通夜のような通夜でした。(悲)

 この金曜日に同志の友人葬がありました。
 支部婦人部長、副本部長を歴任された方でした。
 「生も歓喜。死も歓喜。」

 その筈が、
 何故、こういう通夜になるのか?
 列の先頭に座っている面々が小さな声で、遠慮がちに・・・、
 「本因妙」を全く理解していないのか・・・。

 お題目の凄さを知らないのか・・・。

 

 でしたら、前に座らないことです!

 後ろのすべてが合わせてしまいます。

 「前に座る資格なし!」です。


 故に、精霊に対して、結果として、
 邪宗の如き通夜を行っているのです。
 恐ろしいことです。

 残念です。


 翌日の告別式は家族だけとのことでした・・・。(慚)
 これでは、今後、学会員は
 告別式には呼ばれなくなるかもしれません。


 されど、

 この暗雲をすべて吹き払って参ります。

 「南無妙法蓮華経」はこんなものではないんです!

 本当に可哀想なことです。

 

〇先日のNHK受信料の件ですが、
 連絡がまだ来ません。
 土日のいずれかに連絡を待っていると約束しましたが。


〇任用試験大変ご苦労様でした。
 受験者も担当者も
 大いに前進です。

 

 お題目の素晴らしさを実感して欲しいです。


〇今日は父の日。
 先生より
 「妻にも、子供にも、
 幸福と安穏を贈り、
 人生の深き道を教えていくのが
 偉大な父としての使命」と。

 

 さあ、新しい一週間の始まりです。

 今週からは夏まつりの準備が始まります。

 更なる「人間革命」で、
 一歩前進の一週間にして参ります。

 

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆6月9日

〇NHK受信料のやり方に物申す!

 うちは10数年前からケーブルTVに加入しています。
 毎月4000円超の料金を支払っています。
 加入した理由は、BS、CS等が視聴できるからです。
 以前なら、専用アンテナとかそれなりの設備が必要でしたが、
 ケーブルTVは一切のそれが要りません。
 その後、地上波もデジタル化され、
 益々、ケーブルTVの効用が高まりました。

 にも拘らず、NHKが受信料を払えと言ってきました。
 私は、「ケーブルTVを視聴しているから関係ないでしょう」と申しましたが、
 取り合って貰えません。
 その後、今年になって2度、受信料徴収の業者が来ました。
 が、あいにく、母の食事の支度などで、「今、手が離せない」と言って断りましたが、
 すぐに帰らず、何度もドアフォンを鳴らす始末です。
 いい加減にしろと、言いたい気持ちでしたが、しばらくして業者は帰っていきました。
 それから、二週間してまた同じようなことがありました。
 そして、6月7日に書面で、振込用紙付きで、4万円を超える金額を請求して来ました。
 書いてある文面は、払わなったら、裁判云々とありました。

 受け取った私は、憤懣やるかた無しです。
 そもそも、有料でケーブルTVに加入するということは、全て込みと考えるのが普通でしょう。
 それが、NHK受信料が契約時にわかっていれば、果たして加入したでしょうか?
 普段はTVなどほとんど見ないところに、
 月6000円も払うつもりはありません。
 緊急の時の為に、TVを置いてあるようなものです。

 という顛末で、現在、戦闘中です!!
 力のない一般視聴者に対して、裁判云々とは、本当に腹立たしい限りです。
 どこまでいけるかわかりませんが、応分の戦いを致します。

 かつて、ケーブルTVの方がヒアリングに来たことがあります。
 「NHK受信料を支払うことになったらどうしますか?」と。
 私は即答しました。「ケーブルTVを止めるでしょう」と。
 更に、「そうならば支払うのはケーブルTV側でしょう」とも。
 その話が、その後どうなったかは何の話も来ていませんが・・・。

 ともあれ、納得できれば、支払うつもりですが…。
 納得させて頂きたいものです。
 何事も「納得」できなければ引き下がれません!

 後日談をお待ちあれ。

〇世の中、「未必の故意」の契約が多くなっています。
 簡単に言えば、知らない「善意」の者が、結果として損をしてしまうという現実です。
 業者は、それを見越したビジネスモデルを開発するのです。
 あたかも、利用者には得するようなサービスをうたい文句に・・・。
 これについては、別途機会を設けてお話しします。
 ともあれ、本当に油断のならない時代になってきました。
 「人間不信」の極みのような様相です。
 仏界を否定するような、濁悪の世相です。
 特に、学会員は騙されやすいかもしれません。
 常に、善だからです。
 しっかり、祈って、金銭関係は慎重にも慎重になってください。

〇「世界市民の連帯」
 それを先生は青年の私たちに期待されています。
 (私も青年です。心はまだまだ若いのです。)
 具体的に何をなすべきか、思案中です。
 是非、何とかしたい!そうしなくてはならない!

〇母が婦人部総会に参加する。
 本人から、行くから連れて行ってと。
 早速、差し入れと共に、取れ出させて頂きました。
 有難いことです。感謝・感謝・感謝。
 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆6月7日
〇6月6日は牧口先生ご生誕147周年。
 1944年11月18日の獄死の事実は私を熱い思いにします。
 不思議なる先生の御一生に報恩感謝申し上げます。
 弥々、更なる人間革命で、目下の課題を成就して参ります。


〇朝顔の季節が来ました。
 今年も我が家の朝顔が元気です。
 5月28日に最初の一輪が咲き始め、
 今日は8つの顔がお目覚めです。
 雨に弱い花を葉がしっかり傘となって守る姿は、
 絶妙の夫婦のコンビネーションを想像させます。
 さあ、今年も近所の楽しみが出来ました。
 朝顔に感謝申し上げます。


 
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆5月28日
〇『一人の人間における偉大なる人間革命はやがて一国の宿命転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。』
 御存知、我らの永遠の向上のテーマです。

 自分が人間革命することほど
 楽しいことはありません。
 嬉しいことはありません。
 昨日できなかったことが
 今日で来た喜びは如何ばかりか・・・。
 健康にしろ、仕事にしろ、学会活動にしろ、
 人間革命の歓喜があってこと、
 全てが充実してきます。
 
 しっかり題目を上げて、
 人間革命すればいいんです。
 これ程、自受法楽なことはありません。
 他人様がどうだこうだと言って暇があったら、自分が人間革命した方がどれだけ価値的なことか。
 今週も、大いに人間革命致します。
 師を求めて!!!

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 


◆5月24日
〇残念でなりません。今回の大学アメフト事件。
 記者会見で、監督とコーチが、
 平然と語るその保身の「こころ」に大いに憤りを感じます。

 大学が単なる金儲けの「企業」と化し、
 授業料を払っている学生を、全く守ろうとしない。
 学生を食い物にした「破廉恥」な所業です。

 極悪程、自分の手を汚さない。
 服従の「部下」にその責めまで擦り付ける。
 極悪の常套手段。

 学会組織も護らねばならない。

 この問題は、大変な社会問題に発展し、
 当の大学とその系列校に多大なる結果もたらし兼ねないと思います。
 何故なら、眠っていた「社会の良心」を目覚めさせる程の事件だからです。

 しかしながら、「潰せ」の言葉をあたかも常識かのように、
 平然と語るその麻痺した「残忍さ」に、「教育」の危うさを感じます。
 断じて許してはなりません。

 「教育に正義ありやなしや!」を問う!

 牧口先生が聞かれたら、そのお嘆きは如何ばかりか!


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 


◆5月1日
 今日はメーデー。
 お陰様で、仕事は休みです。
 この時間を頂戴し、日めくりに只今集中。

〇私は上から指示されて動くのが大嫌いである。
 特に、信仰にあっては尚更である。

 民衆が権力に対して、無力に・諦めに・追従になった結果の
 悲惨な歴史を知るからである。

 更に言えば、
 わが五体が権力を許さないのである。
 幼き頃より、今は亡き「父」という権力と戦ったからか・・・。

 故に、権力に頼ることも、おもねることも、
 権力を利用することも、一切無縁なのである。

 然るに、権力に頼る者の甚だしきこと、如何せん!

〇ある区のことだが、
 ブロック座談会の日程を
 その区の幹部が決めているとのこと。
 各ブロックは決められたその日しか座談会を持てないという…。
 信じられないことである。
 この実態をどう思いますか?

 更に、自分の地区座の日に仕事が遅番となり、
 どうしても都合が取れないので、
 他の地区の座談会に出たところ、
 「何であなたがここにいるの?」と、
 支部婦人部長にたしなめられたと…。
 これはどういうことでしょうか?

 更に更に言えば、
 「あなたは一番下(副B長)の役職でしょ!」とも
 言われたとか・・・。

 これらの現実が至る所で起こっているとしたら、
 今、学会を騒がせている「元職員」「元坊主」どころの話ではなくなります。

 学会幹部は、「先生の名代」であり、
 会員の方々への激励を「先生」に代わって行う重要な責務を担った人の筈なのです。

 更に、願いを込めて申し上げれば、
 「師の心を心とする」全員が「山本伸一」のはずなのです。

 もう一度原点に戻らないと、
 大変なことになること必定です。
 権力志向の幹部とは断じて戦わねばならないのです。
 このことは決して他山の石にしてはなりません。

 『いうならば三障四魔必ず競い起こるべしと・しりぬ、
  二辺の中にはいうべし』(開目抄、200頁)

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

 

 
 


◆4月28日
〇立宗宣言765周年。
 『いうならば三障四魔必ず競い起こるべしと・しりぬ、
  二辺の中にはいうべし』
 (開目抄、200頁)
 感謝・感謝・感謝
 決意新たにする。


〇南北会談始まる。
 まずは第一歩。
 おめでとうございます。
 私も猛然と祈っております。


〇先日、無冠の友が聖教紙上に。
 代配の私も載せて頂いた。
 先生に感謝!
 ともあれ、週1回日曜朝の代配では、
 一軒一軒、題目をあげながら、お配りしている。
 一家和楽と健康長寿そして本物の登場を祈りつつ!


〇母が前進している。
 ・ご飯がうまく炊けた。
  ご飯の米と水の分量を間違いなく。
 ・台所の洗い物も、汚れが付いていない。
 ・出勤時には必ず玄関まで見送ってくれるように。
 ・風呂も自分で。後は垢だらけだが…(笑)
 ・鍋を焦がさない。大丈夫。
 ・一緒に勤行、唱題する。
 ・家の小さな花木の土いじり。
 ・毎日ビールで乾杯!
   今日も無事・元気で!
 等々。

 気掛りは、
 ①絶対、病院に行かない。
  よって、一切、薬の御厄介になっていない。
  →その分、栄養等には気を遣う。
 ②風呂に入る回数が少ない。
  よって、着替えが滞る。
  →洗濯の時に、着替えを促す。
 ③外に出ない。
  ベランダに立って周辺を見ているのが日課。
 ④ケータイに出ない。
  というか、最近は私からかけたことがない。
 ⑤震災など緊急時
  私が不在の時・・・・・。困った。
 故に、真剣に祈る!

 

 いよいよ大事な大事な5・3を迎える。
 今年ほど大事な年はない。

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌


 
 


◆9月4日
○9月3日正午0時半。
 北緯41・3、東経129・1度 深さ0キロ
 マグニチュード5.7(推定)の人工地震。
 北朝鮮6回目核実験実施。
 前回の10倍の規模。
 推定出力70キロトン。
 広島原爆(15キロトン)の約4倍強。


○あなたが日本国総理大臣ならどうするか?
 今こそ、金正恩北朝鮮労働党委員長と
 一対一の対話に臨むべきではないか!?
 私なら、そうする。
 北朝鮮の行く末とその民衆を思えば、
 今が最高のタイミングではないか!?
 今こそ最大のチャンスではないか?!
 制裁で孤立させるのではなく、
 対話で友情を結ぶべきではなないか?!


 あなたならどうする?!


○日本国総理大臣は東アジアの幸福と安定の為に
 今こそその命を使う時ではないか?!
 安部総理にその度量ありやなしやを問う!!!


 

◆6月9日
〇NHK受信料の諸々のやり方に物申す!

 

 うちは10数年前からケーブルTVに加入しています。
 毎月4000円超の料金を支払っています。
 加入した理由は、BS、CS等が視聴できるからです。
 以前なら、専用アンテナとかそれなりの設備が必要でしたが、
 ケーブルTVは一切それが要りません。
 その後、地上波もデジタル化され、
 益々、ケーブルTVの効用が高まりました。

 

 にも拘らず、NHKが受信料を払えと言ってきました。
 私は、「ケーブルTVを視聴しているから関係ないでしょう」と申しましたが、取り合って貰えません。
 その後、今年になって2度、受信料徴収の業者が来ました。
 が、あいにく、母の食事の支度などで、「今、手が離せない」と言って断りましたが、すぐに帰らず、何度もドアフォンを鳴らす始末です。
 いい加減にしろと、言いたい気持ちでしたが、しばらくして業者は帰っていきました。
 それから、二週間してまた同じようなことがありました。
 そして、6月7日に突然、振込用紙付きの書面で、4万円を超える金額を請求して来ました。
 書いてある文面は、払わなかったら、裁判云々とありました。

 

 受け取った私は、憤懣やるかた無しです。
 そもそも、有料でケーブルTVに加入するということは、全て込みと考えるのが普通でしょう。
 それが、NHK受信料が契約時にわかっていれば、果たして加入したでしょうか?
 普段はTVなどほとんど見ないところに、
 月6000円も払うつもりはありません。

 年間で7万2000円ですよ。

 緊急の時の為に、TVを置いてあるようなものです。

 という顛末で、現在、戦闘中です!!


