月々日々に

「月々日々に―池田先生の折々の励まし」

2024年5月15日

 

学会と共に!

同志と共に!

正義の師弟が共々に!

その心があれば、

偉大なる人間革命の山を登れるのだ。

 

※『広宣流布と世界平和』を基にしています。

2024年5月10日

ルネサンスとは

生命の「間断なき飛翔」!

わが同志よ

宿命の嵐に

断じて負けるな!

勇気の魂で

断固と前進を続けるのだ!

※2002年10月22日付聖教新聞 長編詩「イタリアの燦々たる新世紀」を基にしています。

2024年5月8日

健康で、長生きをして、

価値ある充実の人生を楽しむ。

それが、信仰の目的である。

健康は、

自らの智慧と決心でつくるものだ。

※2013年2月23日付聖教新聞「今日も広布へ」を基にしています。

2024年5月6日

信心即生活です。

信心の根本姿勢が変われば、

仕事も、生活も

変わらないわけがありません。

※小説『新・人間革命』第17巻「民衆城」の章を基にしています。

2024年5月4日

女性が生き生きと

力を発揮するところは、明るい。

清々しい雰囲気がある。伸びる。

女性を大切にしたところが

最後は栄える。

※『池田大作全集』第98巻を基にしています。

2024年4月30日

目標を定め、

はつらつと挑戦し、

苦労をも楽しんでいく。

瞬間、瞬間を有意義に、

生きていける人が、

人生の達人なのです。

※小説『新・人間革命』第4巻「立正安国」の章を基にしています。

2024年4月29日

わが命を

自分らしく光らせることだ。

多彩な友との出会いのなかで、

発見と触発、そして喜びを

重ねていきたい。

※『忘れ得ぬ旅 太陽の心で』第7巻を基にしています。

2024年4月28日

「立宗の心」――

それは“全人類を幸福に”

との御本仏の誓願の一念です。

創価の師弟にこそ、

この仏の誓願の魂が脈打っている。 

※「世界を照らす太陽の仏法」(2022年4月)を基にしています。

2024年4月27日

無事故が幸福の基盤。

油断は大敵である。

事故を絶対に

起こさない、巻き込まれない

と一念を定め、

強盛に祈り抜くのだ。

 

※聖教新聞2019年7月31日付「御書と歩む――池田先生が贈る指針Ⅱ」を基にしています。

2024年4月26日

「あの人に会おう!」「この人と語ろう!」

前向きな青年の心で、毎日を出発したい。

それが本因妙の仏法の生き方である。

※『池田大作全集』第95巻を基にしています。

2024年4月25日

大事業とは、

小さな事柄の検証、確認に

よってなされる、

完璧な小事の集積だ。

妥協を排することから、

大事業は成る。

※小説『新・人間革命』第16巻「羽ばたき」の章を基にしています。

2024年4月24日

「師子王のごとくなる

心をもてる者、

必ず仏になるべし」。

戦えば仏になる。

楽しくなる。

功徳がわき

悩みも喜びに変わる。

新1286・全957

 

※『輝きの人間世紀へ』を基にしています。

2024年4月23日

読書は、

頭脳を磨き、精神を鍛え、

心を耕し、忍耐力を培う。

読んだ分だけ、

自分が得をする。

※2004年5月11日のスピーチを基にしています。

2024年4月22日

人間と人間の

切磋琢磨のなかでこそ、

自分が豊かになる。

同志とともに、

生き抜いてこそ、成長できる。

※『幸福への指針』を基にしています。

2024年4月21日

良き市民、良き社会人、良き隣人に。

その信頼の輪が広く、輝かしく広がって

いくところに「広宣流布」がある。

※『指導選集』(中)を基にしています。

2024年4月20日

仏法者の戦いとは、

どこまでも非暴力による言論戦です。

言論、対話というのは、

相手を人間として

遇することの証明です。

※小説『新・人間革命』第3巻「月氏」の章を基にしています。

]2024年4月19日

感謝の心から歓喜が湧く。

歓喜は

意欲と活力と創造の源となる。

ゆえに、人生の勝利もまた、

感謝から生まれるのである。

※小説『新・人間革命』第27巻「若芽」の章を基にしています。

2024年4月17日

登るべき山は眼前にある。

険しければ険しいほど、

挑戦の心は誇り高い。

さあ、勝利の頂へ、勇気の一歩を!