 力のない一般視聴者に対して、裁判云々とは、本当に腹立たしい限りです。
 どこまでいけるかわかりませんが、応分の戦いを致します。

 

 かつて、ケーブルTVの方がヒアリングに来たことがあります。
 「NHK受信料を支払うことになったらどうしますか?」と。
 私は即答しました。「ケーブルTVを止めるでしょう」と。
 更に、「そうならば支払うのはケーブルTV側でしょう」とも。
 その話が、その後どうなったかは何の話も来ていませんが・・・。

 

 ともあれ、納得できれば、支払うつもりですが…。
 納得させて頂きたいものです。
 何事も「納得」できなければ引き下がれません!

 

 後日談をお待ちあれ。

 

〇世の中、「未必の故意」の契約が多くなっています。
 簡単に言えば、知らない「善意」の者が、結果として損をしてしまうという現実です。
 業者は、それを見越したビジネスモデルを開発するのです。
 あたかも、利用者には得するようなサービスをうたい文句に・・・。
 これについては、別途機会を設けてお話しします。


 ともあれ、本当に油断のならない時代になってきました。
 「人間不信」の極みのような様相です。
 仏界を否定するような、濁悪の世相です。
 特に、学会員は騙されやすいかもしれません。
 常に、善だからです。
 しっかり、祈って、金銭関係は慎重にも慎重になってください。

 

〇「世界市民の連帯」
 それを先生は青年の私たちに期待されています。
 (私も青年です。心はまだまだ若いのです。)
 具体的に何をなすべきか、思案中です。
 是非、何とかしたい!そうしなくてはならない!

 

〇母が婦人部総会に参加する。
 本人から、行くから連れて行ってと。
 早速、差し入れと共に、連れ出させて頂きました。
 有難いことです。感謝・感謝・感謝。

 これも、以前共に戦った元婦人部長の計らいです。

 本当に有難いものです。

 

 今までが何だったのか・・・(悲)
 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆6月7日
〇昨日6日は牧口先生ご生誕147周年。
 1944年11月18日の獄死の事実は私を熱い思いにします。
 不思議なる先生の御一生に報恩感謝申し上げます。
 弥々、更なる人間革命で、目下の課題を成就して参ります。


〇朝顔の季節が来ました。
 今年も我が家の朝顔が元気です。
 5月28日に最初の一輪が咲き始め、
 今日は8つの顔がお目覚めです。
 雨に弱い花を葉がしっかり傘となって守る姿は、
 絶妙の夫婦のコンビネーションを思わせます。
 さあ、今年も近所の楽しみが出来ました。
 朝顔に感謝・感謝・感謝


 
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆5月28日
〇『一人の人間における偉大なる人間革命は やがて一国の宿命転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。』


 御存知、我らの永遠のテーマです。

 

 自分が人間革命すること程
 楽しいことはありません。
 嬉しいことはありません。


 昨日できなかったことが
 今日できた喜びは如何ばかりか・・・。


 健康にしろ、仕事にしろ、地域貢献や学会活動にしろ、
 人間革命の歓喜があってこと、
 全てが充実してきます。
 
 しっかり題目を上げて、
 人間革命すればいいんです。
 これ程、自受法楽なことはありません。


 他人様がどうだこうだと言っている暇があったら、自分が人間革命した方がどれだけ価値的なことか。

 

 人間革命の歓喜こそ、広宣流布の原動力です。

 誰かに言われてやるものではありません。

 また、誰かに強いることでもありません。


 さあ、今週も、大いに人間革命致します。
 師を求めて!!!

 『1500の体現通して!!!

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆5月24日
〇残念でなりません。今回の大学アメフト事件。
 記者会見で、監督とコーチが平然と語る
 その保身の「醜いこころ」に大いに憤りを感じます。

 

 大学が単なる金儲けの「企業」と化し、
 授業料を払っている学生を、全く守ろうとしない。
 学生を食い物にした「破廉恥」な所業です。

 

 極悪程、自分の手を汚さない。
 服従の「部下」にその責めまで擦り付ける。
 極悪の常套手段。

 

 学会を護らねばならない。断じて!

 

 この問題は、大変な社会問題に発展し、
 当の大学とその系列校に多大なる結果をもたらしかねないと思います。
 何故なら、

 眠っていた「社会の良心」を目覚めさせる程の事件だからです。

 

 しかしながら、「潰せ」の言葉をあたかも常識かのように、
 平然と語るその麻痺した「残忍さ」に、「教育」の危うさを感じます。
 断じて許してはなりません。

 

 「教育に正義ありやなしや!」を問う!

 牧口先生が聞かれたら、そのお嘆きは如何ばかりか!


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆5月19日

〇私は決して恩知らずにはなりません。

 ましてや、先生の大恩は決して忘れません。

 その為にも、

 1500を越す、日めくりの一つ一つを我が身に体現して参ります。

 

 私が証明して見せます。

 如何に振る舞えば、

 世界平和も、一切衆生の幸福も、広宣流布も可能になるのか!

 必ず証明して見せます。

 

 仏法の根本は「人の振る舞い」にあります。

 一切がここに帰着します。

 正か邪かは、その「振る舞い」を見れば、一目瞭然!!!

 

〇煩悩こそ、人間革命のチャンスです。

 四苦八苦こそ、一生成仏への薪です。

 

 何でもござれ!

 勝って見せます!

 題目こそが、大生命力の源泉です。

 六根清浄の根源です。

 題目を上げれば、生命が綺麗にならなわけがありません。

 名聞名利に振り回される筈がありません。

 八風に侵されるわけがありません。

 納得の題目をあげてこそ!!!

 

 『難即安楽』

 『難即悟達』

 『難即人間革命』

 『難即仏法証明』

 

〇「眼前の一人の成仏」即「万人成仏」です。

 真ん前のその人を救ってこそ、

 一切衆生の幸福です。世界平和です。

 これこそ広宣流布です。

 学会活動はその為にするんです。

 「選択」と「集中」です。

 的外れな会合、無価値な活動を捨て去り、

 眼前の一人の為に、戦って参ります。

 他に何がありましょうか!!!

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

◆5月1日
 今日はメーデー。
 お陰様で、仕事は休みです。
 この時間を頂戴し、日めくりに只今集中。

 

〇私は上から指示されて動くのが大嫌いである。
 特に、信仰にあっては尚更である。

 民衆が、

 権力に対して、無力に・諦めに・追従した結果の
 悲惨な歴史を知るからである。

 

 更に言えば、
 わが五体が権力を許さないのである。
 幼き頃より、今は亡き「父」という権力と戦ったからか・・・。

 「母」に暴力する「父」への「子」のささやかな応戦でした。

 

 故に、権力に頼ることも、おもねることも、
 権力を利用することも、

 一切私には無縁なのです。

 

 然るに、権力に頼る者の甚だしきこと、如何せん!

 

〇ある区のことだが、
 ブロック座談会の日程を
 その区の幹部が決めているとのこと。
 各ブロックは決められたその日しか座談会を持てないという…。
 信じられないことである。

 更に、自分の地区座の日に仕事が遅番となり、
 どうしても都合が取れないので、
 他の地区の座談会に出たところ、
 「何であなたがここにいるの?」と、
 支部婦人部長にたしなめられたと…。

 更に更に言えば、
 「あなたは一番下(副B長)の役職でしょ!」とも
 言われたとか・・・。

 役職を差別の道具にしているとは・・・。

 

 これらの現実が至る所で起こっているとしたら、
 今、学会を騒がせている「元職員」「元坊主」どころの話ではなくなります。

 

 学会幹部は、「先生の名代」であり、
 会員の方々への激励を「先生」に代わって行う重要な責務を担った人、

 ひいては地域の幸福責任者なのです。

 

 更に、願いを込めて申し上げれば、
 「師の心を心とする」全員が「山本伸一」のはずなのです。

 

 もう一度、師弟という原点に戻らないと、
 大変なことになる。

 

 『いうならば三障四魔必ず競い起こるべしと・しりぬ、二辺の中にはいうべし』(開目抄、200頁)

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆4月28日
〇立宗宣言765周年。
 『いうならば三障四魔必ず競い起こるべしと・しりぬ、二辺の中にはいうべし』
 (開目抄、200頁)
 感謝・感謝・感謝
 決意新たにする。


〇南北会談始まる。
 まずは第一歩。
 おめでとうございます。
 私も猛然と祈っております。


〇先日、無冠の友が聖教紙上に。
 代配の私も載せて頂いた。
 先生に感謝!
 ともあれ、週1回日曜朝の代配では、
 一軒一軒、題目をあげながら、お配りしている。
 一家和楽と健康長寿そして本物の登場を祈りつつ!


〇母が前進している。
 ・ご飯がうまく炊けた。
  ご飯の米と水の分量を間違いなく。
 ・台所の洗い物も、汚れが付いていない。
 ・出勤時には必ず玄関まで見送ってくれるように。
 ・風呂も自分で。後は垢だらけだが…(笑)
 ・鍋を焦がさない。大丈夫。
 ・一緒に勤行、唱題する。
 ・家の小さな花木の土いじり。
 ・毎日ビールで乾杯!
   今日も無事・元気で!
 等々。

 気掛りは、
 ①絶対、病院に行かない。
  よって、一切、薬の御厄介になっていない。
  →その分、栄養等には気を遣う。
 ②風呂に入る回数が少ない。
  よって、着替えが滞る。
  →洗濯の時に、着替えを促す。
 ③外に出ない。
  ベランダに立って周辺を見ているのが日課。
 ④ケータイに出ない。
  というか、最近は私からかけたことがない。
 ⑤震災など緊急時
  私が不在の時・・・・・。困った。
 故に、真剣に祈る!

 

 いよいよ大事な大事な5・3を迎える。
 今年ほど大事な年はない。

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆4月15日

 昨日はとても嬉しいことがあった。

 

 男子部の部長時代に、

 共に戦った支部婦人部長が来訪された。

 今回からわがブロックに担当で入るとのこと。

 

 今日は、母のために、ミニ座を開催をすると。

 急遽、白ゆり長と4人で座談会となる。

 最高の座談会であった。

 高齢化が進み、家から出なくなる方が増えている。

 その意味では、ミニ座は有難いことです。

 座談会も、新たな段階に入ったようだ。

 

 どちらにしても、

 少人数の方が自由で、

 忌憚のない、

 琴線に触れる座談になるようだ。

 

 集めることより、出かけて行って、

 ありのままの語らいができれば、

 どれほど価値的なことであろうか!

 感謝、感謝、感謝。

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆4月14日

 最近、目的と手段が逆転しているようだ。

 

 同志の幸福も、

 友の無事も祈りはしない輩が、

 折伏だ、仏法対話だといい。

 聖教新聞もロクに読まずに、

 聖教啓蒙だという。

 

 すべてが薄っぺらな形式の戦いとなっている。

 

 先生は、

 「聖教新聞の使命とは

  民衆を賢明にし、

  民衆を強くし、

  民衆を団結させること」

 と。

 

 であるならば、

 聖教新聞を携えて、同志の激励に、

 聖教新聞を通して、友との対話に、

 走りに走ればいいではないか!

 それが「真実」を語ることなのだ!

 それに徹していけば、

 自ずと聖教ファンは必ず増える!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆3月25日

〇文京の青年部に、池田先生が語ったのは、
 「私と口をきいたこともないし、会ったこともない。そういう人の中に、本当に学会を守って、頑張ってくれている人がいるんだ。そういう人の信心が、私は本物だと思っている」と。

 (2018年3月22日聖教新聞3面 文京支部長代理)

 本物の信心に、不思議な師弟の関係性あり。

 

 多くの無名の同志が「勇気」を持ったことでしょう。

 これこそ「地涌の菩薩」であり、

 「一人立つ」勇者です。

 

 「題目」という最高の武器を磨きに磨き、

 眼前の友を励まして行こうではありませんか!

 

〇人間を分断する「魔」の働きが非常に強い!

 特に、スマホとトランプ氏。

 スマホはボディブローのように「心」にダメージを与え・・・。

 トランプ氏はその存在そのものが人類最大のリスクとなる・・・。

 さあ、祈ろうではありませんか!

 戦おうではありませんか!

 題目の利剣で!

 世界の平和と人類の幸福を!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆3月16日

〇3・16を厳粛に迎える。

 感無量。

 

 

〇情報洪水に溺れてませんか。

 スマホを見て、何かをやったと勘違してませんか。

 何かを得たと、思ってはいませんか。

 先生の指導に触れて、それだけで満足していませんか。

 

 「実践無きところに歓喜なし!」です。

 

 ひとつを知ったら、

 そのひとつを実践してみましょう。

 即、アクションを起こしましょう。

 

 人生の評論家では、幸福にはなれません。

 人生の醍醐味は味わえません。

 今のその場で、

 行動を起こしましょう。

 

 眼前の「一人」に精一杯接していきましょう。

 ここにしか、幸福はありません。

 ここにしか、人間革命はありません。

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

◆3月7日

 勝ち鬨 七十四

 先生のご心情が、我が胸中に突き刺さって来ます。

 師匠に反逆する心とは、本当に恐ろしい心である。

 自分を根本とする輩の本質なのであろうか!

 

 先生は何度も騙された・・・・・と。

 『難信難解』とは、このことか?

 同じ題目を唱えているようで、

 真逆の題目をあげていたとは・・・。

 

 彼らは決して

 「題目の素晴らしさ」を語ることはないであろう。

 本当に可哀想な面々である。

 

 思わず出てしまう、

 「本当に題目はいい!」

 「本当に題目は凄い!」と。

 

 この一点です。

 一人でも多くの人を導きたいものです!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

◆3月6日
〇騙されてはならない!
 『一時期は華々しく活躍していても、退転して、学会に反旗を翻す人もいました。そうした人をつぶさにみていくと、決まって、わがままであり、名聞名利、独善、虚栄心が強いなどの共通項があります。
 結局は、自分自身が根本であり、信心も、組織も、すべて自分のために利用してきたにすぎない。いかに上手に立ち回っていても、やがては、その本性が暴かれてしまうのが、妙法の厳しさであり、信心の世界です』
 [新・人間革命 勝ち鬨 七十三(抜粋)]

 

 以前にも、一剣に載せましたが、
 このような輩が、現在の学会に蔓延っている。
 そういう輩は、必ず役職の上へ上へと上がりたくなる。

 またそういう輩同士で役職の上下関係を構成する。


 悪いことに、見かけ上は退転もせず、
 未だに自分の罪に気付かずに居る。

 

 しかしながら、彼らを見抜くのは簡単です。
 「題目がおかしい」のです。
 そのリズムや五字七字の明瞭さにおいて、
 決して、模範とは言えない、音声なのです。

 あの大慈大悲の祈りには、到底ならないのです。

 

 「題目」ほど
 簡単なようで、難しいものはない。
 「題目」ほど
 難しいようで、易しいものはない。

 『心こそ大切なり』です。

 

 また、御本尊に縁すると全てが表面に出てくる。

 隠すことはできないのです。

 嘘はつけないのです。

 

 人を利用することしか知らない者には決して成仏はない!

 その罪は深くて重い!

 一日も早く誤りに気が付くことを願うものです。
 『懺悔滅罪』あるのみです。

 気付かずに、臨終を迎えた場合は、

 本当に厳しい結末となる!

 


 さあ、我らは「無疑曰信」で、

 「世界平和」のため、

 「万人成仏」のために、

 最高の祈りと励ましで、
 3・16を荘厳してまいりましょう!

 

 先生に御安心して頂くために!!!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆2月28日

 超多忙が続き、なかなか日めくりが更新できません。

 誠に申し訳ございません。

 

 今日は仕事が早めに終わり、

 信濃平和で70分程唱題してまいりました。

 闘う同志で満員御礼の盛況です。

 お一人お一人が大勝利されることを祈ってやみません。

 

 広宣流布といっても、

 「世界の平和一切衆生の幸福」が目的です。

 これこそが我らの「何のため」です!

 広宣流布のための、広宣流布ではありません。

 「万人成仏」です。

 

 「万人成仏」を根幹に置き、

 日々の振る舞いに徹することの難しさよ!

 「題目」こそが、それを現実にしてくれます。

 凄いものです。

 

 宇宙から我が身に至るまで、

 すべてが不思議です。

 不思議の中の不思議。

 これを「生命」というのでしょうか。

 

 果たして、

 「生命」は何故あるのでしょうか?

 この疑問に答えられる方はいるでしょうか?

 

 無価値な疑問なので、ここでやめておきます。

 

 さあ、春三月もいよいよです。

 題目・題目・題目で、大生命力を以て、

 3・16を大勝利しましょう!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆2月2日

 ついにパソコンを購入する。

 Wi-Hiの契約と込みで・・・。

 何としてもこの選択が

 「挑戦」の栄光に浴して貰いたいものです。

 

 これで日めくりも進むことでしょう。

 

 しかしながら、

 時間が取れないのは今も変わらずで、

 「時」を大事にしながら、

 今再びの挑戦の開始です!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆1月21日

 「お題目をあげんるんだよ!」

 ・・・これで済まさないでください!

 

 一緒にお題目をあげてください。

 ここに大きな意味があります。

 ここに大きな違いがあります。

 

 「一緒にする

 これがあまりにも無さ過ぎるのです。

 

 一緒に朝食をとる。

 一緒に勤行する。

 一緒に会合にいく。

 一緒に先生の指導を読む。

 一緒に悩む。

 一緒に住む。

 一緒に生活する・・・。

 

 老いた父・母と一緒に居てあげてください!

 この時しか、親孝行はできませんよ。

 放ったらかしにしないでください。

 

 今いる、その人と「一緒に」・・・が大事です。

 あなたの激励する人は目の前に居るんです。

 

 「便利禍」に騙されないことです。

 「スマホ禍」に乗せられないことです。

 

 どうか「一緒に」を大事にしてください。

 ネットではできません。

 肌と肌が触れ合ってこそ・・・です。

 

 そして、「一緒に」お題目をあげてください!

 自行化他の題目は、「一緒に」することが最大の効果があります。

 

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

 

◆1月14日
 『悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり』

 (御義口伝下762頁)
 『一度妙法蓮華経と唱うれば一切の仏・一切の法・一切の菩薩・一切の声聞・一切の梵王・帝釈・閻魔・法王・日月・衆星・天神・地神・乃至地獄・餓鬼・畜生・修羅・人天・一切衆生の心中の仏性を唯一音に喚び顕し奉る功徳・無量無辺なり』
 (法華初心成仏抄、556頁)


 この二つの御書を開く度に確信することは、
 自他共に仏界を開くことこそ、
 これこそが「功徳」である・・・と。

 
 喧嘩や諍いは無用です。
 『忍辱の鎧』をきて、
 誠実に、真剣に、諦めることなく、
 その人に接していくことです。


 身近な家族や友人・同志にも、
 全てに言えることです。


 どうか、互いの仏界を出す戦いをしましょう!
 喜ばしてあげましょう!
 ここ一点です!
 褒めてあげましょう!
 讃えてあげましょう!

 認めてあげましょう!


 「ここに人間革命あり!広宣流布あり!」です。


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2018年元旦

 題目を上げられないこと程、苦しいことはない。

 反対に、

 題目を思う存分上げられること程、幸せなことはない。

 何があろうが、何が来ようが!

 何も怖くはない!

 必ず乗り越えて行けます!

 

 最高の功徳は、題目を上げられることです。

 

 題目を上げられない人は

 自分の信心の何かがおかしいと気付くべきです。

 手遅れにならないうち・・・!

 

 峻厳です!

 厳しいです!

 健気な仏子をいじめた輩の末路は厳しいです。

 厳然と現証が出ています。

 

 

 さあ!

 先生と共に勇猛精進して参りましょう!

 本年の11・18目指して!

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆9月4日
○9月3日正午0時半。
 北緯41・3、東経129・1度 深さ0キロ
 マグニチュード5.7(推定)の人工地震。
 北朝鮮6回目核実験実施。
 前回の10倍の規模。
 推定出力160キロトン。
 広島原爆(15キロトン)の約10倍強。


○あなたが日本国総理大臣ならどうするか?

 今こそ、金正恩北朝鮮労働党委員長と
 一対一の対話に臨むべきではないか!?
 私なら、そうする。
 北朝鮮の行く末とその民衆を思えば、
 今が最高のタイミングではないか!?
 今こそ最大のチャンスではないか?!
 制裁で孤立させるのではなく、
 対話で友情を結ぶべきではないか?!


 あなたならどうする?!


○日本国総理大臣は東アジアの安定と幸福の為に
 今こそ、その「命」を使う時ではないか?!
 今の総理にその度量ありやなしやを問う!

 

○もうすぐ9月8日、原水爆禁止宣言60周年。

 戸田先生との誓いを果たさんとされる先生の思いが、

 ヒシヒシと伝わって来ます。

 我もそれに続かん!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆8月28日

○YAMANE様ご指摘ありがとうございました。

 早速、訂正して置きました。

 今後とも宜しくお願い致します。

 (メールを差し上げましたが、デリバリーエラーの為、ここでご挨拶に代えさせて戴きました)


○朝顔の二つの簾(すだれ)が完成。
 今日は70輪(左39輪、右31輪)の花が咲いた。

 前者は7月初旬に種を蒔きやっと咲いてきた、

 後者は5月の連休に種を蒔いたもの。
 今年最高の数である。
 ご近所の方々が楽しみにされているようで、
 こちらも手入れには熱が入る。
 先日は、散歩中の方から声をかけられたので、
 思わず恐縮してしまった。
 前日の夕方に蕾の準備が完了し、
 夜明け前に咲き始める。
 他に、
 松葉ボタンとオシロイバナとサルビアが咲く。
 奥行き20cm程の狭い旧側溝が、
 我が家の小さな庭園である。
 近所の方が○○庭園と呼んでくれている。
 今年はまだまだ楽しめそうである。

 

 これでまた、

 「万人平等の挨拶」の輪が広がる。

 どんな出会いがあるか楽しみである。

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆8月24日
○先生の入信70周年を心よりお祝い申し上げます。
 また、報恩感謝の戦いを深く深く決意致します。
 今日の日差しの強さは、
 我らが決意の深さを表しているようです。


○「挨拶」が大切である。

 今特に大切である。
 人と人との心の交流は「挨拶」から始まる。
 「挨拶」が自分の信心のバロメーターであり、
 「生命状態」のバロメーターでもある。


 新たな朝を迎えた爽やかさで、
 万人平等に「挨拶」ができるだろうか?
 何かのわだかまりを抱いたり、
 意味のない先入観などで、
 さわやかな「挨拶」ができないことはないだろうか?


 今日より「挨拶」の戦いを開始しようではありませんか!
 今日より「万人平等の挨拶」をしようではありませんか!
 ここに大きな大きな意味があります。
 どうか挑戦して見て下さい!
 「万人平等の挨拶」を!


 
 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆8月20日
○「縁」が大事である。
 日々どういう「縁」に巡り合うのか、
 善縁なのか、悪縁なのか・・・。
 善知識なのか、悪知識なのか・・・。
 悪縁は生命力を奪い、不幸の色に染めていく。
 知らず知らずのうちに染まってしまう悪縁には要注意だ。
 油断してはならない。

 

 私なりに実感するものとして、
 特に生命力を奪うものは、
 ①テレビ等の映像機器
 ②IT機器(パソコン、スマホ、ファミコン・・・)
 ③アルコール(酒類)
 ④薬物
 ⑤悪知識(悪友、邪教、悪書、三流雑誌・新聞・・・) 

 ⑥通勤ラッシュ(混雑)

 

 では、生命力が満々となるものは
 ①御本尊と題目と御書
 ②師匠の指導・激励
 ③善知識(善友、善同志、良書・・・)
 ④よき人間関係
 ⑤守るべき家族

 

 果たしてあなたは?
 どうか満々たる生命力の毎日であらんことを祈ります。
 そうでない方は、
 「南無妙法蓮華経」と題目を唱えることです。
 不思議なる力が横溢して来ます。
 あなたの内から湧いてきます。
 これに尽きます。

 どうか題目を上げてください!

 

 
 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆8月15日
○奇しくも今日は、大聖人の母君、妙蓮750遠忌である。
 文永四年(1267年)8月15日がその日である。
 終戦の日と同じことに、時の不思議さを感じます。


○「婦人部に与う」は最重要の指導である。
 何度も繰り返し、生命に染めていただきたい。
 日々弛まぬ実践をお願いしたい。
 それこそ「親」から「娘」に伝え残すべき最重要の指導です。

 
○朝鮮半島問題に世界は注目している。
 その中で日韓が未来志向の賢明な「同志」関係になって欲しい。
 東アジアを牽引する「同志」です。
 過去の呪縛を乗り越えて
 未来への希望の道を切り開く「同志」です。
 日韓は「世界平和への大使命」に目覚めるべきです。
 その時が「今」です。
 対話の大波を日韓で起こしていただきたい。
 所詮、武力では何ら解決にはならないのだから・・・。

 

 共に、「平和への大転換」を祈って参ろうではありませんか!

 「世界平和は東アジアから」を合言葉に!!!

 そして「世界連邦」へと昇華して参ろうではありませんか!

 

 我らは評論家ではない!

 「行者」です。

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆8月13日
○大聖人は、熱原法難の渦中、
 熱原の勇者に
 『ただ一えんにおもい切れ・
  よからん は不思議
  わるからんは一定とをもへ』
 (聖人御難事1190頁)
 とご指南された。
 非常に厳しいご指導である。
 現実に直面したら、我らは大丈夫か?


 しかし、冷静に考えて見ると、
 どうしようもないところが
 我らの本地なのではないだろうか。
 極楽には我らは必要ないのである。
 穢土こそ、
 我らの活躍の場なのである。
 そう確信すると、
 嘆きなど発することもない。
 否、喜び勇んで、常寂光土に変えていくことである。
 今いるところを大切に、
 今いる人を大切に、
 全てを味方にしていく戦いなのである。


 現実に当てはめれば、
 今の仕事こそ、
 今いる会社こそ、
 今いる地域こそ、
 今いる組織こそ、
 今ある人間関係こそ、
 全て、味方(寂光土)にしていくことが
 我らの使命なのである。


 本日、つくづくそう確信致しました。


 故に、嘆くのではなく、
 喜び勇んでいきたいものです。
 そうであるが故に、
 諸天善神も大いに動いてくれるのです。


 共々に、
 題目を唱えながら、
 『悪を滅するを功と云い
  善を生ずるを徳と云うなり』
 (御義口伝下762頁) と。
 大功徳を浴びるほど
 頂戴しようではありませんか!!!