※『勝利への指針』を基にしています。

2024年4月16日

「一人もかけず仏に成る」。

これが御本仏の

絶対のお約束である。

日蓮仏法は、

あらゆる人々に開かれた

世界宗教である。

新1913・全1580

※『輝きの人間世紀へ』を基にしています。

2024年4月14日

常勝とは、

不撓不屈の異名だ。

「断じて勝つ!最後は勝つ!」

という大確信であり、

大闘争心である。

※『随筆 人間勝利の光道』を基にしています。

2024年4月13日

広宣流布は、

希望の拡大である。

幸福と友情の拡大である。

そのためには、

「誠実」が第一である。 

※2007年2月21日のスピーチを基にしています。

2024年4月12日

一人一人を大事にする。

その「心」が学会の伝統だ。

健気な民衆を励まし抜く。

そこに座談会※1の“魂”がある。

※『指導選集』(下)を基にしています。 

※1 創価家族の幸福を願う一対一の対話があってこそ座談会は輝きを増す!(サイト・マスタ)

2024年4月11日

喜びをもって、

物事に当たる人は強い。

それは、義務感からの行動ではなく、

自らの主体的な

意志の発露であるからだ。

※小説『新・人間革命』第23巻「学光」の章を基にしています。

2024年4月10日

行き詰まったら

原点に返ることだ。

唱題から出発するのだ。

妙法への祈りこそ、

一切を動かす原動力となる。

※小説『新・人間革命』第22巻「潮流」の章を基にしています。

2024年4月9日

朝に勝とう。

人間革命といっても、

抽象的に考えるのではなく、

身近な問題から

挑戦することが大事だ。

※小説『新・人間革命』第18巻「師子吼」の章を基にしています。

2024年4月8日

広布発展の原動力は、

一にも二にも、

互いの顔が見える

小単位の集いである。

心と心を通わせる対話である。

※『勝利の人間学』を基にしています。

2024年4月7日

一人の未来っ子の生命から、

明日の希望の世界が広がる。

入学・進級など新たな出発の春。

前進と成長を皆で応援しよう。 

※2017年3月31日付聖教新聞「御書と歩む――池田先生が贈る指針」を基にしています。

2024年4月6日

日蓮仏法は

「桜梅桃李」と説く。

今ある場所で、

もてる力を出しきり、

懸命に咲き薫ることだ。

だから美しい。

人生もまた同じだ。

※『池田大作全集』第133巻を基にしています。

2024年4月5日

若い皆さんは、

失敗を恐れないでほしい。

一切が勉強であり、

いくらでも取り返せる。

「失敗は成功の母」です。

※『社会で光る――「桜梅桃李」の勝利劇を』を基にしています。

2024年4月4日

励ましとは、

相手の身になって

考え抜き、

苦悩を探り当て、

希望の光を送る作業だ。

※小説『新・人間革命』第29巻「力走」の章を基にしています。

2024年4月3日

何歳になっても、

新しい出会いを求め、

友人をつくっていくことだ。

友が増えれば、

世界が広がる。

未来が広がる。

※『池田大作全集』第97巻を基にしています。

2024年4月2日

恩に報いよう

とする生き方のなかにこそ、

古今東西にわたって、

普遍の人道があり、

人間教育の基調もある。

※小説『新・人間革命』23巻「未来」の章を基にしています。

2024年4月1日

春の到来とともに、

生まれ変わった息吹で

新たな価値を創造し、

人材の花が咲き誇る

黄金時代を実現しゆこう! 

※『随筆 人間勝利の光道』を基にしています。

2024年3月31日

自分が、どんなに

たくさんの人やものに

支えられて生きているか

――ありがたいと思う、

その感激が、

さらに幸せを呼ぶ。

※『人間革命の実践』を基にしています。

2024年3月30日

「南無妙法蓮華経と唱うる

より外の遊楽なきなり」。

一切を喜びと満足に転じゆく

大境涯の確立にこそ、

真実の幸福はある。

新1554・全1143

※『輝きの人間世紀へ』を基にしています。

2024年3月29日

若人の

勇気の対話、探究の対話、友情の対話

が快活に交わされるところ、

必ず、

新しき未来が輝き始める。

※『随筆 人間勝利の光道』を基にしています。

2024年3月28日

昨日より今日、

今日より明日へ、

一歩でも前へ進み、

新しい自分をつくる。

ここに

人生の喜びがあります。

※2013年1月6日付聖教新聞に掲載のメッセージを基にしています。

2024年3月27日

真剣に御書を拝していこう。

自分自身の“信心”を

深めるために。

正しき“仏法の眼”を

養うために。

※『希望の明日へ』を基にしています。

2024年3月26日

仏は、どこか遠い

彼方の国にいるのではない。

悩み、苦しみ、喜び、生きる、

人間の生命のなかに

存在するのである。

※小説『新・人間革命』第1巻「錦秋」の章を基にしています。

2024年3月25日

かけがえのない

一人一人の夢が、個性が、

絢爛と花開く

世紀をつくってもらいたい。

そのためには

諸君自身が勝利することだ。 

※『青春対話』を基にしています。

2024年3月24日

新しき時代の

扉を開けるのは、

燃えさかる

青春の情熱である。

理想に生きる

青年の行動である。

※『希望の明日へ』を基にしています。

2024年3月23日

どこまでも信じ抜く。

何があっても

絶対に信頼する。

それが子どもにとって、

どれだけの励みとなり

力となるか計り知れない。

※『随筆 幸福の大道』を基にしています。

2024年3月22日

広布のため行動すれば

自分が鍛えられる。

永遠の福運を積める。

いかなる苦境も

絶対的幸福の軌道へ

宿命転換していける。

※『普及版 池田大作全集 スピーチ』〈2001年(1)〉を基にしています。

2024年3月21日

「自分が太陽になる」ことです。

そうすれば、闇は消える。

自分です。

何があっても、

悠然と生きるのです。

※『青春対話』を基にしています。

2024年3月20日

平和といっても、

身近なことから始まる。

人びとの幸福を願い、

行動する強い心を培い、

自らの人間性を

高めていくことだ。

※小説『新・人間革命』第14巻「大河」の章を基にしています。 

2024年3月19日 

題目を送る側の信心

が大事だ。

追善回向の本義とは、

真剣な仏道修行で得た

功徳※1を

「回らし向ける」ことなのだ。

※『随筆 平和への大道』を基にしています。 

※1『「功徳」とは、「六根清浄」の果報なり。詮ずるところ、今、日蓮等の類い、南無妙法蓮華経と唱え奉るは、「六根清浄」なり。』(新1062・全762) (サイト・マスタ)

2024年3月18日

休刊日

2024年3月17日

「大悪をこれば大善きたる」。

苦難を飛躍台として

断じて進み抜こうという、

不屈の一念によって、

「大善」は開かれる。

全1300・新2145

※小説『新・人間革命』第14巻「烈風」の章を基にしています。

2024年3月16日

前進なくして

勝利も幸福もない。

青年よ進め。

広布後継の

「魂の炎のバトン」を握り、

快活に進め!

※『随筆 輝く民衆の大城』を基にしています。

2024年3月15日

青年とは、

決して年齢ではない。

心の持ち方、生き方

で決まる。

若き日の誓いを忘れぬ人は

青年である。

※『池田大作全集』第92巻を基にしています。

2024年3月14日

夢と現実を結ぶ橋は

「努力」です。

努力する人は

希望がわいてくる。

希望とは、

努力から生まれるのです。

※『青春対話1』(普及版)を基にしています。

2024年3月13日

鍵になるのは、

大きな会合ではない。

座談会である。

小さな集いである。

お互いの顔が見える、

心通う語らいである。

※『普及版 池田大作全集 スピーチ』〈2001年(1)〉を基にしています。

2024年3月12日

この世に生まれて、

いったい、何人の人を

幸福にしたか。

人生、最後に残るのは、

生命を飾るのは、

それではないだろうか。

※『指導選集』(上)を基にしています。

2024年3月11日

妙法に縁し、

広宣流布の世界に連なった

心の財だけは断じて壊されない。

生命に積まれた

心の財は永遠に不滅なのだ。

※『わが「共戦の友」 各部の皆さんに贈る』を基にしています

2024年3月10日

妙法は

「変毒為薬」の大法である。

あらゆる苦難を

「薬」に変えて、

大きな境涯を

開いていけるのである。 

※『指導選集』(中)を基にしています。

2024年3月9日

広宣流布のために戦う同志こそ、

仏の使いである。

尊き地涌の菩薩である。

最も偉大なる、民衆の王者である。

※小説『新・人間革命』第13巻「北斗」の章を基にしています。

2024年3月8日

平和のために

文化運動を断行するのだ。

人びとに一流の芸術を!

文化の力で平和の人間世紀を!

※『随筆 人間勝利の光道』を基にしています。

2024年3月7日

胸中に師匠をいだき、

いつも師と共に生きる人は、

人生の軌道、

幸福の軌道を

踏み外すことはない。

※『新・人間革命』第26巻「奮迅」の章を基にしています。

2024年3月6日

世界は、

未来に向かって

限りなく価値を

創造するための哲学

を希求しています。

いよいよ、

創価の青年の時代です。

※「世界を照らす太陽の仏法」(2022年7月)を基にしています。

2024年3月5日

一人の黄金柱は

万軍に勝る。

わが壮年部よ、

創価の世雄と勝ち光れ!