 

 これで我が広宣流布は決まりです。

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆8月7日

 休憩は終わりです。

 さあ!戦うぞー!

 

 毎朝、3.0km前後の「速歩」&「走り」。

 体重64kgに減量する。

 63kgになると、眼の辺りに窪みができるので、

 63kg~64kgが最適な体重なのか・・・。

 血圧も正常。

 水分も多めに意識して摂る。

 よって快便となる。

 

 さあ、心も体も人間革命だ!

 宿命を使命に大転換です!

 さあ、出発!

 

 

 共々に

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆7月31日
○お久しぶりです。
 私は元気です。
 ご心配をお掛けしました。
 私の時間が足りないのが主な原因です。


 その上、パソコン環境が悪いのか、
 編集に時間がかかって仕方ありません。


 また、先生への求道心が落ちているのか、
 今、再びの立ち上がらんとして、
 まずは、「唱題から」を今一度、
 真剣に上げるようにしました。

 知らず知らずに、生命力が落ちていたのでしょうか?


 その上、パソコンのメモリ不足、disk容量不足で、
 それをだましだまし使っていましたが、
 ココに来て、限界が見えて来て、
 正直、パソコンうんざりの気持ちです。
 使っているサービスやソフトのupdateがかかる度に、
 パソコン資源(disk、メモリ)を食い物にしています。
 困ったものです。

 

 日めくりをさせない為に、三障四魔でしょうか!

 負けられません!断じて・・・!
 

○21世紀病
 ①ネット中毒・スマホ中毒
   →心の退化
 ②超高層オフィスビルやマンションの集中による

  「駅の超混雑の常態化」
   →無計画な超高層の乱立で、生活空間が危機的状態。
 ③気候変動による災害過多の常態化
   →抜本的な災害対策が急務。都市計画も含めて・・・!
 ④私(庶民)の金欠病
   →m(_ _)m・・・宿命転換あるのみ!

 

 

 本当になんとかしないと「まずい」のです!
 手遅れにならないうちに・・・!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆7月10日
○座談会で始まり、座談会で終わる。
 座談会が一番大事です。
 座談会をないがしろにしてはならない!
 選挙屋ではないのだよ!
 我々は・・・!!!


 我が友が相談してきました。
 7月は座談会をやらないで、
 支部幹で終わらせるようです。
 納得できないと・・・。
 歓喜の座談会がなければ
 何の集団なのか???
 まるで選挙が全てのようだと・・・。


○もうひとつの相談は、
 ご主人が奥さん(幹部)に不満を持っているようです。
 支援の戦いを優先するあまり、家事に手抜きがあったらしい・・・。
 そんな話を受けて、
 ご主人にも何か役職を就けたらどうか・・・と言う話が出たそうな。
 ナンセンスな話をしている。
 信心とは到底言い難い・・・。
 働く者であれば、支援の為に、仕事を休んでしまうようなものだ。
 これでは、達成感も、勝利感も、歓喜も出ないでしょう!
 全ての生活闘争をやり切ってこそ、大歓喜があるのだ!
 それを役職に就けて解決しようとしている・・・???
 大いに的外れな悪知恵である。
 心配である。
 こういうことがまかり通っている現実に・・・。


○今夏は
 わが家は、プチトマトときゅうりに挑戦です。
 そして、朝顔のすだれ作りにも挑戦です。
 ともかくも、朝晩の水遣りが大事のようです。
 トマトは美味しく頂戴してます。
 きゅうりは2本のみで、その後は低迷か・・・。
 朝顔は葉が萎びてしまうものと、元気なものとに分かれました。
 ともあれ、昨日、最初の一輪が咲きました。
 これからが楽しみです。
 因みに、ご近所ではプチトマトときゅうりが流行ってるようです。
 皆さん、育てるのが上手です。
 私も頑張ります。

 

○最近、嫌らしいメールが増えました。
 日めくりの妨害らしきものでしょうか・・・!
 慎重にメールを確認する毎日です。
 いつか、こういう輩に逆襲したいものです。

 

○さあ!
 日めくりも今日から一歩前進です。
 悪との闘争をしないと生命力が出てきません。
 間断なき悪との闘争を今再び開始します。

 

○母が元気になりました。

 宅急便の受け取りまでできるようになりました。

 毎日、勤行&唱題も一緒です。

 血圧も以前より返って正常になってきました。

 素晴らしいです。

 100歳は達成して欲しいものです。

 そして、地域の広布のために戦って戴きます。

 まだまだこれからです。

 わが家が地域広布のパイオニアになります。

 地域広布のモデルになって見せます。

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌
 

◆7月2日3日
○出獄と入獄に師弟あり。
 7月3日、大事な大事な日である。
 『一善』が必ず勝つ!
 必ず勝つ!

 断じて勝つ!

 常寂光土なり!


○友よ!
 他者に「責」を問うなかれ!
 現実を莞爾と受け止め、
 共に更なる一歩向上に努めよう!
 そこにしか
 確かな前進はないからだ!
 皆、人間革命の発展途上。
 過去よりも、
 今、そしてこれからだ!


○高層マンションやオフィスビルが一ヵ所に集中し過ぎている。
 これを無計画というのであろう!
 最寄の駅は朝夕のラッシュで大変危険な状況である。
 物々しい警備服の方々がホームや改札で整理にあたっている。
 災害時の対応など有事には大パニックが起きそうである。


 この現実に対して、
 都市改革を公約した候補はありやなしや!
 大変重要な問題であるが・・・!


 政策論争の皆無な支援活動に、
 うんざりしている。
 本当に実のない活動をしている。
 抜本的に変えねばなるまい!

 この古い体質を!

 

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

 

◆6月23日
○沖縄慰霊の日
 即ち、沖縄戦終結の日。
 現在の日本は
 この沖縄の方々の尊い命の犠牲の上で成り立っている。
 断じて忘れてはならない!
 今の自分を「見つめる」大事な日にして欲しい。


○議員が増えようが、減ろうが大きな問題ではない。
 現実の改善・向上があるかどうかが問題なのだ。
 よって、議員の増減で勝利が決するものでもない!

 駄目な議員は辞めてもらおうではないか!

 その地域に貢献する議員だけでいいいんですよ!


 更に、言えば現実を改善・向上していくのは、
 我々「ひとりひとり」であるということだ。
 この日々の陰の戦いがあってこそ、
 我が地域は「理想郷」へと一歩近づくのである。
 地道の中にこそ、真実があるのだ!


 議員任せもおかしいし、
 ましてや議員利用などとんでもないことだ!


 現実の改善・向上のために今日も汗を流そうよ!

 

 あなたが!わたしが!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆6月21日
○尊敬する婦人部の方の命日である。
 もう20年か?!
 婦人部の鏡である。
 お名前の通り、
 夏至の日に霊山に旅立たれた。
 感謝・感謝・感謝


○支援する者は心して聞いてほしい。
 この4年間の日々戦いの総決算が問われている。
 例えば、自分の土地の「夏の草刈」、「冬の雪掻き」・・・
 こんなこともしない者は、
 ご近所での支援活動控えて欲しい!
 自分の土地ですよ!
 全て逆効果である。


 人間革命が自転であり、
 広宣流布は公転である。


 人間革命が後退している輩は、
 火に油を注ぐようなものである!
 ご近所は言わないが、しっかり見ている!
 どうか「人の振る舞い」が最重要である。
 無慈悲な逆縁を作るな!
 あまりにも哀しい連中である!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆6月10日
○昨年、母が体調を崩し、退院して今日で1年。
 今年の4月から、

 毎日一緒に勤行するようにしてから、
 劇的に快復してきている。
 生命力が蘇ってきている。


 御本尊はすごい!
 題目はすごい!

 自然とお題目を唱え始めた!


 日に日に快方に向かっている。
 自分でできることが急激に増え始めた。

 ○ごはん炊き
 ○ゆで卵
 ○さつまいも蒸し
 ○とうもろこし蒸し
 ○きゅうりおろし
 ○流しの洗い物
 ○野菜栽培いじり
 ○整理整頓・・・他


 ・・・急に蘇ってきた。

 

 結論すると、
 家族と勤行をしましょう!
 毎日一緒にしましょう!
 是非とも実践してください!

 

 耳が遠くなっていないか

 注意してください!

 行動に大きな変化が出ます。

 どうか、日常の父・母の振る舞いを

 観察してください。

 気遣ってやってください!

 

 

 スマホやってる場合じゃないよ!

 眼前の人に集中してください!

 

 くれぐれも、

 大切な「時」を逃さないように!

 

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆5月22日
○「人材育成」とは「人材利用」ではない!
 勘違いするな!
 保身のために、責任だけ与えて、権限を与えず、
 人材を利用するだけ利用して、
 自分はさも中心者なんだという顔をし、
 落ち度のない・無事な運営にのみ終始している。
 そこには、
 一切の成長もなければ、
 一切の歓喜もない。
 ましてや功徳の報告など微塵もない。
 あるのは停滞と空しさばかり。
 そういう組織の責任者は本当に罪が重い。
 断じて従ってはならない!
 与同罪恐ろし!


○「不条理な現実」を「希望ある理想」へと変えていくのは
 本当に大変なことである。
 正義を貫くことは本当に「柔和忍辱の鎧」が必要である。
 時として、その鎧が破れそうになり、
 必死の唱題で、更に堅固に修繕せねばならない。
 24時間唱題の勇者の同志よ!
 三障四魔、三類の強敵があってあたりまえです。
 難があってこそ本物です。
 結果や綺麗事に振り回されず、
 現実のありのままのご自分を大切にしてください。
 挑戦するその姿が大事なんです。
 そういうお話を聞かせてください。


○久しぶりに名字の言に感動する。
 ご覧あれ。
 〈名字の言〉   2017年5月22日
 17世紀の英国の詩人ミルトンは43歳の時、
 両目の視力を失った。共和派と王党派が対立する中、
 共和派を擁護していたミルトンは、
 王党派の論客から失明を嘲笑された。
 さらに数カ月後、妻と1歳の長男が相次いで亡くなった
 ▼光を失っても詩人は静かに忍耐し続けた。
 「盲目であることは、

 盲目に堪えきれないほどにみじめなものではない」
 (宮西光雄訳『ミルトン英詩全訳集 上巻』)と。
 困難それ自体は不幸ではない。困難に屈し理想を捨てることが、
 彼にとっては不幸だった
 ▼ミルトンは生涯で多くのソネット(14行詩)を残しているが、
 代表的な作品は失明後、口述筆記によって生まれた。
 失明から15年後には大著『失楽園』が完成。
 苦境の中で詩人としての深みが増したといえる
 ▼法華経では、地涌の菩薩の姿を「忍辱の心は決定し」と説く。
 試練は自らを飛躍させ、自身の本懐を強く自覚させてくれる。
 その意味で「忍耐」と「成長」は一体なのかもしれない。
 より深い人生観に立ち、
 何ものにも揺るがぬ自己を築くのが私たちの信仰である
 ▼挑戦しているからこそ、行き詰まることもある。
 思い通りにいかない現実と格闘し、耐えてこそ、勝利の喜びも大きい。
 「いまだこりず候」(御書1056ページ)
 の御聖訓を胸に、堂々と進みたい。(芯)

 

○師の黄金のメッセージが
 糞の如くに扱われている現実が私は許せない。
 何かに麻痺し、
 何かを諦め、
 自己の無限の可能性を信じる躍動感が皆無である。
 これでは可哀想である。
 これでは何のための信仰なのか?!
 さあ、今一度猛然と攻めて行くしかない!
 「題目」の利剣で!!!