「仏法勝負」の凱歌を

断じて頼む。

※2023年3月1日付聖教新聞 「御書と未来へ」を基にしています。 

2024年3月4日

自ら前進するから、

人びとに前進の力を

送ることができるのだ。

常に新しく!

常に挑戦の心で!

常に勇気凜々と!

※『随筆 民衆凱歌の大行進』を基にしています。

2024年3月3日

女性が輝けば、

地域も、社会も、未来も

輝きに包まれゆく。

女性が最も輝ける

社会を目指すことこそ

平和の大道だ。

※聖教新聞2013年2月13日付「随筆 我らの勝利の大道」を基にしています。

2024年3月2日

未来への

最大の布石とは、

未来を担う人の胸中に、

全生命を注いで

使命の種子を

植えることである。

※小説『新・人間革命』第19巻「虹の舞」の章を基にしています。

2024年3月1日

幸・不幸は、

いかなる哲学を根幹にするか

によって決定づけられてしまう。

御書を依処にしていくなかに

福運の軌道がある。

※小説『新・人間革命』第17巻「本陣」の章を基にしています。

2024年2月29日

勝利の栄冠は、

時を逃さず、先んじて

行動する人の頭上にこそ輝く。

明日の勝利の因は、

今の決意と行動にこそある。

※小説『新・人間革命』第16巻「羽ばたき」の章を基にしています。

2024年2月28日

「御みやづかいを

法華経とおぼしめせ」だ。

職場の第一人者となり、

信頼を勝ち得て、

信心に励む中に、

自身の成長がある!

新1719・全1295

※小説『新・人間革命』第22巻「潮流」の章を基にしています。

2024年2月27日

生老病死の

一つ一つの悩みは、

一生成仏の峰へ

勝ち登るための試練である。

断じて越えられない

わけがないのだ。

※「大白蓮華」2023年6月号の巻頭言を基にしています。

2024年2月26日

感謝の心は美しい。

自らに縁した人を

大事にしていこうという

心の余裕が、

人生を豊かにする。

※2019年12月15日付聖教新聞 「四季の励まし」を基にしています。

2024年2月25日

自分のいる場所で、

勇気の対話の一歩を

踏み出すことだ。

腹を決めれば、

会う人、縁する人に

向き合う一念が変わる。

※聖教新聞2019年2月4日付「随筆『人間革命』光あれ」を基にしています。

2024年2月24日

青年を育てることは、

未来を創ることだ。

青年に人間主義の哲学

の潮流が広がれば、

必ず社会の宿命も大きく転換する。

※『勝利の経典「御書」に学ぶ』第11巻を基にしています。 

2024年2月23日

君よ、快活たる「対話の達人」たれ!

「力あらば一文一句なりとも

かたらせ給うべし」。

対話の炎を燃やし進もう!

新1793・全1361

※『指導選集』(中)を基にしています。

2024年2月22日

世界宗教の役割は、

平和の実現にある。

社会のために何をするか

──その善の競争こそ、

宗教の進むべき道である。

※小説『新・人間革命』第21巻「SGI」の章を基にしています。

2024年2月21日

励ましとは、

安心と希望と勇気

を与えることである。

何ものにも負けない力を引き出す、

精神の触発作業である。

※小説『新・人間革命』第21巻「共鳴音」の章を基にしています。

2024年2月20日

友のために尽くす行動は、全てが自身の

財産に変わる。「きょうも友のもとへ!」。

その行動に偉大なる生命の充実がある。

※『池田大作全集』第82巻を基にしています。

2024年2月19日

「地区広布」即「世界広布」

――身近な人と人との絆、

近隣地域を大切にする

行動を広げることが、

必ず世界をも変える。

※『随筆 民衆凱歌の大行進』を基にしています。

2024年2月18日

広宣流布とは、

「横」には、

友から友への友情の広がり。

「縦」には、

親から子へ子から孫への

信心の継承である。 

※1998年1月6日付聖教新聞

 「随筆『新・人間革命』信心の継承」を基にしています。

2024年2月17日

各人の幸福のための信仰であり、

座談会も

その一人の信心を触発するためにある。

参加した全員が主役なのだ。

※聖教新聞2009年12月11日付 「随筆 人間世紀の光」を基にしています。

2024年2月16日

日蓮仏法の魂は、

「さきがけ」の勇気だ。

まず自分が、決然と立ち上がることだ。

思い切って行動を起こすことである。

新1227・全910

※『人間革命の宗教』を基にしています。

2024年2月15日

御書の仰せを

心から確信すれば、

使命感が込み上げ、

自身の無上の

歴史をつづる原動力となる。

※『希望の明日へ』を基にしています。

2024年2月14日

戦い抜いた人の胸には感動がある。

試練の山を越え、自身に打ち勝った、

人生と人間革命の大ドラマがあるからだ。

※小説『新・人間革命』第7巻「文化の華」の章を基にしています。

2024年2月12日

青年を大切にし、

育んでいこうという

心が脈打ち、流れている組織には

行き詰まりはない。

永遠の発展がある。

※小説『新・人間革命』第21巻「SGI」の章を基にしています。

2024年2月11日

地涌の力に目覚めれば、

力は無限に湧きいずる。

その「地涌の使命」に立ち、

大きく力を発揮する時が

今なのです。

※『御書の世界』第3巻を基にしています。

2024年2月10日

御書には

「一は万が母」とある。

すべては、

一人との出会いから始まる。

一人を大切にすることが、

万人への広がりに通じる。

新578・全498

※2007年11月24日のスピーチを基にしています。

2024年2月9日

歓喜は心の中からわいてくる。

「人を救おう」「折伏しよう」

という信念の発露の中に、

本当の歓喜が生まれる。

※『普及版 池田大作全集  スピーチ』〈2001年(1)〉を基にしています。

2024年2月8日

渾身の力を振り絞らずして、

人の育成はできない。

生命から発する真心と情熱の

ほとばしりのみが、

人間を触発し、育む。

※小説『新・人間革命』第1巻「旭日」の章を基にしています。

2024年2月7日

笑顔の人は強い。

大変な時こそ、

笑顔で周囲の人を

元気づけながら進むことだ。

自分で希望をつくっていけばよい。

※『指導選集』(上)を基にしています。

2024年2月6日

明確な目標を持つことだ。

「人々のため」という

大きな心を持つほど、

挑戦の心は高まっていく。

※『21世紀の教育と人間を語る』を基にしています。

2024年2月5日

人間の真価は、

学歴や立場、肩書によって

決まるのではない。

信義を守るかどうか、

誠実であるかどうかです。

※小説『新・人間革命』第5巻「歓喜」の章を基にしています。

2024年2月4日

民衆と民衆の

心の結合こそ、

平和の堅固な基盤となる。

人間の絆が平和の絆を

つくっていくのだ。

※小説『新・人間革命』第21巻「人間外交」の章を基にしています。

2024年2月3日

自分の境涯が変われば、

周囲も変わる。

それが依正不二の原理です。

幸せの大宮殿は、

あなた自身の胸中にある。

※小説『新・人間革命』第1巻「旭日」の章を基にしています。

2024年2月2日

さあ「伝統の二月」――。

大いに祈り、

動き、語ろう!

いやまして

団結第一で、

新たな栄光の歴史を創ろう!

※『随筆 民衆凱歌の大行進』を基にしてい

2024年2月1日

人生には、

壁を破り、

立ち上がるべき時がある。

今が、その時なのだ。

決然と立ち上がれ!

自分が今いる、

その場所から!

※2021年10月17日付聖教新聞「四季の励まし」を基にしています。

 

2024年1月31日

人生の勝敗は

途中で決まりません。

人生の栄光は、

粘り抜いた逆転劇によって

勝ち取るものです。

※『わが愛する青年に贈る』を基にしています。

2024年1月30日

「仏法の根本は

信をもって源とす」。

信心があれば、

不撓不屈の信念がこみ上げる。

幸福勝利が開ける。

(新2088・全1244)

※『信仰の基本「信行学」』を基にしています。

2024年1月29日

力を出す根本は

題目である。

「獅子の吼うるがごとく」、

朗々たる勤行・唱題で、

一日一日を勝ち進もう。

(新1064・全764)

※各部合同協議会(2008年6月24日)の指導を基にしています。 

2024年1月28日

互いに切磋琢磨していくことです。

皆で力を合わせれば、

大きな力になる。

団結の力は掛け算なんです。

※小説『新・人間革命』第3巻「仏法西還」の章を基にしています。

2024年1月27日

青年が力をつけ、

陸続と育っていれば、

何があっても心配はない。

前途に輝くのは、

勝利の栄光の太陽である。

※小説『新・人間革命』第8巻「激流」の章を基にしています。 

2024年1月26日

「平和」とは、

絶望を希望に変える、

間断なき闘争です。

自他共の生命を

最大に尊重する、

人間の讃歌です。

※『未来対話』を基にしています。

2024年1月25日

 挨拶が大事だ。

明るい、ハキハキとした

 声が響くだけで、

新鮮な風が広がる。

 張りのある声一つで

空気がパッと変わる。

 ※『四季の励ましⅢ』を基にしています。

2024年1月24日

 「鏡に向って礼拝を成す時

浮べる影又我を礼拝するなり」。

これが弘教の根本精神。

 相手を最も尊敬し

礼拝しての行為である。

 (全769・新1071)