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆5月17日
○「すがすがしい信心」こそ勝利の秘訣・・・と。
 全く同感です。
 そういう信心の人と会うと、
 思わず嬉しくなるものです。
 暗さや陰気さが一点もない、
 本当にスッキリした雰囲気を周囲に醸し出す。
 嫌らしさもなく、
 ましてや妬ましさなど手筋ほどもない。
 そういう人物にどんどん会いたいものです。
 「青年の心」を持つそういう同志に・・・。


○現場の智慧を生かしたい!
 特に、聖教新聞を配達する上での工夫など、
 一度、聖教紙上で紹介して欲しいものです。
 私も代配していて、工夫していることが何点かあります。
 もっと沢山の同志の話を載せて欲しいものです。
 いいものは採用させていただきたい。
 これを「人間革命の同時進行」といいたい。


○『各各の御身の事は此れより申しはからうべし、
 さで・をはするこそ法華経を十二時に行ぜさせ給うにては候らめ、
 あなかしこあなかしこ、御みやづか仕官いを法華経とをぼしめせ、
 「一切世間の治生産業は皆実相と相違背いはいせず」とは此れなり
 (檀越某御返事、1295頁)
 この御書をあらためて実感させて戴いております。
 「仕事即御本尊」とのご指導です。
 二重三重にも、肝に銘じて参ります。
 ありがとうございます。


○最近、メガネをかけ忘れます。
 考えてみたら、
 パソコンタイムが激減しているのです。
 新しい仕事の関係で・・・。
 要するに、眼がよくなっているようです。
 近眼が・・・。
 だから、つい忘れてしまうのです。
 その分、日めくりが遅々として進まない・・・。m(_ _)m
 更なる、努力をします。

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆5月6日
○叔母がついに大白蓮華を読むことになった。
 それも昨年の任用試験特集号である。
 任用試験に挑戦してもらうつもりです。
 まだ、確約はしてくれませんが、
 「勉強する」という事実は現在進行中です。

 また、私が差し上げた先生の書籍を
 友人に貸してあげたそうです。
 いまだに返してくれない・・・とぼやいていました。
 「あの本はいい」と・・・。


○母の食欲が戻ってきました。
 三月は全くだめでした。
 四月に入り、
 韓国の友から
 キムチを送ってもらい、
 その頃から、食欲旺盛になる!
 キムチ・パワー凄し!
 と同時に、
 一緒に勤行をするようになって、
 生命力が強くなってきたのでしょう!
 毎日一緒に勤行しています。
 こんなことは
 いままで有り得ないことでした。
 それだけ、
 母と共に生きているということです。
 それを実感させていただいております。


○仕事に三つのシフトがあり、
 日勤、夜勤、24時間と・・・。
 変則の生活ですが、
 生命力旺盛で、
 全く生命のリズムが乱れません。
 しっかり唱題しているからでしょう。
 勿論、24時間唱題もその効果の賜物です。
 
 
 本当に題目はいいもんだ!
 これをしない人がいるのだから
 本当に勿体無い!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌 

◆4月27日
○いまいたるところで工事中である。
 特に地下鉄は大変である。
 通勤混雑で事故が起きてもおかしくない程である。
 2020東京五輪の準備かと察する。


 そういう中でスマホ歩きの輩を見ると
 一声言いたくなる!
 「スマホ馬鹿!TPOを考えなさい!」


 もうこれは「スマホ中毒」である。
 メンタルケアされたし・・・。

 

○声の出ない若者・・・。
 駅に着いて、突然後ろの方から
 荷物を他人にぶつけながら、
 当たり構わず、降りる若い女性。


 なぜ、一声が出ないのだろうか?!
 「すいません、降ります」と。
 失語症になってしまったのか。
 現代の若者は・・・。


 これでは未来の人類は
 口が無用になるのではないか、
 あの盲腸のように・・・。


 『声仏事をなす』
 その素晴らしき音声こそが
 南無妙法蓮華経である。
 一人でも多くの人を
 妙法に導いていきたいものである。

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆4月24日25日
 三代会長勇退の日、38年を経る。
 峻厳な日である。
 大転換の日である。
 大感謝の日である。
 本物の弟子か問われる日である。


 自行化他の題目は必ず、
 本物の弟子を育むと確信する。


 創価学会の師弟不二の題目は、
 必ず、六根清浄になるんです。
 青年の心になるんです。
 誠実になるんです。
 真剣になるんです。
 正義になるんです。


 これが題目の凄さです。

 本物の人材を見抜くホシです。


○今日から第二の人生の出発です。
 わが理想を実現するための・・・。
 本日はこれより仕事に向かいます。
 明日の19:00に帰宅する予定です。


 無事故・無災害、
 健康・長寿・長者を祈るばかりなり!!!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆4月21日
○今週からあらたな仕事に挑戦!
 ソフトからフィジカルへ。
 いわゆる体育系の仕事。
 「声」を出すの気持ちがいい。
 詳しくはまたの機会に・・・。
 3カ月でものにしたい!
 どんどん行こう!
 「The Coordinator」に一歩前進。


○朝晩の勤行唱題を真剣に!
 その上で24時間唱題です。
 先生は、
 「朝の勤行で、一日は全部決まってしまうのです。因果倶時ですから、朝の勤行を本当にしっかりやっていった場合には、本末究竟で、一日の勝利が確立されていくのです。ということはまた、夜の勤行で『明日は元気いっぱい戦わせてください』と祈っていけば、翌日は決まってしまうのです。それが本当の信心即生活でしょう。それで失敗があったら、また変毒為薬して、完成へ完成へと戦っていくことが、価値創造なのです。『どのように実践しようか』と、行動に移さなくてはいけません。みんな元気になってもらいたいのだ。それには、リズム正しく生活していかなければなりません」
 と。
 24時間唱題やっているからと、
 ゆめゆめ疎かにしないようにお願い致します。


 全ては「基本」があってこそです!
 どうか模範の勤行を!


○久しぶりに通勤電車に乗る。
 「スマホ馬鹿?」が m(_ _)m
 居ること居ること。
 可哀想に・・・。


 何かに操られていると思いませんか・・・?!


 意味のないゲームに時間を費やして・・・、
 膨大な情報に翻弄されて・・・、
 後で残るのは「空しさ」か!?


 それよりも
 眼の前の見知らぬ人たちに
 少しでいいから
 気遣いの心を向けてやってください。
 お願いしますよ。
 皆孤独な旅人なんだから・・・。

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆4月15日
○『又過去の謗法を案ずるに誰かしる
  勝意比丘が魂にもや

  大天が神にもや
  不軽軽毀の流類なるか
  失心の余残なるか
  五千上慢の眷属なるか
  大通第三の余流にもやあるらん
  宿業はかりがたし』
 (佐渡御書、958頁、編473頁)

 

 まさに「宿業はかりがたし」です。


 「○○○万遍唱題すれば宿命転換する」という約束はない。
 「○○○人折伏すれば一生成仏する」という保証もない。
 「桜梅桃李」に宿業あり。

 

 ゆえに、
 『月月・日日につより給へ・
  すこしもたゆむ心あらば
  魔たよりをうべし』
 (聖人御難事1190頁)

 

 「永遠に前進する!」と腹を決めることです。


 ここに全てが凝縮しています。

 24時間唱題挑戦の意義もここにあります。

 

 ゆめゆめ、慢心してなりませんぞ!

 すぐに自慢したくなる方は要注意です!

 そういう方は勤行・唱題の総点検を!

 

 「悪鬼入其身」恐るべし!

 大聖人でさえ、魔が取り入ろうとしたんです。

 如何況や、我ら凡夫をや・・・。

 油断大敵!!!


 
 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆4月10日

○題目は納得いくまであげる!

 不調のまま題目は終えないで下さい。

 どこまでも納得いくまで上げてください。

 目安は「軽快」です。

 お題目を上げると全ての面で、

 生命が軽快になります。

 六根清浄です。

 

 題目が上げられない人は本当に可哀想です。

 空気がなければ即死です。

 空気はタダです。

 お題目も空気と同じです。

 不可欠でタダです。

 これほど費用対効果の凄いものはありません。

 (御本尊様には失礼かもしれませんが・・・)

 

○勤行人口を増やしましょう!

 全てはここからです。

 勤行で始まり、勤行で終わる。

 

 家庭訪問・個人指導は

 お題目を一緒に上げられるかにかかっています。

 やはり一対一がいいでしょう。

 複数名では本音が話せません。

 

 ①なかなか会えない。

   ↓

 ②会えても玄関先。

   ↓

 ③家の中に入れても上辺の話

   ↓

 ④本音の語らいをする

  (プライバシーは厳守)

   ↓

 ⑤一緒に唱題する。

  ※可能であれば、仏壇の周りも一緒に整理整頓

 

 段階を踏みながら、

 柔和忍辱の鎧をきて、

 共に唱題することを目指したい!

 

 少なくとも、ここまで来れば、

 本人が退転してないことが明確であり、

 同志であり、人材であるということです。

 

 さあ!

 共々に、勤行人口を増やす戦いを起こしましょう!

 ここが急所です。

 ここしかありません。

 その為にも、24時間唱題で、

 どうか題目の素晴らしさを語れるように・・・!

 

 

 共々に

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

 

◆4月8日
○いかなる戦いもまず
 「絶対にやり抜く」と
 決めて祈って動く
 この必勝の方程式で
 新たな歴史をつくれ!
(わが友に贈る2017年4月7日)


日めくりを繰り返し
 何度も何度も読み直して下さい。
 毎日コンスタントに、
 2ヶ月のサイクル(60日で一回り)くらいで。
 (カテゴリ数が現在約180個ですから、1日3個)
 必ずに何らかの気付きがあります。

 発見があります。

 感動があります。

 歓喜があります。

 

 先生の指導は、
 過去のものではありません。
 一過性のものではありません。
 賞味期限はありません。
 普遍性があるんです。
 どうか何度も何度も生命に焼き付けてください。
 心より切に切にお願い致します。

 m(_ _)m


○シリア空爆始まる。
 いつまでも、いつまでも
 懲りない指導者たちです。
 「他化自在天」にいいように遊ばれているんです。
 「第六天の魔王」に・・・。
 その誘いに決して載ってはいけません。
 それがわかれば世界平和はもう間近です。


 何で宇宙があるのか?
 何で生命があるのか?
 しばらく考えてもらいたい。
 「永遠の生命」から
 全宇宙を見おろしてみてもらいたい。

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆4月6日

 ※4月7日追加


○戸田先生の命日から一転して「春到来」に。
 春はいい。
 桜もいい。
 青空もいい。
 日天月天もいい。
 すべてが前進の息吹になる。
 
○朝鮮・韓半島が炎上寸前である。
 断じてそうさせてはならない。


 ここは世界の「覇権ホットスポット」である。
 米国・ロシア・中国の力が交差する東アジア。
 世界で最も摩擦の熱いところである。
 見方を変えれば、
 東アジアの平和・安定が

 世界平和への試金石とならないか!


 これからは
 相互に価値を生み出す関係に転換しなければならない。
 いつまでも、
 日韓・日中の関係を政争の道具に使ってはならない。


 「東アジア共同体」創設に向けて力を集中しよう!


 もっと「大志」にわが生命を燃焼させて戴きたい!
 その最優先が「東アジア共同体」の創設である。
 東アジアから「世界平和」、「核廃絶」の潮流を!


 特に、韓国・日本がその中心的役割を担って欲しい。
 過去の問題で喧嘩している場合ではない。
 使命に目覚めよ!
 日・韓の民衆よ!


 政治家では無理なんです。
 度量が狭いから、

 私利私欲、党利党略、国利国略だから。

 所詮は「名聞名利」「毀誉褒貶」の虜だからです。


 「民衆」が行動して行くしかないんです。

 「世界市民」が打って出ていくしかないんです。

 我々は「世界市民」ではありませんか!!!

 小さくまとまるな!!!

 


 一流企業もいいけど、
 国家公務員もいいけど、

 プロスポーツ選手もいいけど、
 大金持ちもいいけど・・・。
 

 今、必要な人材とは何か?
 名付けて、
 「THE COORDINATOR」です。
 分かりやすく言うと、「坂本竜馬的人物の世界版」です。

 もっとハッキリ言えば、

 「山本 ○一」です。
 「THE COORDINATOR」こそ、
 時代が求めている人材です。

 地元地域から世界に至るまで・・・。

 

 世界の民衆と民衆を連帯させる人材です。


 未来部、学生部、青年部の諸君よ!

 人材になろう!育てよう!
 共に、「THE COORDINATOR」となって、 
 世界平和・民衆幸福の時代を築いていこう!


 君よ!一人立て!

 われも立たん!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆4月1日
○社会の仕組みを鵜呑みにしないで欲しい。
 果たして正しいのか!
 今ある仕組みと戦って欲しい!


 「約束は守らなければならない」と教わった。
 しかし、
 悪なる「約束」や「規則」を守るべきなのか?
 信義誠実に反する「約束」や「規則」を守るべきなのか?
 すべての決まり事や約束は、
 「善である」ことが前提条件になって、価値を為す。
 「悪である」ことは許されない。


 IT社会は「過失」を犯しやすい仕組みになっている。
 本来なら、1日かけてチェックする必要のある規約を、
 ITの便利さのため、「一瞬」で結論を出せてしまう。
 そして、数秒で、「規約」を読んだ事にして、
 契約にサインしてしまうのである。
 結果、重要な契約内容を見落としてしまい、

 後でトラブルが発生する可能性が大いにある。


 法律に「未必の故意」という考え方がある。
 要するに、「あることを○○すると、やばいかもしれない、が、そうなってもいいや」、
 「必ずしもそうならないだろうが、でもそうなっても、構わない」など。
 将来、契約者の「過失」が予見されるにも拘らず、それを敢えて行うこと。


 IT社会はそういう要素を含んでいる。
 売買契約などの重要な取引は相互に文書で交わすのが常識でしょう。
 ネットで契約したものは、後日確認の文書を取り交わす必要があります。メールではありません。紙媒体です。一日100を越えるメールをやりとりしている人がその内容を注意深く見る訳がありません。


 そうしない契約は極力避けた方が賢明です。
 たとえ少額な契約でも・・・。

 毎月引き落とされる可能性があります。

 

 常に弱いものの立場になって全てを創出してもらいたい!

 私もそういう社会に挑戦して参ります。

 共々に!!!


 

○ITの跋扈で、
 人間と人間の分断が進んでいる。
 心と心を通わす機会が激減している。
 心と心の絆が崩壊し始めている。
 浅薄なところでいつも右往左往している。

 「浅きを去って深きに就くは丈夫の心」と大聖人。
 現代は
 「近きを去ってネットに就くは空虚な心」。

 

 ネット社会がもたらす「空虚さ」。
 これが一切の「生命力」を奪おうとしている。

 

 これを「ITつもり(仮想)文明」と名付けたい。
 分かったつもりの人間関係。
 分かったつもりのニュース。
 分かったつもりの隣の国。
 分かったつもりの世界情勢。
 楽しんでいるつもりの「ゲーム」。


 どうか賢明に生きていきましょう。
 可能な限り、
 もっともっと人間が融合しあう「何か」をしましょう。


 「パソコンもスマホもケータイも使わない一日」
 「テレビもラジオも一切使わない一日」
 挑戦する価値はあると思います。
 戦おう!
 戦いをやめたら、残るは「空虚」しかありません。


 「愛する大事な人」と最高に価値あるひと時を

 心より願ってやみません。

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆3月28日
○御聖訓「例(ためし)には他を引くべからず」。
 リーダーが率先垂範を!
 そこに真の団結と
 前進の勢いが生まれる。
 (わが友に贈る2017年3月28日)

 

 全て、わがで振る舞いで決まる!

 

○祝・創大看護学部一期生 第106回看護師試験75名全員合格
 一、「生命の尊厳を探究する生涯学びの看護」
 一、「生きる力を引き出す励ましの心光る看護」
 一、「共に勝利の人生を開く智慧と慈悲の看護」
   (同学部開設時に池田先生から贈られた三つの指針)

 最高の妙法の看護師の誕生をお祝いいたします。
 この三つの指針が未来永劫に輝くことを祈ります!


 特に、「生きる力を引き出す励ましの心光る看護」
 現代の医療で最も求められている大事な大事な実践課題です。
 薬漬けのない、諦めのない、「励まし」の医療・看護こそ重要!
 一期生の皆さんの今後の

 ご健闘・ご活躍を衷心よりお祈り申し上げます。


○「六畳の生活空間」を思う・・・。
 母の耳が段々聞こえなくなっているようです。
 その範囲は六畳の空間内のようです。
 いつも学会歌を聞いてもらうために流していたCDも
 かすかな音しか聞こえていなかったようです。
 昨夜、確認して初めて分かりました。
 今日からは「六畳の生活」との闘争です。
 「思いやる心」が求められる大事な闘争です。
 さあ!頑張るぞー! 

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆3月27日
○人生は戦いだ。
 戦いは、自分でつくるものだ。
 それを乗り越えていくのも、
 ほかならぬ自分である。
 困難を避ける人間には何もできない。
 大変な時ほど燃え上がる。
 これが学会精神である。
 正義の師弟の精神である。
 (聖教新聞2013.6.16付今日も広布へ24)


○戸田先生は友に語られた。
 「あなたが信心に立ち上がれば、必ず、全てが軌道に乗ります。
 信心が強ければ、周囲があなたの幸福の力となる。本当に不思議なものだ」
 法華経には、「魔及び魔民有りと雖も、皆な仏法を護らん」とさえ説かれている。
 大事なのは、自分自身の信心を強くすることだ。
 周りの人が信心しなくとも、
 善のため、平和のために、
 驚くほど働いてくれるのである。
 (同上)


○師匠とは有難いものです。
 一瞬一瞬、師匠に肉迫したいものです。
 「先生ならどうされるか?」
 凡愚な私は忘れることがある。
 まだまだです。
 「仏入其身」ならぬ
 「師匠入其身」でありたい!!!
 

○新聞配達ご苦労様です。
 天気の悪い時は大変です。
 いつもの2倍以上かかります。
 それに寒さが増すと、更に、大変です。
 でも、無事故で配達した後の気分は
 「最高です」
 そして「御本尊に感謝です」
 因みに、夜明けの日天子は更に最高です。
 新聞配達が楽しい。

 

 

 さあ!共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 今日も一歩前進
 合掌

◆3月25日

○仏法は「桜梅桃李」。

 人と比べる必要はない。

 焦らず着実に進もう!

 どこまでも自分らしく

 使命の花を咲かせゆけ!

 (わが友に贈る 2017年3月24日)


○『新・人間革命』雌伏の章が始まる。
 雌伏の意味
  ・・・《雌鳥が雄鳥に従う意から》人に屈伏して従うこと。
    また、実力を養いながら活躍の機会をじっと待つこと。
    「雌伏して時の至るを待つ」「雌伏八年」⇔雄飛。


 先生のお歌を思い出す


  一剣
   磨きし
    この十年
   行けと
    ひと言
     師子の声

 

 (記憶が正しければ確かご勇退から十年後・・・)

 

 勝手ながら
 この「一剣」とは
 「題目」の利剣と推察致します。

 

○新・人間革命30巻の完了が近づくこの「事実」を

 何と覚悟するか・・・。

 

 創価学会仏にとって

 最も大事な時が、

 「まこと」の時の助走が始まる・・・。

 各々「油断大敵」「一剣磨け」

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆3月23日
○最高のエンターテナーとは誰か?!
 それは最高のお題目を上げる人です。
 一切の衆生・一切の万物の仏性を呼び覚ます
 そういうお題目を上げる人です。
 一遍のお題目が大事です!
 その積み重ねが大事です!
 最高のお題目に挑戦しましょう!
 月月日日に・・・。


 臨終の時は
 お題目があれば十分である。
 後は何もいらない。

 
○「黎明」。
 日天子の目覚め。
 万物の目覚め。


 「黎明」。
 これほどの荘厳な瞬間があるでしょうか?!
 これほどの贈り物がありましょうか?!
 今朝も感動のワンショットを撮る。


 もう春は来ている。

 

○本日より[日天月天ワンショット]を公開させて戴きます。

 日天子・月天子の感動の瞬間を収めました。

 先生のお写真ならいいんでしょうが・・・。

 そうもいきませんので、

 少しは気に入ってもらえるのではないかと、

 勝手に思い、公開させて戴きました。

 不人気であれば、速やかに取り下げます。

 まずは少しだけ御覧になってください。

 m(_ _)m

 

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆3月20日
○1995年3月20日地下鉄サリン事件。
 事件のあった日比谷線車両の次の次の電車に乗車していました。
 他人事ではない事件です。
 合掌


○母の食が細くなる。
 心配である。
 この18日から御書全編読破を一緒にすることにした。
 全頁1600頁である。
 「まだまだ逝けないよ」とわれ申す。
 更賜寿命なり!


 毎日数行づつ進むことにする。
 勿論、区切りのいいところまで・・・。
 通解もしなくてはならない。


 結果として、
 私は母に訓練されているようだ。
 不思議な縁である。
 感謝に尽きない。
 

○一家一族眷属の人材出現を猛然と祈っている。
 様々な様相を呈してきた。
 大きなうねりが出てきた。
 大変だが、いよいよ、ますます・・・の心意気である。


○ともかく、できるところから
 一歩一歩前進していきます。
 動くたびに、
 お友達が増えてきました。
 祈って、動けば、どんどん変わる!

 

○偉大な事業は

 一日にして成らず。

 今できることから

 一歩一歩 挑み抜け!

 結果は必ずついてくる。

    (3月19日わが友に贈る)

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆3月16日
○師弟誓願の3・16の朝を迎える。
 果たして、我に使命ありやなしや!
 果たして、君にあなたに使命ありやなしや!

 明年は60周年。大きな節目の年となる。

○堂々と題目の素晴らしさを語れる“勇者”よ!
 君の、あなたの、出現を待ってます。


 嘘のない真の同志よ!
 後は枝葉末節ではないか!


 題目の素晴らしさを実感すれば、
 “折伏弘教・仏法対話”は自然の振る舞いとなる。
 悪には「折伏精神」で応戦できるではないか!


 日常の振る舞いそのものが、
 最高の“宝塔”を輝かせるものとなる!
 その自体顕照そのものが折伏となる!


 その大生命力は
 「全てに関心を持ち」、
 「全てに責任を持ち」、
 「全ての悪に敢然と立ち向かおう」とする。


 その根源こそ“南無妙法蓮華経”である。


 あなたの宇宙生命が厳然と存在しているのだ。
 そこから発する題目は何にも負けない、屈しない。
 不撓不屈の大生命力を涌現する。


 「生老病死」の四苦にも微動だしない、
 それをも「常楽我浄」の四徳に転じゆく大生命力だ!
 臆する必要は一切ない!
 全てに勝利する「大確信」で前進しようではないか!

 

 先生と共に!
 真の同志と共に!
 民衆と共に!

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆3月10日
○「かも」さん、激励のメッセージありがとうございます。
 少しでもお役に立てれば光栄です。


○今朝の日天子は何と素晴らしいことか!
 荘厳な夜明けでした。


○最高の題目に挑戦しよう!
 題目ほど簡単なようで難しいものはない。
 毎日が戦いだ。
 毎日が最高の題目をあげる戦いと言ってよい。
 納得の題目が上がったときは最高である。
 心蓮華から最高の声音が出た時だ!!!

 

 すべてが軽快となる。
 身も心もこれほど軽やかなことはない。
 「一点の曇りのない題目」
 「如蓮華在水の題目」
 「研ぎ澄まされた題目」
 「全宇宙に届く題目」
 「一切の暗雲を振り払う題目」
 「いつまでもあげていたい題目」
 ・・・。
 「形容するに尽きない題目」

 これが題目の素晴らしさである。


 『月月日日につより給へ』
 最高の題目をあげよう!!!


 そうすれば、大変ながらも、毎日が楽しい!
 そう必ずなるんです!
 それが「題目」です。
 誰でも、そうなれるんです。
 最高の題目に挑戦しよう!

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆3月3日
○3月。最高の季節が到来する。
 この頃から日の出が真東になる。
 朝の陽光は最高だ。
 今朝もスマホのシャッターをきる。
 自分ながら不思議に思う。
 その対象はいつも日天子、月天子なのだ。
 決して最高のカメラマンとはいえないが・・・。
 なぜか撮りたくなる、不思議也・・・。

 

○今日は雛祭り。
 女性の皆様、おめでとうございます。
 更に健康で美しくあってください。
 利・美・善の「美」を大切にしてください。
 コスメチックな面よりも、言葉遣いを大切に・・・。


 言葉遣いの美しい方といると、
 心が豊かになります。
 安心しますね。
 美しい言葉を大切に・・。


 メールよりも「生の声」が最高ですよ。
 最高の武器を使いましょう。
 メールでは伝わりませんよ。
 SNSでは伝わりませんよ。


 それには「唱題」で磨いた「声」が重要です。
 唱題で美しい声を磨き、
 最高、最大の人間外交を展開してまいりましょう。
 我らの「六根」をフル回転させて・・・。

 

 我が「宝塔」を輝かせながら、

 あなたの思いが伝わらないわけがありません!!!

 


○24時間勇者の皆さん。
 今一度整理してみましょう。
 とにかく自分の思いを全てノートに書き出しましょう。
 その際、1行1項目としてナンバリングして下さい。
 その数ぶんだけ、あなたの願いであり、祈りとなります。
 そのぶんだけ、あなたの行動があるはずです。
 そして、あらためて24時間唱題に挑戦しましょう。


 一週間後、或いは数週間後、

 そのノートにある1行が達成できているかもしれません。


 そのノートの全項目を毎日祈り、結果チェックをしましょう。
 漠然とではなく、具体的に何が問題なのかを明確にし、
 身近なところから、できるところから、
 どんどん行動して行きましょう。
 「祈って(信力)」、「動いて(行力)」こそ
 「仏力」「法力」が発動します。
 さあ、共々にあらたな出発をしましょう!


 決して、誰かがやってくれる訳ではありません。
 あなたの「祈り」と「行動」が全てを動かすのです。
 そして、最高の3・16を迎えましょう!

 


 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月24日
○ちょっと油断するとすぐに体重が増えてしまいます。
 私の場合は、65kgを越えるか越えないかで、
 体の軽快さが全然違ってきます。


 ですから、体重のコントロールは本当に重要です。
 年をかさねると尚更注意が必要です。
 何かと、運動しにくくなるからです。


 特に、早めの夕食をおすすめします。
 寝る前の飲食は体重オーバーには打って付けです。
 これ程確実なことはないでしょう!
 どうか身近な「生活習慣」から革命して参りましょう。
 誰でもできることですから・・・。


○新しい分野の仕事は二重三重に有難いですね。
 新しいことを、「学べる」のですから、それもお金を頂戴して。
 これ程、感謝に値することはありません。
 かつては、そう思わなかったことですが、
 今は本当に有難く思えます。
 そこから、新たな契約に結べれば更にいい訳ですから。
 ともかくも、自分が180度前向きになりました。
 2009年以前までと比べたら、段違いです。
 これも大いなる「功徳」と確信致します。


○また不知恩の者が現れる。
 「人」を「利用する対象」でしか見ない輩です。
 よって、全く温かさのない。
 自分勝手な人間です。
 対する相手は全て自分より下に置くのです。
 (利用できるうちはその逆ですが・・・)
 先日、「一喝」しました。
 眼が覚めたか、
 それとも反逆してくるか?
 対面で会おうにも、
 会おうとしないのです。
 それでいて、何だかんだといって、
 文明の利器を使って、いいたいことを言ってくるのです。
 対話拒否の輩は、自分の世界の中で勝手に踊っているのです。
 自分を見つめることもしない。


 しかしながら、
 この輩にも「人間革命」していただかなくてはなりません。
 これからが戦いです。
 断じて諦めません。未だ懲りず候です。
 なぜなら、
 彼にも仏性があるからです。
 さあ、さあ、さあ!!!