 ※『輝きの人間世紀へ』を基にしています。

2024年1月23日

日蓮仏法は

徹頭徹尾「人間のための宗教」です。

一番重視すべきは、どこまでも

 眼前の一人を救い、幸福にする実践です。

 

 ※『信仰の基本「信行学」』を基にしています

2024年1月22日

 心軽やかに、

信心の喜びと確信を語ることだ。

そこに自身の人間革命の修行も、

 広宣流布の拡大も、全部、含まれている。

 ※2014年2月18日付聖教新聞「随筆 

民衆凱歌の大行進」を基にしています。

2024年1月21日

 友情を広げるために大切なことは、

 平等の対話だ。

対話で大切なことは、

 まず謙虚に相手に学ぶことだ。

 ※『希望の明日へ』を基にしています。

2024年1月20日

偉大な人は、

あえて足を踏み出す人です。

すべては「これから」です。

前進のなかに

勝利があり、

栄光があり、

幸福があります。

 ※小説『新・人間革命』第24巻「母の詩」の章を基にしています。

2024年1月19日

 順風満帆な人生などありません。

しかし、

 どんなに深い絶望の闇のなかでも、

心に希望の火を

ともしていけるのが信心です。

 ※小説『新・人間革命』第25巻「福光」の章を基にしています。

2024年1月18日

学会はつねに、

無名にして

健気なる「民衆」を、

励ましぬいてきたのです。

そこに座談会の“魂”がある。

 ※『法華経の智慧』普及版(上)を基にしています。

2024年1月17日

 「使命があるんだ」

ということを忘れない人は、

強い。

悩みがあっても、負けない。

 全て希望へのエネルギーに変えていける。

 ※『青春対話1』(普及版)を基にしています。

2024年1月16日

皆さんは

「勝つため」に生まれてきた。

唱題は、

どんなに苦しいことがあっても、

今日という日を勝ち切る原動力です。

※『未来の翼――世界が君を待っている』を基にしています。

2024年1月15日

 御本尊に祈ることができ、

励ましあえる同志がいる。

学会とともに歩む人生自体

 最高の「難即安楽」の人生なのです。

 ※『創価学会永遠の五指針』を基にしています。

2024年1月14日

 忍辱の心とは、

心が負けないことだ。

 心が恐れぬことだ。

心が揺るがぬことだ。

 忍辱の心にこそ、

仏の生命が脈動する。

 ※『随筆 我らの勝利の大道』を基にしています。

2024年1月13日

 一日に一人でもよい。

友の胸の中に

 「希望の種」を蒔いていけば、

やがて

 麗しい花を咲かせ、

豊かな実りとなる。

 ※『忘れ得ぬ旅 太陽の心で』第6巻を基にしています

2024年1月12日

 感謝がある人は幸福である。

 わが人生を輝かせゆく源泉は、

 報恩感謝の一念にこそあるのだ。

 ※小説『新・人間革命』第13巻「北斗」の章を基にしています。

2024年1月11日

 広布のための「仏の振る舞い」は、

 ことごとく功徳に変わる。

一歩ごとに福徳がわく。

一声ごとに福運が広がる。

 新1138・全819

 ※『池田大作全集第74巻』を基にしています。

2024年1月10日

 温かな励ましという

「万の力」の声を強め広げたい。

そこに人間の善性が結ばれ、

 社会の蘇生があるからだ。

  ※「池田先生と共に 新たな広布の勝利山へ」を基にしています。

2024年1月9日

 我らには、

「難を乗り越える信心」がある。

 崩れざる「心の財」がある。

 そして久遠からの

「異体同心」の友がいる。 

 ※「随筆『人間革命』光あれ」を基にしています。

2024年1月8日

「天才」とは「努力」の異名である。

君よ! 努力で勝て! 忍耐で勝て!

最後に大樹とそびえ立て!

※2008年1月15日付聖教新聞 長編詩「若き青春の友に贈る 君よ!

 尊き人生を勝ち抜け!」を基にしています。

2024年1月7日

 創価学会は勇気また勇気で前進しよう!

 勇気は決意を、行動を、歓喜を生む。

 愛する世界の青年たちよ、勇気あれ!

 ※『わが愛する青年に贈る』を基にしています。

2024年1月6日

 自分で動くことだ。自分自身が戦って、

 広宣流布の結果を示していくのである。

 全てはリーダーの一念と行動から始まる。

 ※『普及版 池田大作全集 スピーチ』〈2005年(3)〉を基にしています。

2024年1月5日

 人のため、社会のため、平和のために

 行動していく。その挑戦によって、わが

 生命の宮殿は開かれ、強く幸福に輝く。

 ※『忘れ得ぬ旅 太陽の心で』第7巻を基にしています。

2024年1月4日

 我らには、一切を変毒為薬の力に転じゆく

 「誓願の信心」があります。希望の声を、

 力強く響かせて、励まし合っていきたい。

 ※2016年5月14日付聖教新聞「SGI会長と共に 新時代を創る」を基にしています。

2024年1月1日

 確固たる誓願を立てた人は強い。

 大いなる確信と喜びを与えてくれる

 揺るぎない力こそ、誓願なのである。

 ※『随筆 輝く民衆の大城』を基にしています。

2023年12月29日

 人と会う。友と語る。

それが広布の地盤となる。

師走から新年、旧交をあたため、

 心広々と仏縁を結んでまいりたい。

※「池田先生と共に 新時代を進む」を基にしています。 

2023年12月28日

 慌ただしい年末年始。油断は大敵である。

 魔を打ち破る強盛な祈りを忘れまい。

 聡明に健康・無事故の一日一日を!

 ※2016年12月22日付聖教新聞「御書と歩む」を基にしています。

 

2023年12月27日

 民衆の力で「歴史のコース」を変え、

 核兵器のない世界、戦争のない世界への

 道を切り開くことを強く呼びかけたい。

 ※G7広島サミットへの提言「危機を打開する“希望への処方箋”を」を基にしています。

2023年12月26日

 「ありがとう」の一言には、

不思議な力があります。

人生を豊かにし、

心の絆を

 限りなく広げます。

 ※『未来の翼』を基にしています。

2023年12月25日

 規則正しい生活と睡眠は、健康の基本だ。

 偉大な目的に向かって、生き生きと、

 聡明に、価値創造の日々を!

 ※『池田大作全集』第96巻を基にしています。

2023年12月24日

 「一生空しく過ごして万歳悔ゆることなか

 れ」。君も立ち上がる時だ。君でなければ

 できない戦いを開始していくことだ。

 新1324・全970

 ※小説『新・人間革命』第4巻「大光」の章を基にしています。

2023年12月23日

 友情とは、

感謝の心をもち、

 その気持ちを相手に伝え、

報いようと

 していくなかで深まっていくものだ。

 ※小説『新・人間革命』第21巻「宝冠」の章を基にしています。 

2023年12月22日

 本当に決意しているならば、

そこには、

 既に行動がある。

既に努力があります。

 成功とは、

努力の積み重ねの異名です。

 ※小説『新・人間革命』第5巻「開道」の章を基にしています。

2023年12月21日

 人と比べてどうかではありません。

 きのうの自分と比べてどうか。

 一歩でも進んでいれば勝利です。

 ※『青春対話1』(普及版)を基にしています。

2023年12月20日 

仏の別名は「能忍」。

「よく耐える人」が

幸福の人なのである。

いかなる困難も、

信心さえあれば、

変毒為薬していける。

 ※『普及版 池田大作全集スピーチ』〈2001年(1)〉を基にしています。

2023年12月19日

 目の前の一人を幸福にできるかどうか。

 一人に関わることに、宗教の存在意義の

 全てがあるのです。

 ※『人間革命の宗教』を基にしています。

2023年12月18日

 すがすがしい朝の勤行が大切だ。

 さわやかな朝の出発は、一日の充実と、

 前進の日々をもたらす。

 ※『池田大作全集』第70巻を基にしています。

2023年12月17日

前進する人には

「希望」がわく。「勇気」がみなぎる。

「張り」がある。「充実感」がある。

 「結果」も出る。だから楽しい。

 ※『池田大作全集』第79巻を基にしています。

2023年12月16日

 後輩を育てるために必要なのは、

 相手の成長を祈り、実践のなかで信心を

 教えていく情熱と忍耐と誠実である。

 小説『新・人間革命』第25巻「薫風」の章を基にしています。

2023年12月15日

 大事なことは、「まことの時」に、

 師の言葉を忘れず、ひとたび決めた

 師弟の道を、断固と進み抜く信心です。

 ※『創価学会永遠の五指針』を基にしています。

2023年12月14日

 信頼できる人、頼れる人、何でも相談

 できる人――そういう人をもち、自分も

 そういう人になる。その人は幸福である。

※『希望の明日へ』を基にしています。

2023年12月13日

 自分が変われば、周囲が変わる。環境が

 変わり、世界が変わる――この大転換の

 起点こそ、「一人の人間革命」なのです。

 ※『人間革命の宗教』を基にしています。

2023年12月12日

 仏法こそ勇気の源泉。

勇気があれば

 いかなる不幸も苦痛も、

自身の建設の糧とし、

わが使命達成の力としていける。

 