○今日はプレミアム・フライデーとか・・・。
 中小零細企業は蚊帳の外か・・・。
 ましてや、
 「営業」兼「エンジニア」兼「経理」兼
 「家事全般」兼「母の支援」兼「サイト・マスタ」兼
 「もうひとつのサイト」兼「自治会役員」兼
 「生涯学習コーディネーターの新米」兼
 「広布」兼「新たな事業」兼

 「自称トレーナー」兼「自称改善マン」兼・・・他。

 

 一人で何役もお持ちの方は

 PM・Fridayどころではないでしょう・・・か。
 なんせ寝る時間さえ2時間前後の小刻みさですから・・・。
 でもこれが「楽しい」んですよ!
 することが増えれば増えるほど「楽しい」んですよ。
 「生老病死」 即 「常楽我浄」 ですね。
 四苦 即 四徳
 結局はお題目に尽きます。
 そして
 一役かっているのが24時間唱題です。


 勝手に体が動いていきます。
 「面倒くさい」とか、「かったるい」とか、「しようがない」とか、
 というマイナスの態度には決してなりません。
 自分が意識している以上に六根が働くのです。
 これを「六根清浄」というのでしょう。

 題目の功徳そのものですよ。
 さあ、今日も新たな発想、新たな発見、新たな出会いを!
 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月23日
○最近、超多忙である。
 やることが沢山出現してきて本当に嬉しい。
 逸る気持ちを抑えながら、
 漏れなく、油断大敵に。
 三障四魔は間断なく襲い掛かってくる。
 これを乗り越える「力」こそ、
 お題目である。
 大生命力である。
 一喜一憂しない強さである。


 いよいよ結果が出始めている。
 厳然とした数字で出始めている。
 驚きの数字に・・・。

 

 そして、
 護りに入るのではなく、
 「いよいよ攻むべし」の精神で、
 万般に渡って、チャレンジする!
 これからだ!
 こんなものではない!
 我が使命。

 

○「共々に」を更に具体的に強く!
 母との一日の行動を
 ひとつづつ共にすることを増やしている。


 自分だけではない!
 自分が○○時間唱題したからOKではない。
 母はどうなのか!
 眼前のその人はどうなのか!
 家族はどうなのか!


 自他共の幸福がそこにはあるからだ。
 眼前の一人を如何に、「妙法」の流れに巻き込んでいくか!
 これこそが「広宣流布」の具体的な振る舞いでは無いだろうか!


 共に互いの無事故を祈り、
 共に互いの健康を祈り、
 共に互いの長者を祈り、
 共に互いの長寿を祈り、
 共に互いの広布前進を祈り、
 共々に師匠に報恩感謝する。

 

 そして、

 共々に絶対的幸福になる!

 これこそ「今生人界の思い出」ではないだろうか。

 

 

 共々に
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆2月18日
○日天子がいい!
 月天子がいい!

 

 彼らはいつも私を励ましてくれる。
 見上げるといつもそこにいる。
 日天子の強さよ。
 月天子の優しさよ。

 

 感じるのだ。
 見上げる前に、感じるのだ。
 だから見上げるのだ。
 そして、彼らは微笑む。
 そこで私は「ありがとう」。
 思わず、ケータイのシャッターを切る。


 彼らは、わが同志である。
 左右の脇士である。
 ぶれない親友である。
 南無妙法蓮華経。


○祝 新・人間革命連載6000回。
 この珠玉の叙事詩を
 わが生命に染めてこそ、先生への報恩感謝なり。

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月16日
○大聖人御聖誕795年。
 あと5年で800年の大佳節を迎える。
 報恩感謝の戦いを!
 2022年が楽しみである。


○生命は無始無終という。
 我らに終点はないのだ。
 常に成長し続けるその「人間革命の流れ」こそが
 終着点のない終着点なのだ。
 それこそが「大目標」なのだ。


 今日一日を最高の成長の日にすることだ。
 広宣流布の最高の一日にすればいいんだ。
 その流れを永遠に続けていけばいいんだ。
 「南無妙法蓮華経」の素晴らしさを
 無作三身で表現していけばいいんだ。
 これを「絶対的幸福」というのだろう。


 今世の次は来世がある!
 永遠にあるんだ!
 生命は常住だからだ。
 生老病死はその「変化」に過ぎないのだ。
 要するに、「今を楽しむ」ことだ!
 何があっても・・・。


○いよいよ本日「もうひとつのサイト」を仮運用する。
 出来具合は、5割強か。
 100%は何か、それは分からない。
 これから「永遠の成長」でそれを導き出していく。
 ともかくアクションあるのみだ。
 「祈り&行動」あるのみだ。
 そこにしか「仏力」「法力」は働かないのだ。
 待っていても何もやって来ない!
 動け!動け!動け!
 そこに最高の喜びあり!

 

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月15日
○今日は釈尊入滅の日。
 そして

 明日は日蓮大聖人御聖誕の日。

 妙法のリズムは凄い。

 

 そもそも大宇宙が存在すること自体が凄い。

 生命があること自体が不思議だ。

 故に、奇跡があっても驚かない。

 

 この不思議は私の永遠の問い掛けでもある。


○現在、新たなサイトの立ち上げ準備中。
 今後の事業の突破口にするつもりである。
 何としても成功させねばならない!
 否、必ず成功させる!
 その先を展望すれば「小が大を食う」可能性もある。
 このわが身の「一(いち)」から一切を展開していくつもりである。
 一切誰も頼らないで!
 また、そうでないと、大生命力が出ないのだ。
 そのサイトは明日2月16日仮運用開始を予定している。
 断じて成功させる!
 必死です!


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月13日
○昨日の聖教代配、遂に自転車を抜く。
 走って配った方が自転車より速いことを証明!
 5分速くなる。
 気持ちがいい!
 爽快です!
 指先も凍えず、大丈夫!
 ともあれ、急ぎ過ぎず、無事故で完了。


○互いの無事故を祈り、
 互いの健康を祈り、
 互いの長寿を祈り、
 互いの幸福を祈り、
 互いの広布前進を祈る。
 これ程の祈りがありましょうか!


○なまじっか中途半端に知っているということは、
 時として非常に怖いことである。
 「知っていると思い込んで省みない」のである。
 どうか一つ一つを更に強く深く求道して戴きたい。


 特に、「南無妙法蓮華経」は重要です。
 簡単なようで難しい!
 もっともっと最高の題目を上げよう!

 

 更に、先生の指導を「知っている」ではなく、
 「実践している」にして参りましょう。
 そこにこそ、人生の醍醐味あり!


 今日は久し振りに、
 総本部の信濃平和に行きたいと思っています。

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月9日
○Fake News(嘘のニュース)が問題になっている。
 折りしも、当サイトで広告を載せるようになって、
 その理由が理解できるようになった。
 とにかく、クリックさえすれば、広告料として受け取れる。
 そういう仕組みがネットでできているからである。
 それがなりふり構わず高じたのが、Fake Newsの登場である。
 人が興味を寄せるような「嘘の話題」をネットで流す、
 そこに表示される広告をクリックさせるために・・・。
 それで広告料をゲットするのだ。


 こうなると、ネットの情報は信用されなくなるでしょう。
 その記事を書いたライターが堂々と名乗れば信用に値するが。
 匿名性の限界か!
 一人称で述べる記事以外はほとんど信用されない。

 
○今後は自分自身の体験がいよいよ重要となる。
 もう第三者的な話は信用してもらえない。
 又聞き的な話の人間は信用されなくなるだろう。
 ましてや三面記事のような輩は・・・。
 その意味では、健全な傾向とも言える。


 さあ、本物が出てくる準備が整ってきたようだ。
 自身の貴重な体験を正々堂々と語れる「本物」が!!!


 さあ、今日も自分自身の「祈り」と「行動」で
 今生人界の思い出をつくろう!!!

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月5日
 今朝、聖教代配をしました。
 実は、先週から歩いて配ることにしたのです。
 自転車では指先が冷えて痛いのです。
 帰宅しても、元に戻るまでに少し時間がかかり、
 湯沸かし器のお湯で温めたら、返って大変でした。


 さて、今朝も歩いて行こうとすると、
 体が勝手に走りだすのです。それも軽快に・・・。

 あれよあれよと走り配り・・・、
 結局、最初から最後まで配りきってしまいました。


 実は、最近、体重が念願の65キロ切りに成功して、
 本当に体が軽いのです。


 それと、腹筋を強力に鍛えています。
 仰向けになって、膝を曲げて、腕で首の後ろを押さえて、
 要するに、テレビなどでスポーツ選手が腹筋をやっているあれです。
 膝を前後に繰り返すだけですが、これが効きます。
 これを今は毎日5000回です。だいたい、20分以内で終わらせます。
 結果として、かなりお腹が絞れて来ました。
 「発声」も最高の状態です。


 という訳で、どうか腹筋を鍛えてください。
 あらゆることにプラスになります。
 排便によし、発声によし、節食によし、
 歩きによし、走りによし・・・。
 そして最高にお題目にいいんです。
 いい声が出るから最高ですよ。


 それと四股(しこ)を踏むのもいいですね。
 立位体前屈で、手が地面に届くようになりました。


 とにかく自分には無限の可能性があるんですから・・・。
 小さなことから始めて、
 わが生命の偉大さを実感して頂きたいと思います。
 南無妙法蓮華経は凄いんですよ!

 

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌


◆2月2日
 昨日、叔母と初の仏法対話をする。
 結果、今後一緒に学んでいくことを約す。
 先生の書籍を一冊進呈する。
 全く、違和感のない対話であった。
 待っていたようであった。

 彼女の長男のことがきっかけである。
 焦らず、着実に、前進していきたい。
 大事な地涌の菩薩だから・・・。

 

 彼女は現在、介護のパートをしている。
 75歳である。
 まだまだ、若い。
 自身も統合失調症の義理の叔母さんを長年介護してきた。
 介護について様々な体験をお持ちのようだ。
 よって、介護について本でも書きませんかと依頼する。
 箇条書き程度なら書けると・・・。
 文章はわたしが考えるから、
 将来、本を出そうということになった。
 当サイトにも、ご登場をお願いするとお伝えし、
 今後の健闘を約し合った。


 さあ、2月1日から幸先が良い!
 いよいよ、怒涛の弘教拡大だ!
 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆2月1日
 伝統の2月。


 ブロックという最高最大の宝処。
 ここに「民衆のありのまま」がある。
 否、ここにしか「ありのままはない」のである。
 ここが全ての原点である。
 ここが幸福の実感である。
 ここが生きる喜びである。
 ここにしか仏法は無いのである。


 ここを軽視する指導者は無用の長物だ!
 愚かな指導者は立ち去りたまえ!


 賢明な指導者よ涌き出でよ!
 最高最大の常楽我浄の大地、
 それがブロックである。


 ここに人間あり!
 その笑いシワが誇らしい!


 これが学会である!
 分け隔ての無い人間共和がここにある。

 そうあればこそ、広布は前進する。

 いつか必ず、「入会待ちの行列」を作って見せる!

 この我が地に!

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月30日
○今日はあの偉大な方の命日です。
 1948年1月30日 マハトマ・ガンジー逝去
 来年で70周年の大きな節目となります。
 ガンジーは今の世をどう見ていることでしょうか?


○万事休す。
 しかし、奇跡が起こる。
 諸天善神は厳然と動きました。
 詳しくは別の機会に・・・。
 将来、「日めくり人間革命」として本が書けそうです。
 その時を楽しみにお待ち下さい。


○艱難を
  一つ一つと
    乗り越えて
   黄金(きん)と輝く
    不敗の生命(いのち)に

 

 第980回日めくり人間革命より


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆1月29日15:55

 ※1月30日追加
 昨日、今日の二日で、二つのサービスを仮運用しました。
 28日 あなたの入会(入信)動機
 29日 あなたの発心


 話したくとも、その機会がなかった・・・。
 なかなか身近な方には話せなかった・・・。
 未入会の方に少しでも参考になれば・・・。

 うちのおばあちゃんの話を載せたい・・・。

 あの同志の方の貴重なお話を紹介したい・・・。
 今だから大いに伝えたい・・・等々。


 ひとりの方の貴重なお話が埋もれているのではないか、
 草創の同志の感動の記録を残して差し上げたい。

 許されるものなら、
 心ある同志の皆さま方と共有して差し上げたい。
 歴史の一頁として残して差し上げたい。

 


 実際、私自身、ここでしかお話できないこともあります。
 あまりにも身近な方にお話しすると、
 つもりがなくとも、傷つけてしまうことがあります。


 そこで、私の思いと致しまして、
 当サイトが窓口となり、
 埋もれた“真金の証”を

 自薦他薦を問いません。
 少しでも広布のお役に立てさせて戴ければ、
 これほどの光栄はございません。

 


 そして、更に、当サイトが目指すところは、
 “人類データベース(人類DB)”(仮称)です。
 広宣流布、世界平和、万人成仏を生ききった方々、
 即ち、六万恒河沙の地涌の菩薩の方々の堂々たる生き様を
 後世の人類に伝え生かしていくことです。
 それが「日めくり人間革命」の使命です。


 孤軍奮闘の現在ではありますが、
 皆様のご協力無くして達成することはできません。
 どうかご理解の程、
 宜しく宜しくお願い申し上げます。

 

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月28日

 ※追加
 ○26日地域の違法広告物の撤去に協力する。
 27日自治会の役員会に参加する。

 

 自治会の役員出動や、
 学会の役員出動(王城会、守る会、受付、整理、警備・・・)などに参加するが、
 参加すればいいというものではない!
 中身である。
 参加して真剣にやったのかどうか?!
 参加しても実質何もしない人がいる。
 結果報告では、
 大変ご苦労様でしたとなる。

 

 自治会などでは、
 参加したことのみが評価され、
 その内容がどうだったのかは問われないのが現実だ。
 自分が参加したら参加した人の氏名を公表し、
 自分が参加しなかったら公表しないで簡単に済ませてしまう。
 こういう「毀誉褒貶」「名聞名利」の実態に接すると、
 時に「うんざり」することがある。

 

 意識の違いが歴然とある。
 このままでは、まずいのです!