(以下は同上スピーチ内での追加のメッセージです) 

折伏を通して、

まず自分自身が大きく成長できる。

人間革命できる。

宿命転換できる。

ここに仏法の偉大さがある。

自分も他人も救っていける――

この折伏行こそ「人類の希望の方程式」なのである。

 ※『普及版池田大作全集スピーチ』〈2002年(1)〉を基にしています

(2002.1.8 スピーチ 池田大作全集第93巻 

第十三回本部幹部会、第二回中部総会、第二回北陸総会・・・)

 

2023年12月11日

 休刊日

 

2023年12月10日

 青年が動き、叫べば、新時代の突破口が

 切り開かれる。青年こそが、広布の

 勝利の決定打を放っていくのです。

 ※『わが愛する青年に贈る』を基にしています。

2023年12月9日

心から出た言葉は心に届く。

たった一言でも、生きる力になる。

友に温かな声を掛け、励まし社会を。

 ※2015年2月23日付聖教新聞「名誉会長と共に新時代を駆ける」を基にしています。

2023年12月8日

 「鉄は炎い打てば剣となる」。断じて

 強くあれ! 今を勝て! 今日を勝て!

 そこに、人生の常勝の方程式がある。

 新1288・全958

 ※『池田大作全集』第134巻を基にしています。 

2023年12月7日

唱題の力は、

病を克服する強き生命力をもたらし、

生命の宿業をも転換していく。

崩れざる幸福境涯へ、

福運を開いていく。

 ※『指導選集』(上)を基にしています。

2023年12月6日

 若さは力である。

国にせよ、団体にせよ、

 つねに新しき人材を見つけてこそ、

 滔々たる勝利の大河はできあがる。

  ※『池田大作全集』第124巻を基にしています。

2023年12月5日

 真剣勝負の出会いは、人の心を変える。

 さらに地域を変え、社会を変え、

 世界をも大きく変えていくのだ。

  ※2012年8月30日付聖教新聞「随筆 我らの勝利の大道」を基にしています。

2023年12月4日 

 どんな子どもにも「使命」がある。

 「才能の芽」がある。その芽を伸ばす

 最高の養分は「信じてあげること」だ。

 ※『「教育の世紀」へ』を基にしています。

2023年12月3日

 弟子が戦うことが師匠への恩返しである。

 これが仏法である。人間の道である。

 広布拡大の闘争が最大最上の報恩となる。

 ※『普及版 池田大作全集スピーチ』〈2002年(1)〉を基にしています。

2023年12月2日

 「いよいよ」の心に日蓮大聖人の本因妙の

 仏法の魂がある。この心意気で、「無上の

 幸福」の大道を進んでいただきたい。

 ※『輝きの人間世紀へ』を基にしています。

2023年12月1日

 信心は聡明な賢者をつくるためにある。

どうか、油断や惰性を排して、

 徹して賢く、絶対無事故の勝利の前進を。

 ※『池田大作全集』第97巻を基にしています。

2023年11月30日

 一切の勝利の源泉は御書にある。

一日に一節だけでもいい。

日々の広布の戦いのなかで、

御書を拝していくことだ。

 ※2007年8月26日のスピーチを基にしています。

2023年11月29日

 「負けない」ことだ。「自分が強くなる」

 ことだ。じっと我慢し、こらえて、

 「今に見ろ」と自分を励まして進むのです。

  ※『青春対話1』(普及版)を基にしています。

2023年11月28日

 大草原を駆け抜ける白馬のような

軽快で清々しい題目で、満々たる

生命力を湧き立たせていこう。

 ※『信仰の基本「信行学」』を基にしています。

2023年11月27日

  広宣流布は万年にわたる大事業である。

世代から世代へ、強き信心の“心”を、

永遠の「学会精神」を伝えていくのだ。

 ※『指導選集』(下)を基にしています。  

2023年11月26日

  永遠の幸福を築くのは誰か。それは、

 生涯を、広布とともに、学会とともに

 生き、真剣勝負で戦い抜いた人です。 

 ※『指導選集』(上)を基にしています。  

2023年11月25日

弟子の勝利は、師匠の勝利である。

「師弟」の栄光は、「永遠」の栄光である。

仏法の根幹は、「師弟」である。

 ※『指導選集』(下)を基にしています。 

世界広布新時代

創立100周年へ

2030年 

 

世界青年学会

開幕の年

(2024年)

2013.11.18

広宣流布大誓堂落慶

更新日

2024.6.16

第2303回

 

日天月天ワンショット

日めくり人間革命URL