 

○しかし、よく考えて見ると、
 これも「生命力の有無」なのかなと思える。
 「生命力」がないから、手抜きをする。
 体がついていけないから、
 それなりに終えてしまう。

 

 本当に「生命力」が問われる事態が起きている。
 これが、高齢化の実態なのであろうか・・・?

 

 「奪命酒」という言葉がある。
 アルコール以外にも、「生命力」を奪うものが多くなってきた。
 その代表が「スマホ」である。
 パソコンやケータイなどのIT機器である。
 操作通りやってもうまく行かない。
 その時の「イライラ」感は想像に難くない。
 物事が完結しないことほど、
 中途半端な状態はない。
 それが数日も続くのである。

 

 今も、Internet Explorerでは表示されるのに、
 Google Chromeでは表示されないという現象が出ています。
 現在、問い合わせ中です。
 治るまで、しばらく、ご容赦願います。

 

 このように、「スマホ」などのIT機器は、
 知らず知らずに、「時」を無駄にしてしまう。
 予期せぬことが必ず発生するので、
 いつも予定時間をオーバーする。
 気が付いたら、何をするつもりだったのか?
 自分でも分からなくなることがある。


○ICT、IoT、AI・・・社会は
 「生命力」の更なる「減退」を助長すると私は見る。
 周りの若者を見ても、そうである。
 挨拶さえ、言葉に出てこないのである。
 「すいません!」の言葉も出てこないで、
 人に当たりながら、急いで電車から降りる若者がいる。

 若者だけではない。
 わたしはこれを「失語社会」と呼ぶ。
 否、「失心社会」の方が妥当だろうか・・・。

 

○現在、私のライフワークとして、
 「人間」と「IT」との節度あるお付き合いは如何なるものか?
 これを世に問いていくことである。
 ITの仕事に従事して35年。
 私だからできることと思っている。
 というより、御本尊が導いたのかもしれない。
 そもそも法学部の学生だった私が、
 コンピュータの道を選択したこと事態が不思議なのである。
 ともかく、遅かれ早かれ、大変な「IT禍」が来ることは間違いない。
 そう予測します。
 否、もうすでに始まっているのです。

 

 特に、「核」+「AI」の組合せが一番恐いのである。

 先生のSGI提言でも触れられていたが、

 「核運用の自動化」の脅威はもうそこまで来ている。

 また、米国の動きも注視せねばなるまい!


 その為にも、新たな「人間世紀」への大転換が急がれるのである。
 我らにはお題目があります!
 我らには究極の大生命力があります。
 益々、24時間唱題の挑戦が求められると確信します。
 どうか「大生命力」で、

 尊き「大使命」を共々に遂行してまいりましょう!

 我が足元から!

 

○[あなたの入会動機]のコーナーを設けました。

 本日より仮運用致しました。

 皆さまの貴重な投稿をお待ちしております。

 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 m(_ _)m

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月25日
 1962(昭和37)年不当逮捕された「大阪事件」判決の日。
 裁判長は「無罪」を宣言した。
 全面勝利であった。
 担当の弁護士は、「無実」と知りながら、
 敗北を覚悟するようにと・・・。
 先生のその時のお気持ちはいかばかりであったろうか・・・!!!

 

 ファシズムに反対したドイツの文豪トーマス・マンは
 「最後に勝利が確定するまで油断は禁物です」と。
 先生曰く、
 「油断は大敵である。
  慢心を許してはいけない。
  特に幹部は心していかねばならない。
  策や要領ではなく、
  真実の仏法に生きるのだ」と。


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月24日

○お詫びとお願い

 当サイトの維持・管理・運営費工面のため、

 先週の20日金曜から広告を入れさせて戴きました。

 誠に見苦しいかとは存じますが、

 ご容赦の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 また、大変あつかましいのですが、

 広告を見ていただきますと非常に有難いのです。

 勿論、内容のそぐわない広告もあろうかとは思いますが、

 その際は、右上の×をクリックして、

 その広告が表示されないようにすることができます。

 ともかくも、多少の煩わしさが発生しますことを

 お許し願いたいと存じます。

 

○生き残らなくてはなりせん。

 否、更に、更に発展させなくてはなりません。

 そして、わが理想のサイトを実現したいと思っております。

 どうか、ご理解の程、宜しく宜しくお願い申しあげます。

 m(_ _)m(サイト・マスタ)

 

 

 南無妙法蓮華経

 勇猛精進

 合掌

◆1月23日
○昨日、聖教代配をする。
 先週から寒さが増したためか、
 指先の感覚がなくなるような冷たさである。
 それも、自転車で30分~40分程度で・・・。
 思いを馳せれば、
 東北・北海道や韓国などのマイナスの大地では
 配達は命懸けではあるまいか・・・!
 あらためて敬意を表したい。
 わが尊き地涌の菩薩の方々に・・・。


○歴史が動き始めた!
 歴史が回転始めた!
 我が歴史が・・・!
 「道」となって輝き始めた!

 今日も前進あるのみ!
 

○成長の止まった幹部の話は
 本当に苦痛である。
 会員は何も言ってくれない。
 そして、また話し続ける・・・。
 今、会員が何を求めてるのか?
 もっと、知るべきである。
 マンネリとは恐いものである。
 可哀想である。
 偉そうに壇上から話して何になる!


 大事なことは、
 高いところから話すのではなく、
 どれだけの方に会い、
 どれだけの方を激励したか、
 この一点に尽きる。
 眼前の同志の奮闘を励まし、
 結果が出るまで、
 どこまでも励まし続けることではないか?!
 「生活」のすべてが戦いだから・・・!


○母とミニ座談会をする。
 以前は座談会に出られないまま、
 それで終わっていたが、
 今は、私と二人で座談会を行う。
 「眼前の一人を大切にする」という
 私のひとつの思いの形である。


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆1月22日
○乞眼のバラモン出現す!
 万人成仏ゆえの出現なりか!
 試されてる!

 一瞬の逡巡もあってはなるまい!
 これが一番嫌な奴だが
 私は騙されない!
 柔和忍辱の鎧を纏うしかあるまい!


 「仏」と「魔」との永遠の闘争なり!
 その覚悟あればなり!
 猛然と祈り、行動あるのみ!
 大生命力で!
 己の憂いを乗り越える戦いだ!
 まだまだ、先があるぞ!


○今週(16日~)は大変な1週間でした。
 大前進、大変化の1週間でした。
 新たな友人も5人増えました。
 怒涛の前進、いざや、いざ!


 今日も怒涛の前進だ!
 極悪を極善にする戦いだ!

 いざや!

 

○本日、王城会総会あり。

 2017年度の新たな任務体制での出発です。

 ここまでの準備が大変。

 任務表の作成しかり、

 新メンバーへの研修しかり・・・。

 本年も、無事故・無遅刻・無欠席で、

 更には、来館者の方々へ最高のおもてなしを決意する!

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月20日
 先生メッセージ大変ありがとうございます。


 強き一念の祈りは
 必ず諸天を動かす!
 自身の最高峰を目指し
 何があっても
 たゆまず前に進め!
 (1月19日わが友に贈る)


 上記、承知致しました。
 百千万億倍の勇気を頂戴致しました。
 ドンドンバリバリ勇猛精進して参ります。

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆1月17日
 わが大道を遂に見つける。
 2009年10月8日、それを見つける旅に出る。
 そして昨日1月16日朝8時、
 7年と3カ月と8日目であった。


 使命の道の可能性を記したシステムノート、
 何をすればいいのか苦闘したノート、
 書き捲くったそのノートは1メートルを優に越える。


 更に、その旅は、
 “日めくり人間革命”という不思議なるものまで生み出し、
 その数、1348回。


 苦難が自分を磨き、
 苦難が我が使命に導いた。
 思いもしなかったこの大道に。
 奇しくも、昨日の日めくりが
 わが使命を決定付けた。


 先生に心より感謝申し上げます。


 大変な使命を頂戴致しました。
 詳しくはいづれの機会に・・・。


 後はこの道を突っ走るだけである。
 心は軽い。
 身も軽い。
 ついでに懐、尚軽い・・・。(笑)


 必ずや、全ての経験が蘇ってくるはずだ!

 あとは、猛然と祈り進むのみだ!!!

 

 

 歓喜の中の大歓喜
 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆1月15日
○“We shall overcome!”

 経済の蘇生に奮闘努力中!
 リアルは地元に!
 ネットは世界に!
 こころは世界市民として!
 自分が出来る可能性と奮闘中!
 簡単にはいかない!
 しかし道は必ずある!


○指導者の“言動”は影響が大きい!
 次期米国大統領しかりだ。
 どこの組織でもしかりだ。
 その一言が、人命をも奪ってしまうからだ。
 その一言が、名も知れぬ人を破局に追いやってしまうからだ。
 孔子の「九思一言」と、大聖人。
 指導者の方々よ!
 末端の民衆にまで心を働かせて戴きたい!
 会社であれ、団体であれ、政治であれ、行政であれ・・・。
 あなたの一言で、吹き飛んでしまう社会的不遇な方々を、
 どうか、物事の中心に据えて戴きたい。
 上ばかり見ているのではなく、足元を見て欲しい。
 そこにのみ、真実があるからだ。
 足元にこそ、幸不幸の現実があるからだ。


○我らは眼前の一人を大切に!
 ここに徹しよう!
 数ではない!
 10人の真の友に誠心誠意尽くす戦いが重要である。
 いつも側に寄り添うことが大切である。
 更に、一家一族への一重深い祈りで、
 一家和楽の信心を更に、更に深めていって欲しい。
 日々革新の創価ファミリーを建設しよう!

 

 “We shall overcome!”

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月12日
 日韓関係は「魔」に紛動されるな!
 「泰然自若」として、
 未来志向にもう少し真剣に取り組んで頂きたい。
 ちまちましたことに紛動されるな!


 やってしまった過去は、取り消せないのだ!
 永遠に!
 一時の権力者同士が決めたからと言って、
 当事者の心はおさまるものではない!
 お金ではない!
 「誠意」なのだ!
 どこまでも・・・。

 

 だからこそ、

 未来志向にどんどん歩みを進めるべきなのです!

 

 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月6日
 先生に呼吸を合わせよう!
 先生に呼吸を合わせよう!


 「信力」「行力」即「仏力」「法力」也!
 全て「己心」からの働きである!
 「他」ではないのだ。


 文明が人間の無限の可能性を益々阻んで行く!
 気をつけねばならない!
 最たるものが「お金」であり、「便利さ」である。
 本当に気をつけよう!


 優先順位は先ず「祈り」からです。
 それを間違えたら、「退転」です。
 「祈り」の次に「行動」です。
 故に、「信力」「行力」即「仏力」「法力」也!

 「お金」でもなければ、「便利さ」でもない!

 


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

 

◆1月2日

 先生、お誕生日大変おめでとうございます。

 いつまでも、いつまでも、お元気でいてください。

 広宣流布は我ら「青年」が致します。

 


 もっと真剣に先生の指導を求める必要あり!
 責任重大なり。
 本日は更に痛感致しました。
 申し訳ございません。先生。


 詳しくはまたの機会に・・・。
 難即安楽。


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

◆1月1日
 「青年拡大の年」
 明けましておめでとうございます。
 日々新たに生まれ変わる決意で勝負の一年を出発しました。

 

 日めくり人間革命の同志の皆さまに置かれましては、
 未だかつてない最高の一年にして参ろうではありませんか!
 共々の大健康・大長寿・大長者を、
 そして威風堂々の陣列に燦然と光り輝く一年であらんことを、
 心よりご祈念申し上げます。


 一個の屹立した世界市民として
 地涌の菩薩として
 そして池田先生の弟子として
 さあ、いざ威風堂々の出陣です!


 南無妙法蓮華経
 勇猛精進
 合掌

一剣の履歴

世界広布新時代

創立90周年へ

「創価勝利の年」

(2019年)

2013.11.18

祝広宣流布大誓堂落慶

更新日

2018.12.10

第1568

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL